岩手県から約30年ぶりに広島に住む私に会いにこられました。学生時代にレスリング部に所属していた私たちに、兄のように色々とお世話をいただいた方でしたので、訪問してくれた事がとても嬉しく思いました。

広島市内で少ししか時間がなかったのです。ひとしきり珈琲を飲みながら昔話に花をさかせ、原爆ドームと資料館に案内しました。

DSC01971資料館は小学生や中学生の修学旅行の生徒でにぎわっていました。

そういえば今の季節は修学旅行の季節ですね。原爆資料館の前には長蛇の列でした。




DSC01973
平和公園や資料館を案内しましたが、広島の現実を知らない方には、原爆のインパクトは大きなものだと思います。

1945年今から65年前には草も木も生えないと言われていた広島ですが見事な復興を遂げ沢山のビルが立ち並んでいます。そして私は今年57歳になります。

東京の大学に通う途中、新幹線は東京まで開通しました。

一年生の時は夜行列車で東京に行くか、大阪まで東海道線で行き大阪から新幹線に乗り換えて東京に行きました。

初めて着いた東京では、道を聞いた駅員さんが広島弁で話す私にどこから来たの!広島からと応えると、わしも広島じゃけんと笑顔をくれて、必要だった乗り継ぎ料金をサービスしてくれました。

今の時代では考えられない事を沢山経験しましたが、今では許されない行為になっています。

30年ぶりに私に会いに来てくれた方は、年賀状だけで繋がっていたように思います。同級生に電話したり、うる覚えの昔の事を思い出したり、楽しい時間でした。今度は私が岩手まで訪問してみたいと思います。

わずな時間を割いて会いに来てくれた事感謝しています。

今年も11月7日 ミヤカグさんのちょっと嬉しい暮らし展2010のイベントに参加します。詳しくはミヤ家具さんのホームページをご覧ください。
私たちは誰にでも出来る、冬を快適に暮らす工夫をテーマにアイデア展示をするように考えています。

男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです


広島ブログ


 
地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページもご覧ください