高断熱住宅を取り組んで、もう10年位なります。取り組み始めたころは、断熱材はセルロースファイバーを使って断熱をしていました。それまでに造っていた家と比べて格段に省エネで、家中が同じ温度で暮らせるようになったことは画期的でした。それから冬は暖かいが、夏に自然な力でもう少し涼しい家が出来ればいいのにね。とお施主様から貴重な言葉をいただいていました。

又窓の性能の大きな差に気づいていない頃は、かなり大きな開口に、ペアガラスだけでLow-Eガラスやアルゴンガスの入った性能のよいガラスは使わず窓のフレームはアルミのものを使用していました。特にワイドオープンという全て開放出来る窓は、その窓の近くは、食事をしていても寒いと言われていました。

広島市内の気候は冬は相当に寒く、夏は湿度は高く毎年暑さを増しています。高断熱の家造りは今まで以上に様々な技術を蓄積することが必要だと感じています。

今日は以前より冬寒いと言われていたお住まいの原因を究明して、その対策を考えて冬対策の工事をしてきました。
2F-DSC_1061素晴らしいデザインのお住まいで、かつ春や秋の季節良い時は、内部も外部も繋がって、太陽の光もコントロールされていて、私が訪問した時も太陽の光がとても心地の良いお住まいです。

ペアガラスですがとても大きなワイドオープンという大きな開口の窓と、その上の嵌め殺しの窓から、冬の寒い時には冷気が下りてきて、一番肝心なリビングにいると、足元に寒さを感じる状況です。

私たちは、様々なお客様の声をいただいて、現在は少しずつ工夫をしていますが、窓はもっと熱伝導率の低い高性能にする必要はありますし、それを使ってもまだ、その内側に内窓やハニカムサーモスクリーン等の窓の断熱性能をアップさせるものを取り付ける必要がある事が解ってきました。

自然な力で大きな開口を備えた家を冬に暖かくするには、徹底して窓の断熱性能を上がる事が必要です。スウェーデンでは、トリプルガラスのクリンプトンガスの入った、日本では制作されていない高い性能の窓を使っています。ただしスウェーデンでも大きな開口の窓は、かなりな費用も必要になります。

費用対効果と大開口のデザインや利便性を考えると、窓の断熱効果以上に、他に窓からの冷気をおさえる方法は無いだろうか考えた結果、今回は窓にむけてエアコンの温風をあてる方法を、ためす事にしました。
DSC02264
室内にロフトがあるお住まいでしたから、そのロフトにエアコンを取り付けて、そこから窓にむけてエアコンの風を向け冷気をおさえる計画です。

ファミリーレストラン等の大きな窓からの寒さを抑えるエアコンの使い方を応用した方法です。後から取り付けたので、エアコン本体やスリムダクトの配管が折角のインテリアを少し壊した感はありますが、デザインより住み心地を重視されました。

高断熱の窓の性能アップは夏も冬もこれからの大きな課題だと考えている私には、これから迎える冬に期待通りに活躍してくれると思いますが、実際の効果のほどが楽しみです。DSC02247

エアコンをつけた今日は、ご子息の1歳の誕生日でもありました。エアコンが誕生日のプレゼントの一つにもなったのでしょうね。

暖かな太陽の日差しを浴びて、元気に遊ぶ様子は、成長ホルモンがしっかり備わった、心の強い子供になりそうな気配を感じるのは、私だけでしょうか。家の寒さは嫌ですが、大きな開口から降り注ぐ太陽の光もとても重要で心地の良いものです。

太陽の光が入る大きな開口の住まいは夏に暑くなりやすく、冬に寒くなりやすくなります。相反する面をもつ窓ですが、心地よさを追求するには、様々な課題をクリアーする必要があります。
今年も11月7日 ミヤカグさんのちょっと嬉しい暮らし展2010のイベントに参加します。詳しくはミヤ家具さんのホームページをご覧ください。
私たちは誰にでも出来る、冬を快適に暮らす工夫をテーマにアイデア展示をするように考えています。

男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです


広島ブログ


 
地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページもご覧ください