快適な暮らし応援隊

住まいは暮らしそのものものです。健康に暮らせる住まいに拘り、住宅創りの仕事を通してチャレンジした事を日々の私の楽しみをお伝えします。 又学生時代から続けているレスリングの事や趣味の料理の事もお伝えします。

男の料理

 健康に毎日を楽しく暮らすことは、誰もが願っていること。 寒さ暑さ湿度によるストレス少なく 良質な空気 適度な太陽光の日射を取得する住まいに暮らす。そして毎日の健康になる食事 健康を助ける活動量の最低3つがそろって、健康で楽しい暮らしは実現します。 3つをそろえて健康で楽しいを生涯にわたり貫き、楽しく愉快にPPK(ピンピンコロリ)を実現したいものです。

イタリア料理教室


IMG_1893

 12/17はイタリア料理教室でした。
キノコのリゾット生ハム包です。

 バターを溶かし痛めた玉ねぎにキノコを入れ再び痛め、洗わないお米を入れて白ワインにお水をいれ煮込みます。火加減が結構難しいです。小西先生に煮込み方教わりましたが、焦げてしまい混ぜてはいけないのに混ぜてしまいました(笑)

 「火加減は沸騰の泡が満遍なく行きわたること、途中温めたブイオンを適量を数回に分け差し入れながら煮込む。途中も 仕上に生クリームとチーズをいれてからも混ぜてはいけません」と先生のお言葉ですが守れませんでした(笑)








IMG_1904

 リゾットを生ハムで包みます。

我々のリゾットは前述の事で少しお米の芯を感じるリゾットになりましたが、それはそれで旨しでした。

塩は全く入れません、生ハムやブイオンの塩気で十分な塩分です。






IMG_1905

 クルミ等を牛肉で巻いたインボルティーニのこれも写真は忘れましたが、破れないように隙なく巻く 巻き込みのコツがあります。ニンニクをオリーブオイルで炒め香を付け、白ワインとトマトピューレでにこみみソースを造り、その中にインボルティー入れ煮込んだものを 耐熱皿に入れアルミホイルで蓋をして二オーブンに投入です。人参も散らしてます。





IMG_1899




 広島クッキングスクールの夜のコースは振舞われるワイン等のドリンクが料理の途中から振舞われるます。

 何しろ料理をつくりながら南イタリアの渋みの美味しいわいなので、結構ワインが進くんです。(笑)


 教室の皆さんの笑顔が美味しさを物語っているでしょ。










IMG_1906


今日の2品はボリューム満点でした。私は牛肉包は半分お土産にしました。今日も千鳥足で市電に乗って帰りました。









最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください







4月のイタリア料理


IMG_0192

4月23日(月)はイタリア料理教室でした。一寸バタついて遅れて投稿です。

今日は肉料理でしした。『豚フィレ肉の包み焼きコートレット風』


もう一品は『イチゴとマスカルポーネチーズのリゾット』でした。


教室が終わって千鳥足で帰るとき気が付きましたが、小西先生は春の花をイメージしてのイタリア料理だったと思いました。






IMG_0195



小西先生の造られた豚フィレ肉を叩いてのばして包んだもの


 この叩いてのばした豚フィレ肉の中にはチーズを生ハムで包んだものが忍んでいます。先生はお肉をのばしたり 包んだり たたんだりして色々と工夫されています。












IMG_0194


今回我々生徒が作った、豚フィレ肉で包んだもの


明らかにこちらの方が火の通りが良くて旨そうだ・・・・・冗談ですが努力しましたが先生のように しっくりとなりません。














IMG_0196



上の豚フィレ肉さんのいわゆるオーブンの寝床となるトマトソースです。トマト好きの私にはたまりません。私的には先生の言われるより多めのオリーブオイルを入れたくなりますが。先生の指導の通りに作ります。


このトマトソースを寝床にしてその上に重ならないように豚フィレ肉が鎮座して、オーブンに投入されます。









IMG_0197


いつものパターンですがオーブンで焼いている間もう一品の
イチゴとマスカルポーネチーズのリゾットをつくります。

無洗のお米をオリーブオイルで炒めるところから始まります。リゾットはお米は洗わないほうがおいしく出来るそうです。












IMG_0203





なんとイチゴがたっぷり入りました。私はイチゴのリゾットは初めての体験です。














IMG_0200







美味しくな〜〜れとおまじない!













