April 27, 2006

類は友を呼ぶ?

友人2名と食事をするため表参道ヒルズに向かった。

人ごみが苦手な私は、注目されている場所にはほとぼりが冷めるまで行かないことにしている。だから表参道ヒルズに入るのも近づくのも初めて。

人がうじゃうじゃいたらイヤだなと思っていたのだが、表参道も空いていて駐車場にもすんなり入れた。って、平日の夜8時過ぎだから、当然といったら当然ね。

数ヶ月ぶりに会う友人は、ふたりとも相変わらずのおしゃれさん。

彼女達は自分に何が似合うのか心得ていて、それぞれ違ったおしゃれを楽しんでいる。

ひとりはアバンギャルドで大人のキュート&セクシー、もうひとりはシックでフェミニンなコンサバガール。かくゆう私は・・ううーむ、なんとも形容しがたい。
当日の服装は、ガーリーなブラウスにスウェードのジャケット&穴あき古着デニム、きわめつけは男受け最悪なドングリ風ベレー帽。
かなり気が抜けた服装だが、日常のパ、パ、パリジェンヌってことにしてもらおう(非難の声はひとまず無視)。

そんな一見ちぐはぐと思える私達だが、一緒にいると違和感なくマッチングするから不思議。

私の親しい友人は、個性的で自分を確立しているひとが多く、好みもそれぞれだが、どこか似通っているから面白い。
洋服にしても、着方が違うだけで偶然同じ物を持っていたりする。

表現方法は異なれど、根本的な価値観や感覚が似ているということなのかな。

それは相方選びにも通じるかもしれない。

 

さて、本題。

ここ数年キャリアに生きてきたコンサバガールが、ようやく素敵な人とめぐり合った。

新しい出会いを嬉しそうに話す彼女は、女に磨きがかかりとても幸せそう。

こっちまでまでうきうきしてきて、話を聞くだけで模擬恋愛状態だ。

で、その彼がこれからジョインするとな。

男受け最悪のドングリ・ベレー帽かぶってきちゃったよと嘆きながらも、どんなひとが現れるかワクワクしながら待ち合わせ場所へ向かう。

BRIO (ブリオ) 2006年 06月号 [雑誌]

 

 

現れたのは、エグゼクティブな雰囲気漂うコンサバな男性。

コンサバガールにコンサバガイ、雰囲気ぴったりでかなりお似合い。まるで雑誌「BRIO」に出てくる読者カップルみたいだった。

 

 

 

 

BRIOカップルと別れた後、アバンギャルド・キュートな友人と「あのふたり、ぴったりだったね」と盛り上がる。

そういう彼女には、やはりアバンギャルドでキュートな相方がいるし、世の中うまくできているものだと実感する。

さて、うちはというと・・

 

「なんで太るんだ?仕事のストレスかな?」リッツを一箱たいらげ、シュークリーム片手にぼやく相方。そして、ダイエットを誓いながらも、リッツを全て食べられたことを悔しがる私。

ダイエットのために、体脂肪・基礎代謝・体内年齢までも計れる体重計を買ったのに、痩せてからでないと計りたくないと駄々をこねる相方。そして、数回計ってはみたものの、あまりのろくでもない結果に興味と戦意を失った私。

私達もかなりお似合い、というかそっくりじゃないか!

 「目指せ引き締まった肉体!」を合言葉に、日々努力を惜しむふたりなのだ。

 

3koma selan

 



beret_hanamon at 18:29│Comments(11)TrackBack(0) 友達 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by オレンジ蛙   May 16, 2006 16:20
模擬恋愛は楽しいです。久しぶりのドキドキ感、あぁこんな感覚あったよなぁと思い出しました。
貴重な体験をさせてもらって感謝だよね。>ベレーさん!(さん付けで呼ぶのは変な感じ)
2. Posted by シャポールージュ   May 16, 2006 18:45
ベレーさんの周りには素敵なカップルが沢山いて羨ましいですね。BRIOカップル&アヴァンギャルドカップルなんてどんなやろ?見てみたいですね。かくゆうベレーさんはニキータ&レオンカップル?コンサバなブリオカップル、アヴァンギャルドカップルはファッションだけでなく性格も保守的と飛んでいるカップルなのかしらん?私の知り合いのコンサバカップルは、完璧主義者の彼女の方が、愛する彼に尽くしすぎて最近疲れきってい
るようですが何かアドバイスはございますか?彼女も好きで尽くしているらしいのですが・・・
ベレーさんは文章がお上手ですね。雑誌関係のお仕事なさっている方ですか?シャポールージュより
3. Posted by つちまま   May 17, 2006 17:13
おっかしー。
ご友人の様子が目に浮かびますね。表現が上手!
そしてベレーさんはどんな感じなんだろ?って想像してます。
(あ、ご対面計画、ご連絡しますねん)

