ひとり言

June 25, 2007

ナイル・ロジャース&CHIC

CHIC基本的に出不精の私だが、先週はめずらしくあちこちでかけていた。

 

週半ばは、Blue Noteでのナイル・ロジャース&CHICのライブ

ナイル・ロジャースといったら、70年代後半〜80年代前半にかけて、数多くのヒットソングを生み出した名プロデューサー&ギタリストだ。



彼が率いるCHICは、70年代後半のディスコ・シーンを代表するグループで、そのダンサブルでファンキーなサウンドは誰もがいちどは耳にしているだろうし、今は亡き相棒とプロデュースしたアーティストは膨大で、ダイアナ・ロス、デイビッド・ボウイ、ブロンディ(子供の私にはかなりかっこいい存在だった!)デュラン・デュラン(わが青春の代表グループ)、マドンナなどそうそうたるメンバーだ。

 

当日は、並んでくれた友人のおかげで、最前列の席を確保できた。

Blue Note 常連(!)の友人夫妻いわく、この席は最初からガンガンに踊りまくらねばならないとのこと。ふふん、望むところよ。

 

主な客層は30代半ば〜40代半ばといったところで、私達にとっては居心地の良い空間だ。
ライブが始まるまで、それぞれお酒や食事を楽しみながらくつろいでいる。

そこへ、ナイル・ロジャース&CHIC登場!

懐かしのファンキーサウンドに会場は大盛り上がり、あっという間にディスコと化していた。

 

曲は「Everybody dance」「Dance, Dance, Dance」「Good Times」「Le Freak」などなどおなじみのナンバー。ダイアナ・ロスに提供した楽曲のヒットメドレー「I'm coming out」「Upside down」など。

 

そうそう、「Upside down」の最中、「boy you turn me」と歌う箇所で、友人夫妻の旦那が指さされていて、ちょっと羨ましかった。

最後にはナイルと握手もしちゃったし、久しぶりに歌って踊って、大興奮の一夜だった。

友人夫妻を見習って、また来年も行こっと。

その前に、今度はBillboard行くぞ!

でも、スティーリー・ダン高すぎ・・・

CHIC at Blue Note

← Blue Noteにて

 

撮影会の大サービス
カメラ持ってなくて、友人が携帯にて撮影。

 

一番左がナイル・ロジャース

まだまだ若い。



beret_hanamon at 18:02|PermalinkComments(13)TrackBack(0)