バンコク日本語教師の緩い風便り

バンコクの公立学校で日本語教師として働きだして、今年で10年目。 日々の学校生活から感じたことなどを、緩くお伝えしています。

みなさまおはようございます。

昔々、日本語教師養成講座に通っていた頃、模擬授業だけでなく、音声学やらなんやら座学の授業もあった訳ですが、その時学んだものは、時間の流れとともにほぼ溶けてなくなっていきました。

ただ、「化石化」と「母語の干渉」と言う言葉だけは、自分の生活と関係あるからなのか、やたらと印象深く残っています。

一つ目の「化石化」はまさに僕のタイ語に当てはまる言葉。

外国語習得が、ある段階で固まってしまい、それ以上なかなか進歩しないというもの。

確かに、暮らす上でそんなに不自由はないですが、だからといって決してネイティブレベルではない僕のタイ語。

そんな化石化したタイ語にみんなの方が慣れてくれるもんだから、「ま、いいか」とさらに化石化が進んでしまうのです。。

で、もう一つの「母語の干渉」ですが、

これは、読んで字の如し、母語の言語習慣が、外国語習得において妨げになるというもの。

日本語では、東京大学、大阪駅、といったように、名前+名詞となりますが、タイ語は逆。

名前は後ろにつくんです。

メナム・チャオプラヤーってのも、メナムが川でチャオプラヤーが名前。

以前、日本で間違ってメナム川と呼ばれていたのも、「母語の干渉」からかどうだったかはわかりませんが。。

で、ですね。

同じく、「なんとか先生」ってのもこちらでは「クルーなんとか」となる訳です。(クルー=先生)

なので、クルーシュンヤと呼ばれるのなら、良いのですが、

いつからか、日本語とタイ語のハイブリッド形「センセーシュンヤ」が定着。。

最初の頃はしっくりこなくて、いちいち訂正してたのですが、ずっと耳にしているうちになんか愛着が湧いてきてしまいました。

挙げ句の果てに「セーンシュンヤ」とかいう短縮バージョンまで現れ、

それはそれで、なんだか聖闘士星矢みたいで、かっこいいじゃんなんて
でも、他の日本人がいる前で、大声で呼ぶのはやめてね。

そんな基本的間違いを放置してるなんて
日本語教師としての資質が疑われちゃうからさ

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。                      押して押してー
 タイ・ブログランキング







みなさまおはようございます。

今バンコクでは、あちこちで競うようにクリスマスツリーが乱立し、街を彩っています。


そんな中、当校でも毎年恒例となった、高一クラス対抗、リサイクルクリスマスツリー作成大会が行われました。

制限時間は3時間。古紙や新聞紙、ビニール袋などを駆使して、器用にツリーに仕立て上げていくんですな。


不器用な私には三回生まれ変わっても無理な作業であります。

職員室で待機していると、「そろそろ、出来上がるよー、一緒に写真撮ろう」

って生徒からラインが入ったので、見にいくと、

ギョギョギョ、なぜこんなとこにさかなクン?


じゃなくて、私の顔

これじゃあまるで晒し首じゃあないかい??

でも、この晒し首がちょっと有利に働いたのか、11クラス中3位をゲット。


とにもかくにも、こんな得体のしれないおっさんの顔を、大切なツリーのてっぺんにくっつけてくれてありがとさん。

まあ、そのうち僕も天に召されたら

星になって君たちを見守ることにしますわ
今回も最後までお読みいただきありがとうございました。                         押して押してー












みなさんおはようございます。

昨日仕事を終え、フィットネス前に小腹が空いていたので、何か食べようと思ったら、

なんと、マクドナルドで年末までビーフフェアなるものが!

チーズバーガーやビッグマックなど、ビーフもののセットがいつもの3割引。

実は、僕が人生の中で、一番衝撃を受けた食べ物が、中学校1年の時に初めて食べた、

マクドナルドのチーズバーガー。

世の中にこんな美味しいものがあるのかと、本当に思ったものです。

チーズバーガーがこんなに美味しいなら、あの一番高いビッグマックなるものは、さぞかし至高の味なのだろうと思いつつ、中・高の時の僕の小遣いではとても手がでず

「ビッグマックがいつでも食べられる大人になりたい」と心に誓ったのでした。

しかし、50に手が届こうとしている今でさえ、気軽に買えないビッグマック。

物価を考えると、タイではマクドって割高に感じちゃうんですよね。

でも、いいんです。

ビッグマックは、たまに食べて、

「やっぱり美味しいよなあ」と感じたい一品。
なにせ、明日死ぬとしたら、最後に何を食べたい?という質問に、迷わず

「ビッグマック」と答える僕ですから

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。                       押して押してー
 タイ・ブログランキング





このページのトップヘ