「茶室」という言葉は近代になって使われたもので、古くから「茶室」と呼ばれていたわけではありません。茶室の原点は中世の書院造の家に造られた接客の間として使われた会所(かいしょ)にさかのぼることが出来ます。

室町時代に茶の湯が盛んになるにつれて、茶の湯専用の畳敷きの座敷が生まれその当時は茶室とは呼ばず、「数寄屋、数寄屋座敷、茶の湯座敷」などと呼ばれていたようです。

この時代から座敷に、お客様をもてなす為に一段高くなった床の間・脇棚・書院・帳台構えを設けた、接客の為の和室の形が成立していったようです。

その接客の為の和室がやがて茶の湯の空間として次第に縮小されて、桃山時代にはご存じの千利休によって、それまでの書院造りとは異なる茶の湯独特の建築様式の「草庵風茶室」が広められたようです。

侘びの精神を尊び、皮つき丸太等を用いて山の中の自然を思わせるような、雰囲気の茶室が出現しました。

その当時でも珍しい自然の木のままの床柱が生まれましたが、現在でも出来るだけ自然を残したデザインが重宝されていますが、それはこの時代から人の心の中に引き継がれているものでしょう。

千利休が目指した物が実際はどのような思いをもっていたかはわかりませんが、茶室までの路地や茶室の小空間は人の手を介してはいますが、本当の自然の中にいる以上の自然な設えを演出している空間も珍しくありません。

茶室や路地には使い勝手の良さ(お手前の作法)と造り手のさり気ない美意識や茶の湯の精神がおりこまれます。

茶の湯ではその様な精神を受け継がれています。和室は真、行、草という考え方があり、概ね茶室や路地は形を崩して自然を取り込む行、草の考え方で造られることが多く、四角い柱に付け鴨居や長押の取り付く真の考え方よりも形を崩した行・草の和室が好まれているようです。

現在でもその当時の住宅と形は変わってきても、住居には自然を好む傾向にあるとは思います。茶の湯の中には長い歴史を経てなおしっかり自然を楽しむ千利休の精神が残っています。自然環境保護やエコが話題になる現代にはその千利休の精神が改めて必要な時代なのでしょうね。


男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです


広島ブログ


 
地下熱循環住宅のカオル建設 会社のホームページにもお越しください