CIMG6683




昨日は、完成前の口田のお家に行ってきました。
広島市はとても寒い日が続いていますが、家のほうは完成して、これから外構工事が始まります。

広島市内の建設業者さんは、消費税のアップの前に、大変忙しい状況で、内装の方や、建具屋さん、等の仕上げの協力業者さんは、仕事をこなすのに大変な様子です。



玄関のタイルは、少し白い色にして、清潔感を出しました。






CIMG6685




口田のお家の玄関の横には1坪分のクロークを計画しました。
シューズや簡単な洋服やゴルフバックなども収納できるようにしました。

L型に配置しているので、大工さんの頭を悩ましたことだと思います。

収納力たっぷりです。玄関には、靴以外にさまざまなものが収納されるので収納力タップリのL型の収納はありがたいです。










CIMG6686



玄関は、タモの敷台と取り付けて玄関の出入りを楽にしています。

床はボルドーパインの浮造り仕上げにしました。
ボルドーパインの浮造り仕上げは、これを使うまでは、靴下が破れるのではないか、掃除がしにくいのではないかと、いらぬ心配をしていましたが、滑りにくくお手入れも簡単で、とてもよい床材です。


木製建具は、ナガイさんのアルダーの建具を採用しています。
節抜けもありますが、それが味になっています。








CIMG6719



玄関を入ると、リビング階段がすぐあり、それを抜けるとLDKになりますが、今回はノーリツさんのビレイシリーズのシステムキッチンのピンクと黒を組み合わされました。

背面の食器収納の黒がとてもきれいでした。
ノーリツのキッチンや、浴室はショールームで観ると、あまり良い商品に見えませんが、実際に現場に搬入すると、とてもよい仕上がりになっています。

REDダウンライト照明を一列に配置しましたが、これもいい感じに明るさを整えてくれています。こちらは調光をつけて明るさをコントロールするようにしています。


LDKは壁も天井もルナファーザー+ホタテ漆喰仕上げです。壁のブラケット照明は、壁や天井に向けて光を柔らかにすることが出来ています。

DSC07205


和室は、室内の空気だまりを無くすように、欄間を設けていますが、開口のみで誇りのたまりやすい彫刻欄間は、取り付けませんでした。すっきりとした開口欄間は案外斬新なデザインになったように感じています。

畳もふすまぶちもオーソドックスな色にしましたが、それがまたよい感じになっています。


壁は、抹茶色のケイソード仕上げにしています。全てがオーソドックスの色合いですが、開口が広いのでこれまでの和室と違う雰囲気を醸し出しています。






DSC07204


最近広島市内の住宅では、和室を設えることが少なくなりましたが、ご先祖を敬う、施主さんの要望で、真の和室を造りました。真中は仏間になります。床の間は少し小さくしました。

最近はこのような和室を造る事が少なくなってきましたが、また復活させるようにしたいものです。


CIMG6721





ノーリツのビレイシリーズ綺麗で使いやすくできています。
オープンの間取りですが、換気扇は機能を優先して、2面が壁になるようにしています。

全面がオープンの換気扇は、吸い込みが悪く室内に調理の匂いを十万させる恐れがあるため、できるだけ2面が壁になるプランを選んでもらうように考えています。

料理好きな私は、デザインも大事ですが調理器具は機能が大事だとおもいます。






DSC07209


2階から吹き抜け越しに、キッチンを眺める事ができますが、圧巻の景色が楽しめます。

車好きの方が、ガレージの中を眺めたいと思うそれに似たものがあります。


洗面所の隣に配置した、品ランバーで造った箱はパントリーで、費用を抑えて大工さんに造ってもらいました。
便利にお使いいただけると思います。







DSC07208


夏のための風を取り入れるキッチンの少し高い窓は、下から開け閉めできるようなオペレーターがついています。



水栓は、手を近づければ、水を出すことも止める事もできます。

節水の機能でお水を節約することができます。










CIMG6744
ゴミ箱や収納が多くて使いやすい、キッチンです。キッチンは、みなさんそれぞれ使い方が違い、小さな要望が組み込まれていきます。
それに、オーブンや電子レンジや食器洗い機、ガスレンジなど機能もさまざまです。ガスレンジの場合。ピザの焼けるプレートがあったり、パンもご飯も魚焼き機がオーブンの役目もできるように工夫されています。

今回も5合のご飯もガスレンジで炊けるような釜も注文しました。


この写真をご覧になって、こんな開放的な家では、寒いだろうと思われる方も多いと思いますが、壁200mm
天井230mmの屋根断熱の断熱性能です。床下に設置した、4KWの床下エアコン1台で暖房を計画しています。暖房の電気代も僅かですみます。断熱あってのことですが、これほど開放的な家でも省エネで僅か1台のエアコンで暮らしていただけます。

少し手直しもありますが、もう少しで完成です。完成が楽しみです。

2月15日土曜日 2月16日日曜日 五月が丘の床下エアコンで寒さ知らずの家=新住協の全国一斉見学会を開催しております。カオル建設への予約必要ですが、その寒さ知らずの家を体験できる機会です。ご興味のある方はぜひお越しください。