DSC01750

我が家の浴室と脱衣室の入り口は、玄関に通じる廊下の区画にありました。
玄関は暖房している区画外にあるので、少し寒さを感じながらお風呂に入っていました。

←写真では分かりにくいのですが、改良前で奥の扉がリビングへの入り口でその手前の右側が浴室・脱衣室の入り口です。

玄関のドアは断熱性能に乏しいスチール製のドアですので写真の廊下のスペースは寒いスペースになりそこが前述のお風呂への入り口なっていました。





P2200015
←改良後の写真ですが浴室より玄関側に扉を付け替えてもらいました。
たったそれだけですが、ドア枠がボンドで接着されていて、取り外すことが出来ず壊して新しいドア枠を取り付けてもらいました。壁が微妙に狭くなっていたため、建具も建具やさんに削ってもらって戸当たりも取り替えてもらいます。

ドアの位置を変える簡単に思える工事ですが、実は一番大変な工事であったようです。
その甲斐があって、今までは換気扇を回すと、寒い空気が入って来た浴室は、暖かさを確保するようになりました。

僅かなことのようですが、リフォームの場合、トイレとか浴室は断熱区画の内側に入り口を設けることは、大切なところになります。

今までの欠点を克服することが出来てよかったです。

最後まで読まれた記念にポッチトをお願いします

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越しください