CIMG2165


















↑この写真の我が家のCITIZENの温室時計は家のマークの上側が室内の温度・湿度でリモコンマークの下側が外部に設置したリモコンの温度・湿度を示しています。

 昨日FBで友達の方の投稿で石油ファンヒーターが登場していました。外が17.6℃ですから、一般的な家では、そろそろ暖房器具が必要になる季節になったのかなと感じました。

 暖房をしていない我が家の今日の出勤前の室内の温度23.2℃ 湿度62% 外部の温度17.6℃ 湿度80%です。雨降りの今日ですが室内では、まったく寒さは感じません。換気は3種換気ですが、給気口から寒さを感じないように工夫しています。

室温23.2℃−外気温17.6℃=自然温度差5.6℃になります。この自然温度差というものは、我々が生活することで室内に得る熱、人の体温 テレビ等の家電の熱 太陽光の熱 調理の熱などが 窓や壁や天井や床換気から外部に逃げる熱を差し引いたものです。実際我が家の今日の自然温度差5.6℃ということになります。

 我が家はマンション住まいなので、決して高断熱ではありませんが、中部屋で窓は2重窓にして換気は寒さを感じないような給気に工夫しています。マンション住まいの場合一般的に取り付けられている給気の方法では決して快適な暮らしはなしえません。当方は1年を通して窓を開け生活することは殆どありません。窓は開けないほうが一年を通して快適です。暖房は12月の初旬以後にエアコン暖房を入れます。

 当方の建設する戸建住宅の高気密・高断熱の木造住宅で南側窓で日射取得を得られる場合では12月後半まで暖房を使わない方もおられます。この自然温度差が大きくなるのが断熱性能等を表す指標になります。

CIMG2164



















↑今日も広島市は雨、最近はほぼ毎日雨が続いていて昨日の甲子園でのCS阪神対中日は雨の中の泥試合でした。我が家の小さな太陽光発電は殆ど発電をしていません。晴れると窓からの日射取得と太陽光発電と二つが合わさって私の心は豊かになるのです。運動会も野球も発電も晴れがやっぱりいいですね!

最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください