これから、2階だけの断熱と耐震の改修工事をおこないます。耐震と言っても特殊な構造で1階が軽量鉄骨で2階の荷重を受け持っています。1階の改修をしないので、全面的な耐震改修工事にはなりません。私が考えていることは、2階のみの工事になりますが、重心と剛心をほぼ合わせる事 床 屋根の剛性を確保する事、2階のみ耐力壁の確保という工事をします。予算が許せば1階も強化したいと考えています。

61980016_2336058500053717_5313795570823856128_n - コピー


早速解体して現れたものが柱を大きく欠損させている、廻縁欠きです。昔の大工さんが和室を造る際仕事の面倒な廻縁を納めるのに、構造のことなど殆ど考えず仕事がやりやすいように柱を大きく欠ぎこんだものだと思います。ここまで欠ぎ取らなくても仕事は出来ると思いますが柱の多くがこのような状態です。






61980016_2336058500053717_5313795570823856128_n

当然と言えば当然ですが、断熱材は何も入っていません。
筋交いの金物も 水平構面を構成する火打ちも僅かしか入っていません。ラス板も野地板もいい加減な材料で施工されています。こういう建物を観ると、これを施工した大工さんの資質や、その時代の背景が頭をよぎります。

とはいうものの、これまで私がかかわった改修工事の現場は殆ど同じような状況です。廻縁欠きがあると金物も打てない状態です。




62113410_330497964512109_5985345425886937088_n

今回の改修工事は、殆ど全面を改修するので色々な補強が出来ます。現行の基準を加味して、出来るだけ安全に安心して健康的に暮らしていける家にしたいです。

そのうちの僅か一つの問題点ですが廻縁欠き、これを何とかしなければ地震時に柱を引き抜く力が発生した時にそれを止める事も出来ません。





IMG_0609


以前行った例ですが、床用の針葉樹合板24mmにあうように柱を削りそこに、根太ボンドを使い柱面にあうように針葉樹合板を貼り付けそこに引き抜きのホールダウン金物を取り付けました。梁を大入れするときにも使える工法だ後思います。当然ですが梁と柱や梁と梁の引き抜きの金物も必要です。


改修工事は様々な状況が起きます。手間は最小限で効果は最大限という事を私は念頭においています。今回の現場では殆ど解体したので自由度は増しますが、耐震改修では出来るだけ壊さないのがコスト削減の方法です。お預かりした費用を有意義に使いたいと思います。






最後まで読まれた記念にポッチトをお願いします。

広島ブログ


 地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください。