CIMG2630広島市は三角州と言って川からの砂が堆積して出来た土地です。
広島市には6本の川が流れていますが、その主流は太田川です。 平成26年の広島の豪雨による土砂災害以来広島市の護岸の低い所や川の水が逆流するところでは逆流しないように様々な工事が施されています。

写真は天満川の左岸の護岸嵩上げ工事ですが約4mほどの堤防の嵩上げ工事が施工されています。

右岸は既にほぼ完了していますが左岸の方はこれからのようです。

CIMG2631

一時はかなり汚れた天満川でしたが、最近はかなり綺麗になっているかなと思います。私の子供のころにはこの川でウナギもわなを仕掛けて捕っていました。

 一時汚かった川の水は最近は綺麗になりましたが、水はきれいでもその底の砂は以前のように綺麗ではありません。やはり泡の出る洗剤のせいで砂までは綺麗にならないのでしょうか?
我々広島市の旧市内に暮らすものは広島市の川の護岸の嵩上げは必要な工事です。この嵩上げされた護岸を超える大きな雨を降らさない気候になるように環境を壊さないようにしなければいけないと思います。

川は人が生きる上で暮らしを豊かにするにも必要なものですが、年々大きくなっている自然災害が牙をむかないように自然環境を壊さないよう洗剤一つの小さな事でも大切に自然を守ることが本当に暮らしを豊かにすることになるのでしょう。


最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください