August 2008

August 18, 2008

Birthday Girl

トトに引き続き、18日はルルドの4歳の誕生日。

ルルドはトレーニングもろくにしていないのに、驚くほど手がかからないこで、問題行動はほとんどなし。

先住犬が次に来た子をしつけるとよく聞くが、これはトト兄ががんばったからなのか?

ある部分は確かにそうかもしれないが、ある部分はトトの行動と私の反応を見て自ら学び取ったんじゃないかな。
人間でもそうだけれど、次のこは要領が良くなるというし、なんといっても女子だからね。

観察力に長け、甘え上手。

おっとりしているようで、案外色々と考えている。

 

保護犬マイロが来ていた時の事、マイロとトトがお気に入りのおもちゃタマゴちゃんをめぐり、ちょっとした小競り合いになった。

するとルルド、もみあっている2匹をしりめに足取りも軽く近づくと、ひょいっとタマゴちゃんを咥え、もってっちゃった。

結局はルルドの一人勝ち。争わずして、美味しいところだけゲット。

 

私に怒られへこむノーテンキな男子達。

その後ろで誇らしげに鳴り響くタマゴちゃん・・・ 

tamagochan 



プップー






かけがえのないルルド、これからもずーっと健康でかわいいこでいてね。

いつもたくさんの愛と幸せをありがとう。

birthdaygirl

 

 

 

 トト兄ちゃまのものはルゥのもの。
 ルゥのものはルゥのもの。
 



beret_hanamon at 14:20|PermalinkComments(14)TrackBack(0)

August 08, 2008

Happy Birthday !

8月8日は愛するトトくんの誕生日。

そして、忘れちゃならない大切な友人、オレンジ蛙の誕生日。

 

トト&オレンジ蛙、お誕生日おめでとう!

 

トトも早いものでもう6歳。

見た目はほとんど変わらないけれど、もうキミも立派な中年なんだね。

キミと暮らすようになってから、色んなことがあったよね。

私もずいぶん変わったんじゃないかな。

今の自分、今の生活が私にはとても心地良いの。

トト、たくさんの愛と贈り物をありがとう。

キミの存在に私はどれだけ救われていることか!

これからもずーっとよろしくね。

 

オレンジは、私にはなくてはならない大切な友人。

行き詰ったときは、つい頼りにしちゃう。

私が迷っているとき、苦しいとき、いつも冷静に話しを聞いてくれてありがとう。

またひとつ歳をとってしまったけれど、気持ちは10代の頃と大して変わんないよね。

これからもステキに歳を重ねていこう。

で、ファンキーなおばあちゃまになろうね!

 

Bithday Dinner

 This year's Birthday Dinner Menu

 

 小松菜とカボチャのクリーミーペースト

 オージービーフのサーロインステーキ
 ラムステーキ
 トマトのフォカッチャ

 バゲット

 早く食べたいけど、見て見ぬふりなふたり。



beret_hanamon at 14:14|PermalinkComments(21)TrackBack(0) 愛犬トト&ルルド | 友達

August 07, 2008

花火見物

昨年同様、友人オレンジ蛙宅にて花火見物。

屋上からとってもきれいに見えた。

 

花火の後は、部屋に戻っておしゃべりタイム。

皆、結構な年齢なのだが、10代、20代の頃とほとんど変わっていないように思える。

色んな話で盛り上がり、あっというまに時間は11時近く。

12時を過ぎれば8月8日、主催者のオレンジ蛙とわが愛犬トトの誕生日!

少しフライングしたが、皆でオレンジの誕生日を祝った。

 

そうそう、昨年はこの花火ホームパーティで、「トトとうもろこしの芯を食べ緊急手術事件」が発生したんだった。

あれから、もう1年。ブログ更新してなかった期間とほぼ同じ・・。

トウモロコシの画像もブログ上では少し前に載っている。

時間がたつのはホント早いねぇ。

 

What ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 トウモロコシってなんですか?



beret_hanamon at 23:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

August 05, 2008

レディですの

ルルドは、誰に似たのか、お嬢ちゃま気質ないぬである。

食事に嫌いな物が入っていると、きれいに嫌いな物だけ取り出して残す。

試供品のドッグフードを与えようものなら、『これはなんですか?』 とばかりに振り向いて私をみつめる。

となりでトトが嬉しそうにがっついていてもだ。

 

なんと、芝生にも好みがある。

基準がいまひとつわからないのだが、お気に召さない芝生には入ろうとしない。

『わたくちはこの芝生には入りませんの』 とばかりに踏ん張って動かない。

芝生を歩いてる・・と思えば、芝生の上に敷かれた石の通路をおすましして歩いていたりする。

その横で、トトがどかどか雑草を踏みしめて歩いていてもだ。

 

突然ルルドが歩かなくなったので、不思議に思うと、お尻に小枝や木の葉がついている。

お嬢たるもの、お尻は常に美しくなければならないらしい。

その隣でトトが得体のしれない物体を満足げに身体になすりつけていてもだ。

 

そんなルルドだが、実はけっこう面白い。
隠れいやしんぼうさんだし、ちょっぴりお下品な時もある。

それを知らぬは、うちの相方ただひとり。

ルルドかわいさに、すっかりだまされているもんね。笑っちゃうほどに。

ま、そのお話しはまた後日。

 

Lourdes




 レディですから 



beret_hanamon at 18:20|PermalinkComments(15)TrackBack(0) 愛犬トト&ルルド