ミックス辞典への参加ありがとうございます!
ボロニーズは確かに珍しい。
ルルドちゃんとは、どうやって出あったのですか?
4. Posted by ベレー   May 17, 2006 17:14
オレンジ蛙ちゃん

ねー、こんなドキドキ感は、いつのことだったか・・
おっと、なんかおばさんくさくないか?私達・・
ところで、最近ある人物から、蛙ちゃんの爆笑ラブネタをひとつゲットしたよ。
「そんなこともあったね〜」という内容で、微笑ましかった。
さて、何の話でしょう。おほほほほっ
5. Posted by ベレー   May 17, 2006 23:17
シャポールージュさん

コンサバもアバンギャルドもどちらも個性的で面白いです。
でもコンサバってば、自分が一番まともで普通だと言い張っていて、「この中では自分が一番普通」なんて、彼に紹介してるんですよ〜。
「そういうあなたが一番変わってるって!」とつっこみたいところをガマンしました(笑)

お友達のコンサバガール、がんばりすぎちゃって疲れちゃったんですね。
やっぱり最初に飛ばしすぎたらイケマセン。
それが当たり前だと思われちゃって後々大変です。
ここはひとつ、素直に疲れちゃったと言ってみてはどうでしょう。
要は言い方です。
かわいーく甘えて伝えれば、彼はメロメロ。
すっかり骨抜きになって、なんでも許してくれますって!
無責任なベレー恋愛相談室でした。うへへ
6. Posted by ベレー   May 17, 2006 23:27
つちままさん

私はかなり気が抜けた格好です。
最近は、ナチュラル&シンプルが一番しっくりきます。
そして帽子!
あっ、あんまり期待しないでください。
ホント、たんに気が抜けたマイペースなひとですから・・

ルルドとの出会いは、今度お会いした時にゆっくりお話しますね♪
楽しみです!
7. Posted by Moss&Mick@JAZZ   May 18, 2006 13:00
ヒルズかぁ・・・・・。
ロッポンギでもオモテサンドウでも
ヒルズはいいよなぁ。。。都会。。。
(中坊みたいだね (爆))

でもトーキョー飽きて帰ってきたんだし
でもタマには顔出してみたい気がするけど
お洒落スポットにゃ出現せず、ハンズやコアな
専門店めぐりなのだろー。

いよっ! パリジャン!!!
8. Posted by vovomama   May 19, 2006 14:31
ベレーさんのお友達はオシャレさんで素敵なんですねー♪
でもベレーさんもオシャレでスタイルも抜群じゃないですかぁっ!
(以前、転んで倒れてた写真見た時思った。)

ダイエットか・・・。まずはビールやめないとダメなんだろうな・・・。(−−ゞ

最後のトトちゃん可愛いい〜♪♪
9. Posted by ベレー   May 19, 2006 18:27
JAZZさん

JAZZさんも以前はこちらにいたんですね。
なんか、そんな感じがしてました。
私も都会的なスポットはそんなに興味ないんですよ。
表参道も前のほうが面白くて好きだったな〜。
今はすっかりブランドストリートで、あんまり魅力を感じません。

JAZZさんのいうコアな店ってなんだろ。
気になるな。も、もしや!中野ブロードウェイとかーー?!
こちらに来る機会があったらご連絡くださいね。

パリジャンより・・って、男じゃないんだから!!
10. Posted by ベレー   May 19, 2006 18:32
vovomamaさん

ええーーーっ!?
わたしが、おしゃれでスタイルバツグンですと?
この3年で10キロ近く太り、周りから「マジやばいって」とはっきり言われてるのに??
ああ〜、痩せるまでvovomamaさんと会えないよ。
momojiriコーギーオフカイ、参加しちゃおうかなってちょっと思ってたのに。
ううっ
11. Posted by トリーバーチ   November 07, 2013 12:45
I was recovering my breath, and, with it, my inclination to expand. Instead, I looked at her. I was beginning to understand. It was obvious enough that she was a foreigner in a strange land, in a land that brought out her national characteristics. She must be of some race, perhaps Semitic, perhaps Sclav?of some incomprehensible race. I had never seen a Circassian, and there used to be a tradition that Circassian women were beautiful, were fair-skinned, and so on. What was repelling in her was accounted for by this difference in national point of view. One is, after all, not so very remote from the horse. What one does not understand one shies at?finds sinister, in fact. And she struck me as sinister.
トリーバーチ http://tamayura.co.jp/cata/toryburchs.php

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