IMG_3690

岡山のナイスさんのイベントに行って木材を大人買いしてきました。

 ←写真の木材は、次の新築の内装に使うアッシュの荒板です。これを求めるのが目的で訪問して購入しました。 木材は小ロットで買うとどうしても高くつくようになります。当方のような町中の工務店では、倉庫の確保が難しくこのバンドルで仕入れた材料は、木材を加工してくださる協力業者さんで預かってもらうように頼みました。




IMG_3689
←写真はアッシュの燻製仕上げ材です。チーズや卵を燻製にするように木材を燻製されたもので、中まで同じ色だということで、小ロットで買って一度使ってみることにしました。主にウッドデッキの床材には面白い材料だと思い買いました。

ポプラの燻製材もありましたが、ポプラは柔らかい木なので止めました。ポプラの方が安かったです。

もう着色は不要ということと、燻製してあることで、耐久性が増すそうです。





IMG_3691


タモの500×4200×25mmの集成材を10枚ほど買いました。

購入したものは、写真の3点ですが現地に詰める会社さんに価格は交渉して求めましたが、これだけ購入すればそれなりの金額になっています。大切に使わなければと思う所です。

この材は会社のガレージでストックしておきます。



↑ここまでは、ストックしておいて小出しで使う材料です。私の記憶のための記事でもあります。


その他色々良い材料が安くありましたが、すぐにいる材料ではないので、必要な時に買う事にしました。

IMG_3694



長野県の征矢野建材(株)の国産栗のフローリングです。




















IMG_3697

しなの栗のグレードが様々に商品化されていました。
私は木材には節はあるものという考えですが、節の嫌いな方もおられるので、様々に選別されています。節が少なく小さくなると価格は高くなります。










IMG_3705


面白いと思ったのはオークの、節あり材です。これぐらいラフな仕上げの方が私は好きです。死に節はパテ処理で埋めてあります。これはオール無垢材ですが、三相の材料もありました。

無垢材といえども、様々に工夫されて商品開発されています。








IMG_3692




アカマツのフローリング材です。長野県産材です。


その他ロシアのカラ松もありました。














IMG_3707


その他銘木材も多数展示されています。欲しい時には探すの困る材料たちです。

名刺だけもらって帰りました。
















IMG_3706

構造材も羽柄材も沢山展示してありました。ロシアの木があちらこちらに目立つようでしたが、それも時代の一端でしょう。


早朝より岡山の西大寺に出かけて、お昼までに広島へ帰りましたが、たまには木の顔を観るのも良いものです。

この木は良い木だと言いますが、それより私はその木を扱う会社のおやじが木の良し悪しを知ってそれ+良い気だの方が好きですね。それを感じさせるおやじもおられました(笑)