CIMG6553 - コピー
断熱改修工事が進行中です。屋根は瓦が古く、それを撤去して軽いガルバリユウムのタテハゼに変えます。家の屋根を軽くすのは、耐震的には少しですが効果はあります。

断熱に熱心に取り組まれる会社さんであれば、冬省エネで寒さを殆ど感じない家を造るのはそんなに難しい事ではありませんが、建売住宅のように、大量に家を造ることで経営を成り立てておられる会社さんでは、それは取り組まない工事であることを一般の方も知っておられたほうが良いと思います。



CIMG5484 
そのように断熱に拘られる会社さんでも難しいのは屋根の表面温度が60℃超える夏に、室温近くの28℃位の屋根断熱下や天井断熱下の温度にすることが出来る会社さんは少ないと思います。窓を開けると涼しいと感じる家はある面夏対策の出来ていない家だとおもいます。

 暑さ対策をされた高断熱の家では、6畳用ぐらいのエアコン1台でも家中を心地よく涼しくすることができます。これは建築を構成する構造や窓や断熱や庇等による効果的な日射遮蔽そして躯体を熱くしない移動する空気を効果的に使う事等が必要です。これは劣化対策の手法を夏対策に応用するなどの考えを具現化する必要があります。

 技術的には、かなり様々な事を組み合わせしますので、家を建てようと考えておられる方は、夏にその会社の建てられた家に訪問されて、何台のエアコンが動いていて、どのような暮らしをされているのかを体験されると、家の暑さ対策がどれぐらいできているのかは解ると思います。

 暑さ対策の出来ている高断熱 高気密住宅はこれまで暮らしている家とは想像がつかない位違う住み心地になっているものです。



CIMG6570

 この写真はアミパネルという一寸不思議な材料を屋根の下地につかっているものですが、通気層を確保することと、屋根を覆う下地の板が杉の板でできていることで、合板より結露を防ぐ事や、暑さに耐える力があるので私はこれを採用しています。

このアミ状のパネルの間を空気が通りその動く空気で暑さを防ぐようになります。夏に空気を動かすのは扇風機で体を冷やすのにも似ていて建物を冷やすのにも役立ちます。外気温が高く暑くなればなるほどこのアミパネル内の空気は動くようになります。外気が暑くなればなるほど室内は涼しく感じるようになるのが面白いところです。

 このアミパネルという選択肢は、これしか選ぶものがないというものでは無く、一つの選択肢としてとらえてください。ほかにもいくつもの選択肢はありまが、夏に涼しくしたいときは、屋根+壁を通して動く空気の層である通気層というものが、とても役に立つものと知っておいてください。

又遮熱シートは全く役に立たないとは申しませんが、通気層の中が輻射熱で暑くなり、その空気を動きやすくする程度で、太陽の熱を遮熱する効果は直接太陽の日に当たっているときと、直射日光の当たらない通気層の中では随分と異なります。日に当たっているとき温度が20℃下がるとかの効果は通気層の中ではありえませんので、それよりも断熱材の施工をきっちりとすることや通気層が正常に働いている施工をしていることの方が暑さ対策と劣化対策には必要な事です。遮熱シートを使うと室内が涼しくなる等、間違ったことが大手を振っているので、それに振り回されてはいけません。

大事なのは、断熱の施工をきっちりすること、外壁や屋根の通気を確実に行うように通気層の施工をきっちりとすること、効果的な冷暖房の方式をとること、窓の性能を把握してそれを方位を考慮して配置すること換気のことなどを組み合わせる事です。