比治山に建設中のお住まいの気密測定をしました。
気密測定の目的は、外部に気がつかないような断熱を欠損する様な所があればそれを発見することや、室内の換気を計画的に作動させる為に気密が確保されているかを調べる事が目的になります。

少しくだいていえば、家を造るにあたって、隙間の無い家を造ってから、室内に生活に必要なだけの新鮮空気を計画的に入れようという考えのもとで、その隙間の無い空間が造られているか確認することが気密測定になります。
DSC02060
建築主の奥さまも参加していただいての検査です。気密測定は工事中のどの時点で行なうかも大切です。

私たちは壁の断熱材が表しの、手直しの効く時点で行なっていますがその時点は仕上がった状態より気密の取れにくい時に行なうようにします。
私は気密測定の間は窓からの隙間風を確かめてみましたが僅かですが外の空気が引き込まれていました。

日本の窓としては高性能な窓を使っていますが、それでも窓の気密は不足しています。私は新築の家でも内窓をつけるように設計をしますが、それは日本の窓の気密の悪さを補ったり窓の性能不足を補うための設計です。

気密測定の結果はC値は0.7センチ平方メートル/平方メートルで、こちらのお住まいは室内の気積を天井高2.6で割って算出した床面積は155.4センチ平方メートルで総隙間相当面積は112センチ平方メートルでした。

これは家全体で直径12センチの穴が一つ空いている隙間があるという事になります。耳付きグラスウールでボード気密の充填断熱としては、良い結果だと思います。

C値は低いほど良いと理解されやすい傾向にありますが、C値は工法によっては、目標とする値が違います。私たちはC値1.5を目標にする事もありますし断熱改修等ではC値3を目標値に定める場合もあります。その様々な目標値のお住まいの断熱性能は確実に保たれています。
気密測定は数字を競うものではなく、最初に書いたように、断熱の欠損を見つける事や、換気を計画的に行なう為に必要です。

気密測定の間は大工さんは作業せずに待ってもらっていましたが、一度目の測定で0.7の値が出ていると電話で連絡をもらって、私が到着して2度目の測定で同じ0.7の値が出ていたので、直ぐに気密測定器を撤収して再び大工工事を始める事も出来ました。

気密測定は外部の気密測定士の方にお願いしましたが、気密測定をたのまれて伺っても測定不能の現場も沢山あるそうで、ハウスメーカー等もモデルルームを建設するときには測定をされても、実際建設されている建物で気密測定をすることは少ないですと話されていました。

建築主の奥さまも、気密測定士の方からの説明も聞かれてとても安心されたようです。
大工さんには、面倒な気密テープを張る作業を丁寧にしてくれた結果だと思います。ありがとうございます。


今年も11月7日 ミヤカグさんのちょっと嬉しい暮らし展2010のイベントに参加します。詳しくはミヤ家具さんのホームページをご覧ください。
私たちは誰にでも出来る、冬を快適に暮らす工夫をテーマにアイデア展示をするように考えています。

男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです


広島ブログ


 
地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページもご覧ください