IMG_2251
 トラックの前の少し空いたスペースに自転車を置けるような屋根のあるテラスを取り付けてもらいます。一寸した目隠しも意識しています。

 記事タイトルとは別物ですが隣の細長いほぼ100坪の土地は、約1億円で売り出されています。土地の値段は最近の広島市の平地部は上昇傾向にはあると思いますが、この細長い形状でその価格は高いとは思いますが売地の少ない場所ではあるので実際いくらで取引されるか興味深々です。




IMG_2252
 朝早く設置のための打ち合わせに行き、夕方に再度訪問しましたが、まだ完成までには、時間がかかりそうでした。出来るだけ予算を抑えるように屋根の形状は敷地に合わせるのではなくオプション無しの直角しましたが、坪単価の高い所ではもったいないような気もします。坪単価100万円は車を置くスペースが約3坪位なので その土地代は約300万円かかることになります。ちょっと考えると車とガレージの土地代が同じぐらいと複雑な気持ちになります。(笑)


 住宅地としては価格上昇は出来るだけ抑えたいとも思いますが、売る時は高いほうが良いですよね!安倍政権下では土地価格の上昇は嬉しいのでしょうが、上昇を続ける土地の価格は恐ろしいように感じます。

 屋根のある自転車置き場、色を何にしようか色々考えましたが、建物の色に合わせると濃茶ですが軽やかなイメージのシャイングレー色にして良かったと思います。手慣れたエクステリア屋さんですが、こういう小さいものでも大きなものでも同じように手間がかかります。それは部品の点数が同じぐらいあるからでしょう。このように小さなテラスでも昨年の12月の下旬に打ち合わせして採寸し、注文しやっと完成します。どんなものでも手間暇かかるものです。

最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください