昨日は一寸だけ大町西の家の完成見学会を開催させていただきました。
午前中はお施主さんも参加してくださって、ブログをご覧いただいたミントさんもお越し下さいました。

CIMG2095
今回の大町西の家は敷地面積25坪 延べ床面積(1〜2階の床面積合計)25坪の少しコンパクトの家です。

当方は沢山の家を建設してきましたが、このプランの家は私にはこれ以上変えようもないゴールデンプランと思っております。小上がりの和室からは階段下にテレビ、その小上がりから降りてもよくソファーもなくても快適な暮らしができます。小上がりの和室は本当に便利です。



CIMG2094

床下エアコンと掃除機置き場を一緒に設置したので、掃除機を出すたびにエアコンの掃除も出来ると施主さんは言ってくれました。

ミントさんは毎日のご自分の暮らしに置き換えてご覧いただいたようです。





CIMG2102
延べ25坪しかない住まいですが、そこにはあまりある空間も存在しています。そして蔦屋家電を彷彿するような本棚に驚かれていました。写真がないので以前のブログリンクしておきます。

換気による空気の流れ 台所の換気扇を回した時差圧式給気口の説明をしましたが、皆さんの興味は高いなと思いました。





CIMG2097
 来場の皆さんに床下エアコンや、換気による空気の流れを色々説明させていただきましたが、皆さん少し難しい話に耳を傾けてくれました。来られた方には一番安いエアコンをフィルター掃除のしやすいように接地している意味をもご理解いただいたようです。







CIMG2109狭小地の中にたつ住まいですが、ベルックスの天窓から2階〜1階まで程よい明るさを提供してくれます。

私は人が健康に暮らすには、室内の明るさと二酸化炭素で1000PPM以下の空気環境そして温度差の殆ど無い室内が最低限度必要だと思っています。それを実現しています。天窓は屋根に窓をつくるので雨漏りのリスクは増えるのは間違いのない事ですが明るさを提供するには最高のアイテムです。




CIMG2108

女性建築家のYさんは終了まじかに、素敵な車でサングラスのいでたちで一寸昔の映画を彷彿させるような登場でした。大工さん手造りのシナランバー家具に興味あるようでした。

塗装していないのと?の質問に、シナランバーに塗装してないように見えるオスモのナチュラルを説明しましたが、キッチンに使う家具を塗装しない工務店もあるようで、拭き掃除する為にも汚れ防止のためにもそれは必要だよねと建築のプロの話も弾みました。

 私も建築家ですが、建築のプロとして他の人と異なる共通する考えが私の心を喜ばせてくれました。建築を真剣に行うと他の人とは異なる、もの創りへの喜びが生まれます。建築そのものが楽しみに変化する変な人たちです。


CIMG2111


ミントさんから差し入れです。美味しいパンでした。有難うございます。








CIMG2110
見学会の外のインターフォンのそばにはカマキリさんも訪問していました。カマキリさんは言いました。『私も寒さ無く コンパクトで 心地よく明るく暮らせるこの家が良い』とね(笑)



最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください