ドイツからです

ドイツ時間19日
今日はインスブルック大学で鎌田先生が新住協の歴史と取り組みQ1X住宅とEU期準のパッシブハウスの共通項を話されEUの中でのパッシブハウスの権威であるインスブルック大学のファイスト博士によるパッシブハウスの考え方やその取り組みについて講義を受けました。

断熱性能や窓の性能を上げ暖房エネルギー15Kwh/岼焚爾砲覆襪茲Δ
計画する基準がEUでさだめる基準といえると話されました。
パッシブハウスは誰のものでもなくその基準をまもることで人々が健康で快適な暮らしが出来るようになると話されました。

鎌田先生と腹の底は繋がっていると感じました。

IMG_20130120_123352

IMG_20130120_095503



ドイツ時間20日
今5時30分です。毎日早く目がさめる習慣がつきました。今日の夜はミュンヘンに帰ります。

IMG_20130119_142005
パッシブハウスとして改修されている中学校


IMG_20130119_104801
パッシブハウスとして設計されている集合住宅


ホテルのWi-Fiを利用しているのでホテルに着かないとメ一ルできません
Wi-Fiの接続もよくわからなかったので手間取っています。

ということです

私は私で、携帯をアイフォンに替えてまだ慣れていなくて、
人と話をしながらドイツからのメールを見ていたところに、着信がきて
あわててしまって、電話もとれず、メールはゴミ箱に入ってしまって
一度に、何通かメールがきていたので、本当に消えたのか、消えなかったのかもわからず…

こんな2人のメールのやりとり!お互いストレス??

(反省…質問は一つずつ! 自分の行動も一つずつ!)
小きぬでした
男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