IMG_0210 
 掘り込みガレージを改装して、小さなアトリエができました。可愛くなるように、通販でテントも照明も買っていただいてそれもとりつけました。

 最初は西日対策ようにコンクリートの壁に庇をつけようと思っていましたが、布のものも良いかと思い、テントを付けました。パインの壁 白いドア レトロな照明 緑のテント それらが合わさって可愛くなりました。

 この完全西向きのファサードで、目指したのは強烈な西日を和らげることと可愛く見せること そして最小の予算で最大の効果を出すことです。





IMG_0232




白い扉に、レトロな感じの照明もいい感じです。

施主さんの趣味が具現化されています。














IMG_0223


 玄関のドアは外側は白のべた塗、部屋内はオスモのホワイトスプルス色の木目の見えるタイプにしました。上吊式アウトセットの建具にしています。私は最近アウトセット引き戸がお気に入りです。枠の消えた建具良いですね!

 もとのコンクリートのガレージのイメージを生かしながらのそれにあう雰囲気にしようと工夫しました。まだ壁に貼ったパイン材の色が新しいので、もう少し時間は必要かと思いますが、それを創造すると時を経てビンテージな味は出てくると思います。








IMG_0226




木製の配線ダクトを造って、そこに縦一列にダウンシーリングを取り付けてみました。LEDのダウンシーリング全体が一つの照明のような感じになりました。私のよく使う手法です。












IMG_0229



 既存のコンクリート開口に取り付けた樹脂窓です。下側は棚にしました。

 造ってみて周りの木の色を北欧色にするのも面白いだろうと思いましたが、今回は木の色で統一しました。


 施主さんはアイアンの装飾レールを用意されました。なんだかおもしろい窓になりました。この窓がお施主様の手によって装飾されるとどんなふうになるのか興味深々です。





IMG_0231





 エアコンのダクトや給気口の所は、コンクリートに新たに穴を開ける事を避けコンクリート壁にあいていた既存の開口を利用して、そこかにダクトを通しました。

 余ったところは棚をつけて収納にしました。これから飾りつけをされてどのように使われるのかも楽しみです。








IMG_0227





施主さんが買われていた、アイアンの棚です。この棚の下に作品を飾るのだと思います。













IMG_0233
 電気屋さんの配線は木製の配線ダクト以外は、電線表しとしましましたが、電気屋さんのTさんがあまりに綺麗に直線的配線していたのは、私には直線的な配線に違和感があったので、少し曲げてみました。私はこういうラフな建物には、配線ダクトも使わず、電線も真っ直ぐではなく、写真のようなラフな配線が良いと思います。皆さんはいかがですか?

 この配線だけでも議論をすれば色々ありそうです。人の眼というものは、それぞれ良いと感じるところが違って面白いものです。私がブログを書いていることを知っている電気屋さんTさんは『折角真っ直ぐに配線したのに社長が曲げた』とブログに買いてと私に訴えていました。

コンパクトな建物ですが、新人のI君が初挑戦したこともあり私にも愛着が増える工事となりました。


最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください