今日の日曜日は、私たちの結婚記念日でした。午前中は三入南で新築のお客様の所で打ち合わせをさせていただき、午後からは4年前に新築していただいた宮島の対岸の青葉台のお家に行ってきました。

青葉台のお家は、新築の時少し窮屈な予算で床下エアコン暖房のお家を作らさせて戴いた事が記憶に残っています。新築をされる方の多くが、子育て真っ最中の方が多く、それぞれ厳しい予算の中でやりくりされています。

今日は先週キッチンの排水が新築時のようにスムーズに流れないと連絡をいただいていて、今日の訪問になりました。電話での話から、キッチンの排水の詰まりが原因だろうと推察していたので早速キッチンの排水部分の点検をしましたが、見事に排水管の中が詰まっていました。

CIMG6989
キッチンの排水の点検は、引き出しを引き出して、排水の接続部を外して点検しますが、蛇腹の排水管の中はビッチリと詰まっていました。よく流れていたなと思いました。

蛇腹の排水管を外して、中の詰まりを箸を利用して詰まっているものを取り除いて、それでも残っているものを、外の足洗い場で通水して取り除きました。

CIMG6990
排水管の詰まりは、よくある事態ですが、今回はぎりぎり私でも直せる範囲でしたから、費用は最小限でおさえる事ができましたが、もっと詰まってしまうと、詰まりの専門業者さんの出動となり、その場合高額な費用がかかってしまいます。

キッチンの排水の詰まりを防ぐには、油を含んだものは極力流さない事、時々暑いお湯を流してあげる事、又排水管の詰まりを抑制する重層等を含んだ薬剤を使用して詰まりにくくする事は有効です。ただし実際に詰まってしまってからは、掻き出す事が一番有効でしょう。

キッチンの排水は、その様に詰まりに対応するようにメンテナンスできるように設計されてはいます。それでも少し慣れていなければ出来にくい事でしょう。

4年の月日は長く新築の時赤ちゃんだった、息子さんは、年中さんになって今度年長さんになるそうです。若かった私は還暦です。(笑)

DSC07504

若葉台のお家は、バルコニーは無く、お洗濯はインナーバルコニーです。
私が提案する、お家は、お洗濯を干す所は部屋内にそのスペースを確保していますが、4年前でも写真のようにインナーバルコニーを提案しています。

朝干して、夕方に乾燥しているというサイクルで使われています。リビングと天窓と洗濯干し場のバランスが私にはとても嬉しい空間になっています。インナーバルコニー主婦の味方です。





DSC07505

床下の排水管 給水 給湯管の点検も簡単に出来ます。






DSC07510
床下エアコンで効率よく家を暖めてくれています。4年前と比べて最近は、もっと高断熱の家を取り組んでいますが、当時では、決められた予算の中で最大限考えて設計させて戴いた事を鮮明に思い出します。

予算の関係もあって、窓をアルミのタイプの複層ガラスとハニカムサーモスクリーンの組み合わせで設計しましたが、一時期窓が結露をして相談を受けた事もありましたが、今は換気を調整してもらって、殆ど結露しなく生活をしてもらっているとの事でした。安心しました。
DSC07499


吹き抜けの下のリビングルームには、手作りのコルクのメッセージボードに予定がビッシリ書かれていました。

子供たちが作った作品もあったりしてほのぼのとした雰囲気です。








DSC07500


子供たち用の小さな椅子と机が、なんとも可愛いです。
新築の打ち合わせの時は赤ちゃんそれから4年経つと、年長さんになります。あっという間に大きくなったなという感じです。









DSC07502

階段状になった子供たちの遊びものを入れておける収納家具はまるでジャングルジムのように遊びの道具としても使われていました。

少し危ない感じもするぐらいのものが、子供たちにとっては、魅力的なグッズになるのでしょう。私が見た目でもすぐれもの収納でした。

椅子にもなったり、ジャングルジムになったりする。この収納は子供が小さい時には便利な家具ですね!2組がシンメトリーに組み立てられていました。
以前私が設計した時はここは窓下に収納を提案しましたが、この方がよかったです。


排水管の詰まり&メンテナンスでお伺いさせていただきましたが、4年の月日の流れと、快適に暮らされている様子を観させて戴き 帰りには御彼岸も近いので墓参りもして ちょっと嬉しい日曜日の結婚記念日になりました。