January 2007

January 22, 2007

火ぐまのパッチョ

最近はまっているもの。それは、「火ぐまのパッチョくん」
妻夫木くんのCMでおなじみ、東京ガスは「ガス・パッ・チョ」のゆるキャラです。

 

ことのはじめは、仕事でお会いした東京ガスの方から携帯ストラップをいただいたことから。

そのかわいいルックスとお尻に人目惚れした私は、すかさずHPでチェック。

そこでみつけた「パッチョムービー」で、すっかりとりこになりました。

「パッチョムービー」現在全4話、ゆるさ加減がなんともステキな秀作です。

お疲れ気味のあなた、是非是非ご覧ください。
あなたのハートにも火が灯ることでしょう。
やるねぇ、東京ガス!

Pacho


チャームポイントのおしりがなんともキュート。


足の裏には「火ぐまのパッチョ」と文字が。
ああ、かわいい。





余談:
パッチョくんがいかにキュートか話していたところ、近くにいたひとがぽつりと一言。


 でんこちゃんじゃあねぇ・・」


そのひと、東京電力の方だった。



beret_hanamon at 15:07|PermalinkComments(28)TrackBack(0) 雑記 

January 18, 2007

タイヨウのうた

タイヨウのうた
映画「タイヨウのうた」をDVDでみた。

素直に心に響いた。


主人公ふたりがものすごくかわいくて、まっすぐで、はるか昔の前向きで純粋だった頃の自分を思い出した。

ついでに心も高校生になり、主人公を演じていたYUIと塚本高史くんに恋をした。

思わずアマゾンにてDVDを発注。




それにしても、シンガーソングライターとしてのYUIには感心した。
日本人女子シンガーで初のストライクど真ん中!ものすごく私好みな音と雰囲気なのだ。
イノセントで自然体ながら、芯の強さを感じさせる容姿もいい。
アルバムやシングルを聴いて、さらに確信する。
これは、私の好きなアラニス・モリセット、シェリル・クロウ、アヴリル・ラヴィーンのラインじゃないの。
そこでYUIのプロフィールを見てみると、尊敬するアーティストにアラニスとアヴリルの名が。
うん、納得。
ライブのチケット確保のため、ファンクラブに入っちゃおうかなと思った。
こんなこと思ったの初めてだ。それも邦楽で。はたちそこそこの女子で。

 

そうそう、映画といえば、新しい007はご覧になりましたか?

私は新生ボンドにしびれたものの、ダーはイメージが違いすぎると納得いかない様子。

帰りの車中でちょっとした口論になり、険悪な雰囲気に。
007が原因でプチケンカ。まったくもってアホらしい・・・でも、むかつくのよう!



beret_hanamon at 22:56|PermalinkComments(16)TrackBack(0) 映画 

January 07, 2007

大漁

トトは時々「カツオ」になる。

初詣の長い列にトトルル連れで並ぶ。
トトはたくさんのひとに囲まれてご機嫌。
しかし、ご機嫌なのにはもうひとつ理由があった。
それは、お賽銭箱の上にかけられた鈴。
そう、お参りをする時に「ガランガラン」と鳴らすあの鈴、トトはあの鈴の縄が大好きなのだ。
順番が近づくにつれ、トトの興奮度が増していく。
まずい、このままでは賽銭を投げるひまも無く、興奮して縄に飛びつきかねない。
きっとぶら下がる!縄にだらーんとぶら下がる!!
それだけは避けなければ。

というわけで、階段まで差し掛かった時、これ以上興奮させないように抱っこすることにした。
が、これが裏目に。
抱っこしたためにトトの視界がクリアになり、もっとよく鈴が見えるようになってしまった。
誰かが鳴らす度に大興奮!

「ガランガラン」 「キュイーーン、キュイーーン」
「ガランガラン」 「キュキュキュイーーン」

腕の中でそれはそれは派手に暴れまくり、これはまさしく懐かしのこれ・・・

ぽちっとな→4126

Bell











































で、結局、ちょびっとぶら下がりました(汗)
これぞまさしく初鰹・・・ああ、めでたい。



beret_hanamon at 03:15|PermalinkComments(24)TrackBack(0)

January 05, 2007

年始・元旦

うちではお正月にお雑煮は食べない。ダーがお餅が苦手だからだ。

彼は私同様「まずい物は嫌だが、自分が美味しいと感じれば何でも良い」ひとで、極端な話、
それほど空腹でなければ、晩御飯がバナナでもタコヤキでも美味しければそれで良しなんじゃないかと思えるほど。

こんな私達なので、お正月だからといって特別な食事を楽しむわけもなく、元旦のお昼は外で軽くすますことに。

トトルルも連れて向かった先は、パークハイアットのデリカテッセン。
このホテルのイメージに反し、ここのランチセットはリーズナブルで軽食好きにはお勧め。

テラス席はワンOKだが、あまり知られていないのか、今までワン連れに会ったことはなく、正直このまま内緒にしておきたいくらいだ。
ただ、難点はテラス席にストーブが無いこと。さすがにこの時期はひざかけだけでは寒い。

ParkHyatt 1ParkHyatt 2








スープセット(本日の
スープ、ミニサラダまたはサンドイッチ、デザートを選び1000円。プラス200円で飲み物つき。

食事の後、新宿中央公園をぬけ向かった先は初詣でにぎわう熊野神社。

列にならび順番を待つ。
そして、そこでトトはまたもや「カツオ」と化し、人々の注目と失笑をかうことに。

さて、「カツオ」とはいったい?

続きはWebで(?)



beret_hanamon at 17:32|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

January 04, 2007

年末

クリスマスから年始にかけてやけに慌しく、あっという間にお正月休みも過ぎ去ってしまった。

何をしていたか記録しておこう。


Present 1

今年のクリスマスプレゼント。
タオル生地とハリスツイードのコート。
共に英国製だが、セールにてかなり安く入手。
Present 2










クリスマスの週末は実家で過ごす。

イブは家族で兄宅へ。
兄のおごりをいいことに、霜降り特上カルビをここぞとばかりに食べまくる。
クリスマスに焼肉・・・まあいいや、美味しかったから。

Surfそれにしても兄一家の愛犬、黒柴・・(と兄一家は思いこんでるが、どうみても洋犬入っている)サーフは、優しく賢くとっても良い子。
もう13歳になるのに元気いっぱい!
トトルルにも優しく接してくれる。
姪っ子の面倒を完璧にこなすベビーシッター犬でもある。

どうかずっと健康で長生きしてね。


待ちに待ったお正月休み。
29日、大掃除を試みるが、なかなか計画通りには進まない。

そしてまた・・あきらめる。

30日、「硫黄島からの手紙」を六本木ヒルズに見に行く。

前半から泣き通しの私にダーは「なぜそこで泣く?」とあきれ顔。

その後お台場の「大江戸温泉」に。

31日、トトルル連れでホームセンターに。
カートに乗るトトルルはなんだか楽しそう。

帰宅後は、くもの巣に悲鳴をあげながら窓掃除。
トトルルはウロチョロしてじゃまばかり、ダーはジョギングに行ってしまい何の助けにもならない。

夜はちむも加わり、スキヤキ&テレビ観賞。
ジャニーズ・カウントダウンで年越しする予定が、アイス食べてる間にいつのまにか年越し。
今年もダイエットは無理なのか・・・?

↓ホームセンターとは?

at store

 

 




 



beret_hanamon at 17:50|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

January 01, 2007

謹賀新年

Happy New year

 

 

 

 

 

 

 




昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。
皆様のおかげで大変良い年になりました。
本年も、引き続き仲よくお付き合いくださいますよう
お願い申し上げます。
今年もよい年でありますように!

続きを読む

beret_hanamon at 15:20|PermalinkComments(14)TrackBack(0)