IMG_0207




出来あがった『豚フィレ肉の包み焼きコートレット風』

『イチゴとマスカルポーネチーズのリゾット』です。

コーレット風わからなかったのですが調べれると、トンカツの原点のようなものでした。皆でワイワイと反省会をしながら先生との違を話しました。美味しかったです。











IMG_0201


私の一番の楽しみです。今日はイタリアのスパークリングワイン 『カーサ ゲラーのキュベ(CUVEE)』です。先生が依頼されたものなのかな??

先生のこだわり料理にもワインにも現れます。 














IMG_0202




酔っぱらいの私はこれを3杯もいただきました。
スパークリングワインは飲みやすいけど結構こたえます。
いつもより帰りには千鳥足がふえました。


来月は5月28日です。その日も楽しみです。











最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください


大根餅いただきました。


IMG_0717












当方のお客様から大根餅をいただきました。私は初めての食べ物ですが、大根をすりこぎ等でたたいてつぶしたものと小麦粉を混ぜたものに野菜(キャベツ・ネギ・ほうれん草)や干しエビ等を混ぜて焼いたものです。もちもちして本当にお餅のような食べ物でした。


結構なおいしさで、おなか一杯になりました。大根と小麦粉という普通考えられないような組み合わせが新鮮に感じる食べ物でした。薄味で減塩で健康にもよさそうです。ワインもすすみました。


最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください















キッチンの調理器具について

DSC09054
キッチンにはとても大切なものが沢山あります。シンクに湯水が混合されて吐水される蛇口、浄水器、換気扇、シンク、様々なシンクや調理器具下の収納、家電収納、食器洗い機 食器収納等思いつく事を列記しても数えられない程のアイテムがあります。


又シンクには3Dシンク4Dシンクなど洗いものの深さを調整できるシンクもあります。写真は調理のスペースを水切りで広く出来るように工夫されています。

又湯水の混合栓も手元で止水出来節水が可能になるように工夫されてきています。




DSC09061

そして忘れてはならないものに、調理器具があります。
数年前は、電磁調理器を選択される方が多かったのですが最近は、ガス調理器も増えてきています。

写真はガス調理器具ですが、デザインも機能も素晴しいですね、料理好きな私もワクワクするようなガス調理器具でした。

最近のガス調理器具は、バーナーの中心に温度センサーがあり高温になると、ガスを止める機能までついています。実際は調理をする際には邪魔になる事もありまが、安全が最優先になります。


DSC09062

これはリンナイという、メーカーのガス調理器具でした。

そのリンナイでは電磁調理器とガス調理器が組み合わせ出来るものも商品化され、海外の調理器の考え方も導入されてきていると感じています。リンナイのホームページをリンクしておきますので、ご興味のある方は参考にしてみてください。


調理器は、ガスが良いとか、安全とその使い易さから電磁調理器が良いとかありますが、これまではどちらかしか選択できなかった時代から、大きく舵を切ったと感じられます。




DSC09063
毎日使うキッチンは、とても大切なものです。

冒頭にも列記しましたがシンク、混合水洗、調理器具、換気扇、鍋・食器・家電等の様々な収納、食器洗い機、浄水器、天版、調理に対する照明器具、換気の空気を取り入れる為の給気口その取り付け位置、掃除のし易い壁一寸思い出して列記しただけでもこれぐらいあります。

料理好きな私の好きなTVで速水もこみちさんが演じる、もこずキッチンのように男性でも調理をする時代に変化しています。男性の好みと女性の好みは異なる部分もあり、これからもキッチンは変化を続けるでしょう。

キッチンは高価なものでが、設置されると、20年以上使われるものです。色々なシュミレーションをして耐久性や換気扇や調理器具は、10年を過ぎたごろ取り換える方も多いです。その取り換えの容易さも包含して選びたいものです。







頑なに守る すずめの中華そば 

久しぶりに広島市の観音に店を構える 中華そばのすずめさんに行ってきました。

すずめのマスターは、私とは小学校の同級生で、子供のころからの長い付き合いです。

DSC_0044

2代目の彼は、お父様が築いた味を頑なに守ろうとしています。親父の造っていた中華そばの味を再現する事に全精力を上げています。親父の味を再現しようと毎日の作業を徹底して工夫しています。

