秋晴れの心地よい空の下、瓦屋さんと雨漏りの調査に行ってきました。
こちらのお宅は建築後34年経過していて数年前にも、雨漏りをしたということで、その時も雨漏りの修理をしましたが、少し前の雨の強い台風の時に天井裏に雨が漏ったとのことで調査に行ってきました。
DSC00876
天井裏から漏れているところを確認して、瓦の谷の部分に水後があるのを確認して、大凡の雨漏りの場所を特定して、屋根の上に上りました。

私は久々の屋根の上で、靴の紐をしめなおして昇りました。
普段は靴ひもは緩くしていますが、屋根の上では確り占めておかなければ危険ですからね!

谷の部分からの雨漏りしていたので、その谷の部分を集中的に観ましたが、特にここから雨漏りしているというところは見当たりませんでした。


BlogPaint
屋根屋さんは、谷の部分の小さな穴も見落とさないように、水漏れか所を探した後、あちらこちらの平瓦を剥がして観ていました。そのうちの一部に、下地のルーフィングに水漏れの後のある場所を見つけました。

写真をアップするとわかりやすいのですが、ルーフィングが黒くなっているところが、雨水が侵入した後です。




BlogPaint

屋根の下り棟の所の、のしの瓦が、平瓦に接触していると、表面張力で、棟の下の土の所から、雨が入るとの説明でした。
まさかこんなことが原因で雨漏りがと思った私ですが漏れた後をたどるとその場所に行きつきます。

瓦の技能士の試験では、必ず勉強するところだそうで、瓦工事の基本だそうです。写真のように平瓦と接触している場所を3か所タガネを使って縁を切ってもらいました。


DSC00880
屋根屋さん優秀です。屋根の現調に行ったのに、すぐに雨漏りの原因を見つけて、その場で対処してくれました。
施主さんに、屋根からの水漏れの原因を説明させていただいて、直ぐに的確な処置をしてもらったので、屋根屋さんに施工してもらった今日の手間賃の費用は請求させてもらっていいですかと私の発言にも費用はいりませんとのことでした。

何度も屋根に上がったり下りたりして、1時間以上も調査して修理して本当にありがたいことです。


BlogPaint下り棟の、のし瓦を一部タガネで切り取り、表面張力を抑えるように縁をきった写真です。
これで、次に雨が降る時に、雨漏りの有無を確認してもらいます。
瓦の寿命的には、この瓦は建築後34年ですが、もう少しで寿命をむかえそうだとは感じていますが、まだもう少し頑張って欲しい所でもあります。耐震性も加味して、葺き替えるなら軽い金属瓦をすすめておきました。

本当になぜこんなところから水が入ると思う所ですが、実際に水の入った後をたどるとこの場所に行きついていて、当方も驚きでした。


この様な雨漏りを放置すると、木材は腐朽菌にやられたり、シロアリなどの食害にあってしまいます。僅かなことですが、この雨漏りの処置をしておくことはとても大切なところです。今日は判りにくい雨漏りであったため、経験豊富な屋根屋さんに同行してもらってよかったです。助かりました。

最後まで読まれた記念にポッチトをお願いします

広島ブログ

 
地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越しください