November 2006

November 30, 2006

で?どこみやげ?

さて、3等にザッハトルテ&副賞の『いやげもの』を入れようと思ったが、肝心のブツがない。

こんな時に思い浮かぶのは、昔友人からおみやげにもらった『網走刑務所』と書いてある表札。

「ああ、あれが今あったらな・・」遠い日の甘酸っぱい記憶が甦り、切なく宙を見つめる私。

そこではたと思い出した、こんな物があったことを。

それはこれ

続きを読む

beret_hanamon at 16:42|PermalinkComments(22)TrackBack(0)

November 27, 2006

いやげものの正体

「いやげものクイズの景品は何だったのか?」という皆様の疑問にお答えして、今回の景品を公開いたします。

それはこちら!!

T-shirt












あらまあ、なんてステキなお召し物。
こんなのが欲しかったのよねぇ・・・

続きを読む

beret_hanamon at 17:18|PermalinkComments(24)TrackBack(0)

November 25, 2006

当選者

沢山のご応募ありがとうございました。
クイズの正解および当選者の発表です。
まずは、正解から。

Q1 トトがごはん前に必ずすることがあります。
   それは何でしょう?

A: 興奮してルルドにちょっかいを出す。
B: 椅子の上に乗り、食事の支度を見守る。
C: キッチンに立つ私の脚に鼻をはさむ。

これらは全てトトが日常的に行っていることなのですが、食事前にするのはこれなんです。
正解は、こちらをご覧ください→「ボクの習慣」

Q2 ルルドが幼い頃から一番好きなおもちゃは、なんという名前でしょう。

 

A: ぶるちゃん

B: べるちゃん

C: ぼろちゃん

 

正解はAのぶるちゃん。

このおもちゃの商品名は「ブル足」といいます。
よって、ぶるちゃんです。
友人のショップ「DINGO」で購入可能。

bull
←真剣

このぶるちゃんは、たしか3代目。
音が鳴らなくなると、自分が代わりにみぃみぃ鳴いて音真似します。







Q3 昔、育てていたサボテン(3つ)に名前をつけていました。

さて、その名前はなんでしょう。

 

A: トン吉・チン平・カン太
B: レッツゴー三匹

C: サボテン・ブラザーズ

正解は、Bのレッツゴー三匹(正確にはレツゴー三匹)。
そのサボテン達は、丸型、細長とその中間サイズで、レツゴー三匹の体型にそっくりでした。
で、一番丸いのを「じゅんちゃん」、細長いのを「ちょーさく」、中くらいのは、「南春夫」と名づけていました。ほら、最後に「ミナミハルオでございます〜」って言うでしょ。

と、いうわけで、正解はB、A、Bでした。

驚いたことに、全問正解者がいます!
まさか全問正解するとは、出題者もびっくりです。
そう!みふゆさん一等賞はあなたですよーーー。
おめでとうございます!
みふゆさんは、ワンの手編みセーターや帽子を製作・販売しています。
シンプルなものから超ラブリーなものまで、幅広いリクエストに応じてくれるうえ、値段はリーズナブル!

二等賞は、2問正解のチョビさんです!
2問正解した方もひとりだけでした。
おめでとうございます!
チョビさんは、デザイナーさんだけあって、お洋服からキャリーバッグまで自分でデザインし、手作りしてしまうすごい方です。
ワン用お洋服のリフォームを是非教えていただきたい。

三等賞は、一問正解が8名もいらっしゃったため、厳選なるくじびきで決めました。
その幸運な方は、椿もどきさんMONさんです!
おめでとうございます!
椿もどきさんは、私の和の先生(勝手にそう思ってるだけですが)。
茶道やお着物、お料理の話は大変興味深く、憧れるばかりです。
Monさんは、美しいポストカードのような写真と詩で、私の荒んだ(?)心を癒してくれます。
大自然の美しさと巨大ワンコ(笑)に惚れ惚れ。

当選者の方々には、後ほどメールをお送りいたしますので、どうぞよろぴく。

今回はずれてしまった方には、残念賞が・・・
ありません。
気が向いたらまたやりますので、これに懲りずにまた是非挑戦してみてください。
ありがとうございました。

アディオス・アミーゴ



beret_hanamon at 15:15|PermalinkComments(24)TrackBack(0)

November 24, 2006

参加者

『モーツアルト生誕250周年記念・特別いやげものクイズ』にご参加いただき、誠にありがとうございます!

クイズの内容はモーツアルトに一切関係ないうえ、勘だけでしか答えられないもので申し訳ありません。ま、サイキックパワー試しってことで。

さて、今回の勇気あるチャレンジャーのみなさんは下記の通りです。
もし、「メール送ったのにこのリストにない」という方がいらっしゃいましら、申し訳ありませんが今晩中にコメントを残してください。

JAZZさん
チョビさん
みふゆさん
このっちさん
SINGHさん
コロピさん
椿もどきさん
ジャスママさん
MONさん
はるかさん
TIAREさん
VOVOMAMAさん
そして、杏一家(コメントだけでメールなし・・恐縮ですが至急再送くださーい)

結果は早ければ今晩、遅くても明日には発表いたします。
あなたにも『いやげもの』が当たるチャーンス!
それは『○の置物』いや、『ペナ○ト』かもしれません。
それとも、『ミニ・トー○ンポール』?
数名に当たりますので、楽しみにびくびくしていてください。

木彫りの
 うふっ



beret_hanamon at 14:30|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

November 21, 2006

クラシックなウィーン

モーツアルト像をぱちり。

今年のウィーンは、モーツァルト生誕250周年で、なにやら盛り上がっているらしい。

Mozart← モーツァルトくん、おめでとう


Vienna






 



生誕250周年を私なりに祝うべく、『カフェ・モーツアルト』で早い夕食をとることに。
メニューは、ビーフコンソメスープとシーザーサラダ。
ここのシーザーサラダは、ローストチキンがたっぷり入ってとても美味しい。

そういえば、昨年もここで食べていた・・な。


Cafe Mozartカフェ・モーツアルト

Dinner










 

食事の後はやっぱりデザートでしょ。

みなさんご存知のようにウィーンはお菓子の美味しい街だ。
某大学教授いわく、「オーストリア食からケーキを無くしたら何が残るんだ!」と・・。

老舗お菓子店が並ぶ中、今回選んだのは「Gerstner」。なんでも王室ご用達(?)らしい。

本当はお気に入りの「Oberlaa」が良かったのだが、店内が混み合っていたのとケーキの種類が少なくなっていたのでやめた。

 
Gerstner 2Gerstner 1 

 

 

←このケーキ、さっぱりしていて、大変おいしゅうございました。








お腹も満足しご機嫌で歩いていると、なにやら人だかりが。

ここは音楽の都だけあって、ストリートミュージシャンもクラシック演奏者が多い。

でも、ピアノ演奏とは驚いた。
台車のついたピアノとはいえ、運ぶのはかなり大変だろう。
近づいて良く見ると、演奏しているのは東洋人女性・・・かなり日本人っぽい顔立ち。

「がんばれ大和魂!」心の中でこぶし振り上げエールを送った。

 

彼女の演奏は動画でどーぞ→ウィーンの街角演奏家

さて、最後になりましたが、皆様に耳寄りの(?)情報です。

日頃の感謝をこめて、おみやげ企画を行うことにいたしました。

題して、「モーツァルト生誕250周年記念・特別いやげものクイズ」

さあ、簡単なクイズに答えて、プレゼントをもらっちゃおう!

クイズは後ほど発表いたしますので、是非ご参加ください。

 

あ、もう帰国してます。



beret_hanamon at 15:34|PermalinkComments(17)TrackBack(0)

November 20, 2006

モダンなウィーン

出張最終日は午後からオフ。

お天気も良く、この時期は2〜3度が当たり前のウィーンでは考えられない暖かさ。

後に知ったのだが、なんと20度まで気温が上昇したらしい。


Hotel 1Hotel 2

←ホテル内のレストランと廊下

このランプシェードが気になる。
ほしい・・




 

ウィーンでは、大半の商店が18時半頃に閉まってしまう。

急ぎ足でホテルを出発し、まずは『Museums Quartier』通称MQへ。

MQ1

←MQ内広場。建物の上に家が逆さまにくっついてる。

MQ2
広場内注意書きサイン

ワンはリードにつないで
うん○はダメヨ







広い敷地の中には、レオポルド美術館や近代美術館など多くのアート施設が並び、モダン建築やバロック建築をも楽しめる場所だ。

私はここのミュージアム・ショップと書店が大好きで、出張の度に必ず訪れる。


MQ Shop
ミュージアムショップでみつけたワングッズコーナー。

やけにラブリーなものばかり。




 

書店といえば、私はイヌがらみの図書を見る(読む)のが好きだ。

海外に来ると必ずその土地の書店に行き、面白いイヌ本はないか探す。

お気に入りは「ペコリーノ」シリーズで、今年はカレンダーまでペコリーノ。
昨年購入した書店で来年の「ペコリーノ」カレンダーを探すが、今年は入荷していないとのこと。
ものすごく残念。
このカレンダー&写真集に関しては、また改めて。

Book shop
←必ず行く街中の書店。

ここはワン本が充実していてお気に入り。

ちゃんと専用コーナーができていて、椅子に座って試読もできる。
ドイツ語なんで、さっぱりわかんないけど。







その後は徒歩でオペラ座周辺へ向かう。

さすがはペット先進国、オーストリアはワンにとてもやさしい。
公共の乗り物にも口輪着用で普通に乗れてしまうし、高級ホテルやブティックにだって入れちゃう。

日本のように店頭に繋がれているワンなんて一匹もいない。

店に入ればおとなしく飼い主のそばで寝そべるワン達・・しつけもきちんとしてるのね。

at music storeDiesel
CDショップで待つシェパード


日本でも人気のDieselに入ってゆく
ドーベルマン&そっくりな飼主。
ドベと共に堂々と店内を闊歩し、やけにかっこよかった。


 

 

 

つづく



beret_hanamon at 16:22|PermalinkComments(16)TrackBack(0)

November 15, 2006

会議中のひとりごと

今日は朝から晩までぎっしり会議。
ただいま会議の合間の休憩中。
いつのまにか外は真っ暗に。

それにしてもみんなよくしゃべる。
正直、無駄な話も多いのよ。
早く終って欲しいと願っているひとは多いはずなのに。

集中力が続かない。
こんな時はブログをチェック。
みなさんのコメントで癒されます。
遠く離れた国にいるのがうそのよう。
テクノロジーってすごいよね。

みなさん、どうもありがとう。
くぅ・・・(嬉し涙っす)。

Meeting


 



beret_hanamon at 01:03|PermalinkComments(16)TrackBack(0)

November 13, 2006

音楽の都から

恒例のウィーン出張。
いつものように、出発当日の深夜から荷造りを始め、ほぼ徹夜で飛行機に乗り込んだ。
機内では、映画→睡眠→映画→睡眠を繰り返し、約12時間弱のフライト中3本の映画を鑑賞。
無事にウィーン空港に到着した。
到着時の天気は雨、気温はたったの6度。冷たい風がふいている。

Vienna Airport 1

Vienna Airport 2

 

 

 





空港からは迎いの車に乗り込み常宿に直行。
まだ16時だが、天気は悪いし疲れていて外出する気力なし。
明日の会議の資料に目を通さなきゃいけないし、夕食はルームサービスで済ますことにした。

K+K Room←シンプルモダンな客室。
LANが使い放題で、ビジネスユースに最適。

Room Service









本日の夕食は、ハンガリー料理のグーラッシュ・スープとパンにカプチーノ。
ボリュームたっぷりで美味しくいただいた。
お腹がいっぱいになったところで仕事にとりかかるが、書類の束を見ているだけで眠気が襲ってくる。
そこで、気分転換にブログ更新を試みる・・が、やっぱり眠い。
書類は明日の朝読むことにしよう(自信ないけど)。

トトルルは今頃何をしてるかな?
もうワン達が恋しいよ。



beret_hanamon at 06:01|PermalinkComments(23)TrackBack(0)

November 09, 2006

東京タワー伝説

Tokyo Tower深夜、友人2名を道連れにオフィスへ向かう。

その道すがら見た東京タワーがあまりにもきれいだったので、帰りに寄ってみることに。

At Tokyo tower

 

 

 

 

 

 


東京タワーは通常0時が消灯時間のはずだが、その日は深夜1時を過ぎてもライトアップされたまま。
敷地内にはライトアップされたクリスマスツリーが置かれ、カップルや数名のグループで賑わっていた。

3 dogs at the towerその日のニュースで、クリスマスツリーの点灯式が行われたと報じていたのを思い出し納得する。

が、それだけが理由ではなかった。

 

後にホームページを見て知ったのだが、東京タワー消灯の瞬間をカップルで見ると幸せになれるという伝説があるそうで、消灯時間に合わせ多くのカップルが集まってくるというのだ。

東京タワー・ライト伝説


 

そんなロマンティックな伝説などつゆ知らず、駐車場をワン達とドタバタ走り回っていた現実主義の女3名・・うん○までしちゃたし(ワンがねっ)、場違いだったのかも。

 

ところで、みうらじゅん氏の『ゆるキャラ大図鑑』でもおなじみ、東京タワーの愛すべきゆるキャラ『ノッポン』をご存知か。

ノッポンは双子の兄弟で、ブルーのつなぎの『ノッポン兄』とレッドのつなぎの『ノッポン弟』の二人組み。
私の好みは断然ノッポン兄!クール&シュールで、少々毒舌。
座右の銘は『冷めたしぐさで熱くみろ』と、どうやらマッチの大ファンらしい・・。

そのシュールぶりは、ノッポンのBBSでもご確認いただける。

あ、そうそう、ノッポン兄に興味をお持ちの方は、是非Galleryをみてください。

これで、あなたもノッポン兄のとりこに!

さあ、クリック→ ノッポン・ブラザーズ (注:音楽あり)


With Noppon

 

←ノッポン兄とノッポンちむ?

 

 



beret_hanamon at 00:37|PermalinkComments(21)TrackBack(0)

November 07, 2006

横浜たそがれ

嬉しい楽しい3連休、金曜日は午後から横浜に。
目指すは、パンケーキが美味しいレストラン「MOTOYA」
ここの広々としたテラスはワンOKなのだ。

Motoya












朝食メニューのような内容のパンケーキ・ミールセット。
パンケーキ3枚に2種のソーセージ、ベーコンからひとつ選択。
そして、卵料理は目玉焼きかスクランブルから選ぶ。
こちらはピリ辛なポルトガル・ソーセージ&スクランブルドエッグ。

Water serverここは初めて来たが、朝食メニュー好きな私にはポイント高し。
上記セット以外にも、数種類のオムレツやサラダセットもあり、
もちろんデザートパンケーキも。


←ワン用、ウォーターサーバーあり。


 



パンケーキで満足した後は、赤とゴールドがまぶしい中華街をお散歩することに。
上海出張中の相方も、今頃こんな町並みを見ているのだろうと思いながら歩いていく。

3連休の初日だからか、中華街は大変な賑わいで、どこを向いても人のやま。
並外れて人好きなトトはお尻ふりふり大はしゃぎ・・・なんてことはなく、道に落ちている路上販売の甘栗拾いに真剣そのもの。
嗅いで食べて→私に怒られる→見知らぬ人に愛想を振りまく→嗅いで食べて→見知らぬ人に愛想を振りまく→私の怒りをかわす→嗅いで・・・をアトランダムに繰り返していた。
トトルルにとっての中華街は、拾い食いパラダイスだったに違いない。
そして、アルバさんにとっては・・・

China town


 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そんな素敵な亜瑠婆さんはさておき、帰宅後は夜中の東京タワーへ。

つづく



beret_hanamon at 00:27|PermalinkComments(16)TrackBack(0) ちむ犬アルバ | イヌまんが

November 02, 2006

Buon appetito !

トトルルの食事、いつもはプレミックスフードを使った簡易手作り食だが、時折パスタや玄米、ビーフンなどを使い内容を変えてみる。
今週のトトルルごはんは完全手作りで、簡単『イタリアン風ディナー』

Italian dinner

←今一番お気に入りのフードボウル。
外はカラフルなプラスティック、中はステンレス。
実はこれ、アイスクリーム用の容器。
ライムグリーン、黄色、ショッキングピンクなどカラフルな6個セット。
コンランで購入。

メニュー:
豚肉とにんじんのトマト煮
3色ショートパスタ(エリケ・トリコロール)
かぼちゃ
菜の花
しそ油少々
カルシウム粉末

もちろん味付けは無し。
素材からでるうまみのみ。



このメニュー、トトルルにはとっても好評なのだが、ひとつ問題があった・・・

続きを読む

beret_hanamon at 15:25|PermalinkComments(29)TrackBack(0) ワン用手作り食 | イヌまんが