August 2007

August 20, 2007

兄妹愛

お見舞いと励ましのコメント、メール、電話などなど、皆様本当にありがとうございました。
皆様の心遣いがとても嬉しく、心底ありがたかったです。
おかげさまで、点滴から流動食へと変わり、明日には退院できることになりました。

私が油断したせいでこんなことになってしまって、ああすればよかった、こうすればよかったと後悔することだらけ。
トトにはかわいそうなことをしてしまいました。
美味しそうなトウモロコシを見つけたら、そりゃ、食べたいよね・・芯が食べれないなんてわかんないものね。

トトもかわいそうですが、ルルドもかわいそうでした。
突然大好なトトお兄ちゃんがいなくなってしょぼくれてしまい、ほとんどごはんを食べません。
あげればおやつは食べますが、私が留守中はそれすら残すほど。
明らかに元気が無いんです。
改めてトトルルの仲の良さを再認識しました。
ルルド、18日は誕生日だったのに、トトの手術日と重なって、すっかり忘れ去られていたしね。

トトルル、ごめんよぉぉぉーー!
トトが全快したら、いっぱいいっぱい遊んであげるからね。

gusun



にいたん、帰ってきて・・・

 

 


皆様のところに遊びに行くのもコメントの返事も遅くてすみません。
そのうちエンジンかかりますんで、許してくださいませ。



beret_hanamon at 23:14|PermalinkComments(30)TrackBack(0)

August 18, 2007

誤飲

夏休みのつづきどころではなくなってしまった。

食い意地のはってるトト、友人宅へおよばれした際、ちょっと目を離したすきにとうもろこしを食べてしまった。
どうやら芯ごと飲みこんだようだが、どのくらいの塊を食べたのかわからず、しばし様子をみることに。
大きな塊でないことを祈っていたのだが、今朝から嘔吐をくりかえしたため、あわててかかりつけの病院へ。

造影剤を投与しレントゲン検査を行ったところ、やはりとうもろこしと思われる異物が発見された。
それも直径5センチ、幅3センチとかなり大きく、のどにつまらせなかったのが不思議なくらい。
よくこの大きさを飲みこんだものだと皆で驚愕する。
薬で嘔吐させ、吐き出させようと試みたが失敗。
内視鏡でも大きすぎて難しいため、今日は家に連れ帰り、明日開腹手術をすることになった。

今は寝ているが、さっきまでひどい下痢と嘔吐で苦しそうだった。
私のちょっとした油断がこんなことになるなんて、代われることなら代わってあげたいよ・・・
またもや反省です。



beret_hanamon at 03:40|PermalinkComments(14)TrackBack(0)

August 16, 2007

Tokyoな夏休み

この週末の出来事を日記かわりに書いておきます。

適当にスルーしてね。

 

まずは土曜日。

引越したばかりでわかっていなかったのだが、うちのマンションから花火が見えることが判明。

数年ぶりに夏の風物詩を楽しむことに。

花火2



←ちょっとかわいい








日曜日の朝は、贅沢気分を味わいにホテルの朝食へ。

ダーは仕事が忙しすぎていつまでたっても長期休暇のめどがたたないし、お盆は高いうえ、すでにどこもいっぱい。

では、旅行に行ったつもりになって、その分ちょっぴり贅沢に都内を満喫しようということになった。

 

私もダーも朝食メニュー好き。特にホテルの朝食ブッフェは大好き。

ゆったりゴージャスな異空間で楽しむ朝食は、ちょっとしたフードアミューズメントだ。

向かった先は、東京ミッドタウンにある「ザ・リッツ・カールトン」。

ヒルトングループの最高級ブランド「コンラッド」と迷ったのだが、ホテルのイメージでリッツ・カールトンに決定。

45階の開放感あるロビーをぬけ向かった先は、その名も45(フォーティファイブ)というレストラン。

通されたのは、息をのむほどに素晴らしい景色が一望できる窓際の席だ。

内心小躍りする小猿「ウキッキィ」なのだが、とりあえず上品そうに(?)微笑み「まぁ素敵ね」などとほざいてみる。

間違っても「うひゃぁー!特等席だねぇこりゃ」などと飛び跳ね、窓にはりついてはいけない。

それはそれで微笑ましいんじゃないかと思うけど、ま、人間、時として違う人物になりきることもこれまた楽しとゆーことで。

 

朝食1

 

 

←海まで見える。
(我家まで見えた・・・)

 



 

 

 

 

 

 

このレストラン、雰囲気、眺めともに素晴らしい、そしてさすがはリッツカールトン、スタッフの教育は行き届き、細やかなサービスも二重丸!

が、残念なことにブッフェ内容が乏しい。

都内のホテルの中でもトップクラスの料金をとるわりには、いまひとつ種類が少ないのだ。

焼きたてのワッフルかパンケーキを食べたかった私達には少々ものたりなかった。

次回はブッフェはやめて、アラカルトでワッフルをオーダーすることにしよう。

 

その後は、ミッドタウン→六本木ヒルズ→青山→原宿と、ダーのTシャツ探してうろうろと。

やつは身体がでかいので、丁度良いサイズがなかなかみつからない。

サイズがあってもデザインが気に入らないで、結局その日は収穫無し。

私だけデニムとTシャツを購入、メンバーディスカウントでなんと60%OFFだった!

 

気付けば時間は夕方に、久しぶりにTOPSのカレーを食べたいと言うので、すいているであろう赤坂のTOPSへ。

そこで、超穴場な駐車場を発見する。

ご存知の通り、赤坂といったら夜の街、料亭の街、腹黒そうな政治家とカイチョーさん・シャチョーさんが集う街。

そのあたりの駐車料金は、むかっ腹たつほど高い。

路駐のコインパーキングは無いものかとウロチョロすること数分、目に入ってきたのは「30分100円」の文字。

一瞬目を疑った。赤坂で30分100円なんてありえない。1時間たったの200円なんて、安い、どう考えても安すぎる。

おまけにものすごく立派なビルの駐車場なのだ。

半信半疑で係りのひとに確認すると、「日、祭日は特別大サービス料金なんです」とのこと。

さすがは夜の街、シャチョーさん、カイチョーさんが集う街、日曜日はヒマだったのね・・。

 

つづく



beret_hanamon at 15:47|PermalinkComments(16)TrackBack(0) グルメ | 雑記

August 08, 2007

Happy Birthday !

今日はトトくんの5歳の誕生日!

友人オレンジ蛙の(できることなら年数をさかのぼりたいかもしれない)誕生日!

そして、どーでもいいフジテレビの日とそろばんの日。

 

早いもので、トトももう5歳。

いたずらで手を焼かせたチビギャングも、あっという間におやぢの仲間入りだ。

 

トトがパピーの頃、公園で飼主の腕枕で昼寝をするビーグルを見て憧れた。

その頃のトトはやんちゃざかりで、私は初めて自分で犬を育てるむずかしさに直面し、しつけ本をかたっぱしから読みあさる日々・・そのビーグルと飼主さんとの信頼関係が羨ましかった。

そんな私達も徐々に意思の疎通がスムーズになり、いつの間にか互いの気持ちがわかるように。

気付くと、ちょっとしたお手伝いまでしてもらえるようになった。

たとえば電子レンジ。「チン」の音に反応し、「終わったよ」と知らせにやってくる。

その方法がこれまたとてもかわいい。

鼻で私の脚を遠慮がちにつつく、または立っている脚の間ににゅーっと鼻をはさんでくる。

この行動は、「お散歩忘れてないよね?」「ごはんまだ?」など、自分の存在をアピールし、準備に時間がかかる私を催促する時にも用いられる。

 

先日のこと、友人BMが私に代わりトトルルの食事を用意していたので、「BMがごはんくれるからBMの所に行きなさい」とトトに言った。

すると、とことこBMに近づき、鼻で「ツン」と脚をひとつつき。

思わずふたりで声を上げて感心してしまった。ま、偶然なのかもしれないけど。

 

かけがえのないトト、お誕生日おめでとう!

これからもずーっと元気で仲良くいようね。

 

おっと、忘れちゃいけない、大切な友人オレンジ蛙。

お誕生日おめでとう!

いつまでも魅力的でかっちょいいスーパーウーマンでいてね。

これからもずっと仲良しでよろしく!

 

bathroom

 

 

 

ボクは人間でいう36歳!

誰かさんとおんなじ!?



beret_hanamon at 17:34|PermalinkComments(25)TrackBack(0)

August 06, 2007

夏の日のコンビニ

職場近くのコンビニに、性別がよくわからない店員さんがいる。

私は、彼女(彼?)の対応がとても好きだ。

てきぱきと機敏に対応してくれるし、そこんじょそこらの男性よりも男らしくすがすがしい。

いつもはっきりとよく通る声で、気持ちのよい挨拶をしてくれる。

もし女性なら、きっと部活はソフトボールに違いない(と勝手に想像)。

このところ姿を見かけず気になっていたのだが、今朝元気で働いているのを見て安心した。

うん、今日も歯切れの良い「ありがとうございました!」だね。気持ちいいや。

心の中で「こちらこそ、いつもありがとよっ」とつぶやき、発芽玄米ゴマしゃけおにぎりをにぎりしめる。

 

コンビニといえば、以前こんなことがあった。
トトと雨のお散歩
途中、コンビニに寄りたくなった私は、ちょっとだけだからとレインコート姿のトトを店の前につないで店に入った。

店内を物色しながら歩いていると、後ろから妙な気配とかすかな音がするのに気がついた。

 

「ひたひたひた」

 

後ろを振り向くが、誰もいない・・

気のせいと思い直し、また歩き始める。

するとまたもや・・

 

「ひたひたひた」

 

こんどこそ、おのれの正体をあばいてやるっ。

マトリックスのネオも真っ青な勢いで振り向くが、やはり誰もいない。

しかし、ふたたび歩き出すと・・・

 

「ひたひた」

 

フェイントをかけ、急に止まる!!

 

「ひた!」

 

音も止まる。

 

ええい!今度こそ!

振り向こうとした瞬間、何かヌルっと湿ったものが足に・・

 

「ツン」

 

ん?この感触は・・

足元を見ると、な、なんと、なんとそこには、いるはずのないものがぁぁ

ひぃぃーーーーーー

続きを読む

beret_hanamon at 18:01|PermalinkComments(20)TrackBack(0)