昔の豚の骨からは美味しい出汁がとれていたが、今は産地を指定しても昔のようなだしになり難いと話していました。大きな寸胴鍋で沢山の野菜、沢山の豚の骨を徹底的に煮込んで2日間かけて造り出す中華そばのだしには、私は余計なものは入れないで、シンプルに固めの麺とラード抜きでと注文します。

ラードを入れないと、甘みとコクが少なくなりますが、元来のスープの味が味わえます。彼の苦労話を良く聞く私には、その日の骨から出た、だしの味がラッキーだったと思えたり、今日は少し不発だなと感じたりそれが楽しみの一つになっています。

今日は本当によく出た出汁でとても美味しかったです。ラードの無いスープは、最後までいただきます。今日の美味しさに感謝です。余計なものを使わず素材の旨みだけで勝負してくれる彼の中華そば私は大好きです。


DSC_0045



老化よ止まれ!

日曜日は、妻は友人と1泊の旅行にいています。私はお客様の所へ訪問したりして仕事をしていて夕食は美味しいラーメンでも食べに行こうかとも思いましたが、久々に自分で料理を造ってみました。

DSC05939

大根や蒟蒻や里芋を、トマトジュースで煮込みました。味は和風味に、隠し味に味噌を入れました。
冬の季節は大根がおいしいですね、最近はトマト鍋とかをテレビでも宣伝していますが、特にトマト鍋のもとなどは必要ないと思います。トマトジュースとオリーブオイルで十分美味しいトマト鍋やトマトの煮込み料理、簡単にできます。

お気に入りのお酒、件の山田、やはりあけるときはプシュという音がしました。美味しいです。

最近は食べる量が少し減っていて、鳥のもも肉は大きすぎました(笑)大根は下ゆでの時間が不足して少ししゃきしゃきした感じが残りましたがそれはそれで美味しかったです。

健康の為には、緑黄色野菜が必要ですが、冷蔵庫のトマトジュースは調味料という感覚で使っています。体の老化を遅くさせます。老化よ止まれ(笑)

僅か一日ですが、一人での夕食でした。一寸・・・・・・でした。




NPO法人新住協は1年を通して極寒の時期である
2月4(土)〜2月5日(日)全国一斉住宅見学会を開催します

実際に高断熱住宅に住まわれているお住まいを見て体験できる機会です

詳しくは NPO法人新住協  カオル建設(株)  リプラン それぞれのホームページをご覧ください。



九州の美味しいもの!

広島の三越で大九州展を開催していることを、テレビで知って成人の日の今日行ってみる事にしました。
九州と言うと私の頭の中の美味しいものは、博多ラーメン、辛子明太子、鯛茶ずけ、もつ鍋、さつま揚げ、そして芋焼酎等が思い浮かびますが、北海道の美味しいものと比べると少し少ないかなとも感じていましたが、二人で出掛ける事にしました。

今日が初日と言うこともあり、大勢の人で賑わっていました。麺好きな私は、博多のだるまラーメンが食べてみたかったのですが、並んでいる方が多く断念して隣の黒・紋と言う黒まぐろのお店の席の席が空いていたので、そちらの方に行ってみました。

DSC05787

鹿児島から来られた黒まぐろの専門店ようです。職人さんがひと時も休まずに、まぐろを刺身にさばいていました。のれんの後ろに沢山の人で賑わっている様子がわかるでしょう。
DSC05785
1365円の黒まぐろ丼です。私たちは、すでに色々な店で試食を沢山したのでお腹も膨らんでいて、少し恥ずかしかったのですが、二人で一つの丼を半分ずつに分けて食べる事にしました。

3種類のまぐろのネタが丼にのっていましたが、霜降りのところより、赤身の所の方が私には美味しく感じました。すし飯のお酢の味が黒まぐろと鹿児島の甘口醤油の味とよくあっていてとても美味しい丼でした。

博多だるまのラーメンも美味しかったと思いますが、十分満足の黒・紋の黒まぐろ丼でした。
黙々と黒まぐろをさばく職人さんに、美味しかったですよありがとうと言うと、最高の笑顔で応えてくれました。

北海道展でも美味しいものが食べれましたが、九州展では様々な商品が美味しく工夫されていて、さつま揚げ、漬物、麺、スイーツ、鶏の炊き込みご飯、魚や肉の加工品と妻は北海道のものより美味しいものが沢山あるといっていました。

私は試食で食べた、島原の細うどんと出汁がとても美味しくて興味がありました。

さつま揚げや、鳥の炊き込みご飯を夕飯用に買って帰りましたが、温めずにそのまま食べましたが、その方が美味しかったと思います。美味しい加工食品は、冷えても電子レンジなど使わないようにして、そのままが美味しいようです。

さつま揚げは冷蔵庫で冷やすと、極端に味が変わりました。出来れば常温で保管する方が良いのでしょう。

日本には、地方、地方で美味しいものが沢山ありますが、それぞれの美味しいものを集めてくれる、デパートのうまいもの展は、次も私の足を運ばせる事になるでしょう。

男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ 




すずらん亭でラーメン 麺 談議

お正月から早いもので、今日はもう7日になりました。今日の私は昨年行った広島市レスリング選手権の、広島市に提出する報告書の作成と、今月21日〜22日に行う広島市指導者要請講習会の申請書や案内を朝から夫婦で夕方遅くまで格闘しました。

スポーツの活動をすると、広島市や広島県から活動の補助金が出ますが、それをもらうにはたくさんの書類を提出するようになります。殆どの競技団体の方で担当される方はボランティア(無報酬)で大変な思いをされているのではないかとおもいます。

7日の今日はお昼には母が7草粥を作ってくれました。7草粥とは、本当にお粥が食べたくなる時に食べるお粥ですよね。

お正月の料理も少し胃の調子を崩すぐらい沢山食べたので、私たちは5日の夜は紙屋町にできた話題の一蘭のラーメンを食べに行き、昨日の6日には、どなたかのブログを観て八丁堀にある、すずらん亭のラーメンも食べてみたくなって出かけてきました。
DSC057832階にあるすず
らん亭のファサードです。夜は一寸怪しげな感じがいいですね。

一蘭のラーメンは、一度家族で夜中に行った時は、とても長い行列だったので、その時は諦めて帰ったので、期待を大きく持ちすぎてしまって、とても美味しいスープでしたが、もう一度行ってみて、今度はあっさり味にして麺を普通にしてみようかと考えているときに、どなたかのブログですずらん亭の事を発見してしまい行かせてもらいました。

私たちは、薬膳塩ラーメンとすずらんラーメンを頼みました。作る様子を見ていると、様々な調味料を巧みな手さばきでブレンドされたり、厚めのチャーシューを焼かれてみたりしてこだわっている様子がうかがえました。

私はすずらんラーメンでしたが、魚介系の美味しいラーメンで、妻の薬膳塩ラーメンはまるでオリーブオイルを使っているような、アッサリしていても複雑な味のする美味しいラーメンでした。どちらも白い器に綺麗に盛られた創作ラーメンでブログで出会わなければ、行くことがなかったかと思いますが、楽しく美味しい時間をいただいたようです。

私たちは食べませんでしたが、汁無担担麺も美味しそうでした。
DSC05780お店にはたくさんのフィギアが展示してあり、ラーメン屋さんのお店ではないような雰囲気もありましたが、店主と話をすると、とても優しそうで話好きの呉出身の方でした。

昨日一蘭に行ったことを私が話をすると、店主も博多の駅前の一蘭は美味しかった、広島の一蘭は如何でした?、などと話をしてくれて、そこから少しラーメンと麺、談義に花を咲かせました。尾道の朱華園、観音のすずめ、博多の一蘭、その他、そのうえ呉の細うどんのことなどプロとして感じたことを話してくれました。このお店はそこが美味しかったです。と褒め言葉で素直に話してくれる様子は私を楽しくさせてくれたようです。

呉のうどんは、讃岐うどんのように太くなく、細く腰の無い柔らかなうどんだそうですが、その呉のうどんは美味しいと話してくれ、機会があれば食べてみたものです。

すずらん亭の麺は少し変わっていると感じましたが、細麺で腰のある、粉臭さの無い、少しパスタに近いような麺で私好きな麺でした。
創作ラーメンで好き嫌いはあるかもしれませんが、食べてみる価値はありそうです。薬膳塩ラーメン等メニューの欄にのっていないメニューもあるようなので、気軽に話しかけると気さくに話をしてくれる結構シャイな店主さんでした。

男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ 



日曜日・・・トマトの料理

安芸高田市で階段の架けかえをさせていただいていたお住まいに、今日は夫婦で訪問させていただきました。
訪問の目的は、階段の仕上げに、シナ合板の上にオスモで塗装したのですが、腰の部分の色をノーマルクリアー〜バーチ色に色を濃くした仕上がりの確認と、私がトマトの煮込み等の料理は美味しいと話したことがきっかけで、話よりも実際に作ってみてほしいとの要望に応える事の2つでした。

オスモ塗装の仕上がりは、少し残念な仕上がり具合でした。建具を手直しさせてもらうように外して持ち帰りました。

安芸高田市では、ほとんどのお宅で畑や田を営んでおられるため、野菜はご自分で作っておられます。
工事中も美味しい白菜・大根・春菊・ほうれん草・蕪等を畑からの採りたてをいただいて帰りました。12月のこの時期は、頂いた野菜はとても美味しくスーパーで買う野菜よりも鮮度よく重く美味しいお野菜でした。

頂いた野菜はどれも美味しい野菜ですが、蕪を蕪とトマトのソースで煮込と美味しいと私が話したことに、それなら作って食べさせてもらわんと、わからんね、と言われたことで今日の日曜日の出動になりました。

蕪はお正月には甘酢漬けでいただきますが、私は蕪はシャリシャリ感を残した、煮込みが好きで、以前作った蕪のトマトと蕪のソースで煮込んだ料理を再現してきました。

今日は時間も少なかったので、カゴメのトマトジュースを使ってトマトソースを作ってみました。

DSC05574

トマトと蕪のソースで、蕪・鶏肉・豆腐を煮込んでみました。トマトジュースで作るトマトソースは生のトマトで作るソースと比べると少し味は変化しますが、それでも十分美味しいソースが出来ます。以前のブログと比べると色が少し違うのが、トマトジュースと生トマトで作ったソースとの差だと思います。

この他にもトマトソースのうどんも作りましたが、写真を撮るのは忘れてしまいました。日曜日の一日妻と一緒に丁度よい距離をドライブして工事をさせていただいた家の台所を借りて好きなトマト料理を作らせていただきました。

私には楽しい時間で、私の道楽につきあっていただきありがとうございました。久しぶりのきぬさん食堂でした。

男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ 



嬉しい届けもの

トマト料理が趣味な私に12月3日にプレゼントが届きました。
DSC02661
乾燥トマトのオリーブオイルにつけたもの

イタリアの乾燥トマト

山口県旭日酒造の大吟醸 獺祭(ダッサイ)
一度も口にした事のないお酒でたのしみです。

そしてイタリア トスカーナ地方のオリーブオイル ラウデミオ 
私のトマト料理好きには、とっても拘った嬉しいプレゼントをいただきました。

DSC02665
太陽の恩恵をしっかり受けるイタリア トスカーナ地方のエキストラバージンオリーブオイル

    ラウデミオ






DSC02666
朝夕の寒暖の差の激しい標高1300mのスペインバレンシア地方でとれた、三育エキストラバージンオリーブオイル






大変高価なオリーブオイルが届きました。私の煮込みのトマト料理にはもったいないオリーブオイルですが、又何か新しいトマト料理の仕上げに使いたいものです。

ありがとうございました。

男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページもご覧ください

大根とすじ肉のトマトと味噌の煮込み

少し寒くなると私は、大根とか蕪とかの料理が食べたくなります。おでんは寒くなる少し前から食べたくなるのはなぜでしょうね!
前回も造って美味しかった、大根のトマトと味噌の煮込みに再び挑戦しました。
DSC02240

大根は煮込むの時間がかかるので電子レンジ600w 6分のお世話になりましたが、スジ肉はオリーブオイルニンニクで炒めて、その後鍋で煮込んで、一度油抜きして再び煮込んでいます。そこでは手間暇かかっています。

味噌とトマトソースは相性はとて良くて、私には最高の組合せになったようです。

スーパーで目に付いたアボガドも入れてみましたが、想像の通り相性の良い食べ物でした。

トマトは少しコツをつかむと、なんにでも合う、絶妙の調味料になります。DSC02239 近くのスーパーに行くと、レトルトのトマト関連の商品が沢山並ぶようになりましたが、料理はレトルトも時間に余裕のない時は、いいと思いますが、組合せや味を想像する楽しみが料理にはあると思います。

