洗濯を干す場所は毎日の暮らしの上でかなり重要な所です。

CIMG3163
 以前は洗濯を干す場所としてバルコニーを設けていましたが、最近は四季を通して部屋干し出来るように計画しています。意外にも南側に面する一番いい場所に それを計画することも多いです。


 写真のお住まいでは南西面に洗濯を部屋干し出来る場所を設計しました。まさに この家の一番いい場所が洗濯を干す場所になったように思います。春の心地よい午後の日差しが入っていました。


 あえてバルコニーは計画しませんでした。過去の建物は殆どバルコニーを設置していますが、当方が訪問すると、そのバルコニーは排水溝や排水ドレンに土が詰まっているなども珍しくありません。綺麗に整理されているバルコニーに出会うのはまれだと思います。




 又雨に濡れるバルコニーは20年後には、費用を投入して防水工事をやり替える必要もあり案外お金のかかる場所でもあります。その上最近はPM2.5や花粉症の事もあり、外に洗濯を干したくない方も多くなりました。冒頭に書きましたが洗濯を干す場所は暮らしていくうえでの優先順位の高い所だと思います。

CIMG3147

 3枚並んだ2階の縦滑り出し窓の部分が洗濯を干す場所ですが、窓の開閉は右左に分けて南・北からくるどちらの風でもキャッチするように考えましがそこを開けることはあまりないように思います。私も現在は窓を開けずに洗濯を早く乾かす事を考えています。


 夏の日射遮蔽とスロープと玄関の雨を防ぐ事を考慮してで出1mほどの長い庇も取り付けました。過ごしやすい気候の4月ですが既に日射遮蔽していることがわかります。


洗濯を部屋干しすると、日射遮蔽も日射取得もどちらも程よく行うように設計することが重要だなと感じた写真でもあります。




最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください