当方は長く建築をしていますが、自分が仕事をした建物や内装が出来上がると それが心地よかったり違和感だったりといろいろに感じ取っています。

IMG_2245 今回外装のリフォームをしていただいた所ですが、エアコンの室外機を狭い所に凡そ10段づつ積み上げていたブロックを利用して、狭い通路に敷きこみました。エアコンの室外機も土間のレベルを調整して、通路をふさぐように伸びていた南天も伐根しました。そのように整列をさせると、私の眼には違和感は少なくなります。

 以前の状態はエアコンの室外機のレベルは水平ではなく出入りもあって南天や草花もありスッキリしていない状態でした。
 些細な事かもしれませんが、写真のように整列されると、そこに花木は無くても心が落ち着くように感じる空間になりますが、乱雑に物が並ぶと違和感は増えてしまいます。そういった違和感を消すのに、花であったり木であったりという生きているものがあれば其方に注意を注がれ、その違和感は少し解消されてきます。

 花も木も大切な要素ですが、それと同等に整列というか見た目すっきりとしているということも大切な要素だと思います。ブロックやレンガをいつか使うという観点から乱雑においてあると、人の目には違和感として映ってしまいます。そして心は落ち着かずザワザワします。


IMG_2243
 今回ブロックの塀に取り付けたエアコンの室外機ですが、建物とブロックの間の隙間が少ないので、かなり工夫して、室外機のファンの性能を妨げないように狭いながら適切に距離をとり、水平と出来るだけ強度不足にならないように取り付け、天端に打ち込んだボルトの廻りもシールして、私の目では違和感は感じられれないように取付出来ました。

 違和感というものは人によって感じ方は異なりますが、例えば毒キノコを観て違和感を感じ、食べれないと認識している人もおられるし、違和感ではなく誘われるように美味しそうに見える人もおられます。違和感は経験からくるものも多いと思います。

 私は仕事の上で違和感を感じる事は出来るだけ解消することに努めます。それはこれまでの経験からくるものですが、私の違和感はデザイン的なことや構造や性能的なことの不条理と感じる事が多くこれまでの経験を通しそれを感じているようだと思います。

 違和感というものは、時に前向きな行動の妨げにもなります。行動の妨げになる違和感には立ち向かう方が人生は開けるのだと思いますが、解決出来る違和感は先におきる問題をその時点で解決することにも繋がります。


 私にとって違和感を感じるものは、色々な意味で改善が含まれていることが多いものです。その改善点が解ると少し嬉しいものです。ぼんやりと感じる違和感や行動を妨げる違和感にはこれからも立ち向かおうと思います。

最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください