先月の晴れた日に樋から水が落ちるというような現象があり、高架タンクに異常があると判断し設備の業者さんと2人で昇りましたが そこにはカラスが巣をつくっていて私も設備屋さんもカラスに首のあたりを何度か襲われました。

CIMG6642

広島市にカラスの駆除の許可書を提出しその後駆除の業者さんに来ていただいて、やっと高架タンクの修理をすることが出来ました。修理の後はすぐに高架タンクを綺麗に清掃してもらい安心して綺麗な水を使っていただけるようになりました。







CIMG6637

カラスは樋の中にも小枝を沢山入れているようで、それが原因で、フロート弁が壊れオーバーフローした時に樋から水があふれていました。

 今回の高架タンク内のフロート弁が壊れていて、常時ゆっくりと 上水を供給するような状態で、そのためにビル全体の水の使用量の少ない時はオーバーフロー管から水があふれ 樋に流れた水が樋が詰まっていたため排水されずに樋から溢れていました。また土曜日 日曜日等上水の使用量の多い時は高架タンクの水が足りなくなり断水をおこす現象になりました。私も長く建築をしていますが、晴れた日に樋から水が溢れるという初めての経験でした。


CIMG6645
今回フロート弁を新しいものに交換して、高架タンクの中も清掃し、詰まっていた樋の中のゴミも取り除くことが出来ました。

これで断水することも、オーバーフローすることも、これからの雨降りに樋から雨水が溢れることもなくなりました。

カラスがヒナを育てていたことで、修理に時間がかかり住民の皆様には断水もしてご心配をおかけしました。



CIMG6634

カラスが新たに巣をつくると困るので、駆除を行っていただいた業者さんは、巣をつくらないように配慮してくれているので同じ場所に新たな巣をつくることはないと思います。

ただし他の場所に巣をつくる可能性は否めません。








CIMG6653

高架タンクを清掃していただいた業者さんは清掃後も丁寧に何度も水を流してくれていました。タンクの茶色いのはタンク自身のFRPの色です。

これで最も重要なライフラインの水が供給できるようになりました。








CIMG6656

清掃完了後には、高架タンクにカギをかけ、危険な作業ではありましたが、無事に作業を終える事が出来て良かったです。

カラスと、人間の共存は両方ともハードルが高いと感じました。




今回の私のブログは、入居者の方にも読んでいただくように書きました。

ライブドアブログ 『快適な暮らし応援隊』 http://blog.livedoor.jp/berone/