無題
 ビル内装工事の結露防止材料を検索していて、結露の代名詞だったアキレスさんのNDボード(現在はNDパネルといいます)私は最近は使った記憶もなく もう造られてないかと思ったら、施工方法が変わって造られていました。

←以前のそれとは全く異なる施工方法が書かれていました。
結露の代名詞時代だった工法はGLボンドを使ってGL工法という工法でNDボードを貼っていました。私も過去にはビル建築の多くをこの工法を採用していました。広島のマンションなどの現場でも多くの建物がこの工法で下地が造られていました。


接着剤施工法
 以前のNDボードのGL工法というものはNDボードとコンクリートの間に空気の層がありましたが、今はボンドでの圧着張りに変化していました。空気の層はなくなるという工法です。


 私も押入れの結露対策には、押出成形版の断熱材を接着張りして結露を抑えているので この工法なら結露を抑える事が出来るのにも腑に落ちます。


なおその説明書を但し書きまでよく読むと、NDパネルには以前のカビを呼んだGL工法も 下地組工法も可能だと書かれています。え・・・・と思いましたがそこには小さな字で↓注意書きが書かれていました。

※1 内部の結露を防止するために、躯体とNDパネル間の中空部に室内の湿気が回り込まないよう、パネル4周を密閉する配慮が必要です。






nd_panel_photo


ポリエチレンフィルム防湿層付炭酸カルシュウム紙が硬質ウレタンフォームの外側にあります。

確かにこの方法だと、部屋内で発生した湿気は断熱材側で抑えられるので結露を抑えることが理論上はできると私も思います。ただし実際の現場では電線も配管もあるのでそれからの湿気や冷気の侵入を防ぐことは必要です。



 私のこれまでの経験からこのNDパネルの商品とその施工法を分析すれば、一般的なプラスターボードをGL工法でコンクリートの外壁の内側に貼ったとしても、部屋内側に透湿抵抗の高い仕上げ材を使うか、部屋内側に防湿フィルムを張って木材など透湿抵抗の低いものを施工しても ※1の注意書きの通りに電気屋さんのコンセント等や床・壁・天井の接点からの冷気・湿気侵入を防ぐ工事を行えば、静止空気が多少の断熱性能を高め部屋内側の温度がコンクリートの内側表面に伝わり結露を抑えることになると思います。もう一つのポイントは出来るだけ室温がコンクリート表面に伝わるように空気層は少ないほうが良いと思います。

 当方の監督の佐々木のNDボードより普通のプラスターボードのGL工法のほうが結露しにくいという経験 アキレスさんの新しい施工法 私のこれまでの経験から腑に落ちた結露対策が生まれました。原点は気流止めと防湿層です。マンションの結露対策は私にとっても重要課題です。自分の思いを試してみたいと思います。

最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください