IMG_2374

  高松での新住協の中四国支部の勉強会の時宿泊したホテルは高松空港アパホテルでした。外観の観たい方はストリートビューをリンクしておきます。

 少し調べると高松空港グランドホテルをアパさんが買取してアパホテルにされそれから改修されているのかなと感じましたが、色々と面白い事を発見しました。

 アパホテルの運営の方法はユニークですが それと同様にホテルのリニューアルの方法が私には実に興味深いものでした。

 外は結構古いホテルですが、室内は新しい雰囲気でベッドもセミダブルで綺麗でした。曜日にもよると思いますが、この部屋水曜日の素泊まりで4000円以下でした。





IMG_2372



 1116の少し小さめなユニットバスですが、最近取り換えられたものだと思います。サイズより新しのが清潔感があっていいという事がわかります。

 カランは混合栓で蛇口で温度調節が出来るタイプのものでした。想像するのにコストを抑えた商品を導入されたのだと思います。想像するに給湯機は家庭用のガス給湯器を使っている可能性もありそうです。

 清潔な感じがとても良いです。また最上階に大浴場の温泉施設もありました。早朝に行きましたが、私一人でした。部屋のタオルを持ち込まずそこにタオルは一枚も無く、結局テッシュペーパーで髪と体を拭くことになりました。(笑)





IMG_2377
 私が最も興味深かったのは、ホテルなのに壁かけのルームエアコンが設置してあるのにはとても驚きでした。一体室外機はどこという事、設置の仕方が巧みで配管はどこにも見えません。

 一般的なホテルは、ルームエアコンを使っている所は少ないと思います。又カーテンボックスとエアコンのダクト隠しを同時に行うディテールは私も改修の時行いますがいいアイデアです。




IMG_2379


テレビはbedから観る事を意識して丁度良いサイズのものが壁かけで取付されていました。左側の黒い所は柱の所でテレビの後ろの黒いアクセントは配線スペースだと思います。

洋服掛けは、スペースを他に取るためか、いわゆる箱型のクローゼットは用意されていません。



 【ホテルで必要な物・事】 チェックイン カードキーで鍵を開け電気を付け入室 持ってきたものを置く、着て来た服を脱ぎそれをかける、風呂に入る、寝具に着替える、座ったりして体を乾かす整える、ベットでテレビを観たり寛ぐ 中には仕事をする人もいる そして寝る 起きる シャワーや風呂に入る bodyやfaceを整える 朝食をする 荷物を整える カードを抜き扉とカギを閉め電気も消す チェックアウトという流れでしょう。

 そしてそういう流れで【ホテルで嫌な事】 部屋が乾燥する、ルームエアコンの風が当たる、エアコンの温度調節ができない 冷蔵庫の物が有料、水ぐらい無料して欲しい、寝る時に電気の入り切り調整が分からない、洋服をかけるのが面倒ボックスの外にも洋服かけを付けておけばいいのに、カギが古いタイプでチェックアウトの時電気を消したかどうか定かでないとか面倒。

このアパホテル古い建物ではあるが前述の嫌な事がほとんどありません。私は建築屋として素晴らしい改修工事例だと感じました。概ねノウハウは解かりましたがよく考えられていると思います。古いアパートを新しくリニューアルにするときにも使えそうです。ホテルに宿泊しただけですがよい体験と気づきをさせていただきました。


最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください