広島では浴衣で賑わうとうかさんを先週の日曜日に終えて本当に夏らしくなってきました。
会社ではすでにエアコンがフル稼働しています。それは主に湿度対策として可動しています。事務所での作業なので風が強いと書類が飛んで仕事にならなくなるので止む無く窓を閉めてエアコンのお世話になっています。


下の2枚の写真は太陽光発電のモニターでの発電積算11694kwh と買取のメーターの積算電力9591kwhです。若干の違いがありますが買取のメーターの方が少し低いのが残念ですが、ほぼ1万kwhを発電したことになります。買取価格の高い時に設置しているので1万kwh

×48円=48万円の収入を得たことになります。設置して1
万kwhの発電を約2年と4か月ぐらいで達成しています。

DSC00021DSC00023















太陽光発電はメーターが個人持ちになるので法定期間内に取り換えたり、変換機の寿命が10年〜15年であったりするので設置後も多少の費用は必要になりますが、現在は設置された家庭は設置されていない家庭から電気料金の負担をしてもらって買取価格の方が高い電力料金になっているため随分お得な感じがします。

太陽光で発電した買取価格が高い為成し得る技ですが、金額で判断すれば10年ぐらいで設置されてた元本は戻りそうです。その後は太陽光パネルがッ寿命が来て発電してくれるだけもうけになりそうです。