料理にまで楽しむ変なわたしですが、想像する、作る、反省する、食べる、再び造る等、楽しみは多いと思います。
女性の平均寿命は男性より7歳も上ですが、料理をつくる事は寿命を延ばす効果があるのではないでしょうか!
男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです


広島ブログ


 
地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページもご覧ください

尾道ラーメン

日曜日に三原に行ったときに、尾道まで足を延ばして、尾道ラーメンを食べに行きました。
DSC01931

尾道ラーメンと言えば美味しいお店として知られている、朱華園さんやつたふじさんですが、今日は朱華園に行きました。何度か訪れているのですが売り切れの直後に行っていて、今日初めて食べることができました。


奥の個室のような所に案内されましたが、お店は満席で少し外で待ってから席に案内されました。

DSC01933尾道ラーメンはとんこつ味に、魚貝の味がミックスされていますが、脂っこいラーメンがあまり好みでない私には、少し濃厚過ぎる味でした。

それでも天かすと魚貝・豚骨スープの味は味わい深い味でした。いつも満席になる理由がわかるようでした。

尾道ラーメンはサービスエリアでのお土産等もあり結構有名ですが、お店の数はそんなに多くはないようです。尾道ラーメンのお店は何軒ぐらいあるのですかと私の質問に、お店の方は10件以上ですと答えてくれました。

20件以上あれば20件以上と応えると思うので、20件はないと勝手に理解した私です。

尾道は古い建物が残っていて、建築的にも面白い町並みです。若い人の観光客が目についていました。

一度食べたいと思っていた、朱華園のラーメンを、やっと食べることができた、一寸嬉しい一日でした。

男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです


広島ブログ


 
地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページもご覧ください



大根の味噌トマトシチュー

大阪から久々に娘が帰っています。今日のお昼ご飯は私がかってでて、私も久々にトマト料理を作りました。
DSC01758

以前より味噌とトマトは味を引き立てるだろうと思っていたのですが、昨日観た、大根・白菜ベストレシピ54という、妻の料理レシピの本を参考にしました。

私は、一度本を読んだ後は勝手にアレンジして作っているので、妻は一度はレシピの本の通りに作ったらとアドバイスをくれました。

本には、大根がしっかり具の主役になって、肉無しでも大丈夫と書かれていました。またニンニクなどは入れてありませんでしたが。トマトにはニンニクとオリーブオイルは私には外せません。鶏肉も入れました。

【4人前材料】

材料A:ニンニクみじん切り6かけ・オリーブオイル大さじ2・玉ねぎのみじん切り1/2個・鳥もも肉1/2枚を1センチ幅ぐらいに細く切る・夏からの冷凍トマト3個みじん切り

材料B:大根乱切り1/2本(電子レンジで下処理をしておく) シメジ ネギ 

調味料:味噌大さじ2 お酒大さじ2 砂糖大さじ1 水1.5カップ 醤油小さじ1  こぶ茶小さじ1/2ぐらい適量に入れる!

【作り方】

材料Aをフライパンにたっぷりなオリーブオイルを入れニンニクのみじん切りを,きつね色になるまで炒める(香りつけと、食べた後ニンニクの匂いを消す為)玉ねぎみじん切り・鳥もも肉・トマトみじん切りの順にしっかり炒める。

電子レンジを使い大根の乱切りを熱して下処理しておいたものと、材料Aを鍋に移して調味料を順に入れて5分程度熱し仕上がりの前にシメジを入れ最後に刻んだネギを散らして出来上がりです。

大根と味噌とトマトの美味しさがそれぞれが味を増し、美味しい簡単和風シチューになりました。
久しぶりのトマト料理ですが、間違えの無い美味しさでしたよ。意外に簡単で初秋の味覚にぴったりのお勧めの料理でした。ためしてみてくださいね。


男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです


広島ブログ


 
地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページもご覧ください

グランマさちさんのお店に行ってきました

DSC01719

グランマさちさんのお店和ダイニング 萩月に、いってきました。

可愛く盛りつけされた、お刺身は、材料も新鮮でサンマはおつくりとあぶりでした。

白のプレートに盛りつけられた、お魚は鮮度よく美味しかったです。







DSC01722


トマト料理好きの私の為に、トマトをくりぬいて、チーズを中心にして揚げだし風に仕上げてありました。

和風だしとチーズとトマト、ナイスなアイデアでした。









DSC01721


白身魚とチーズを揚げたものを、フレッシュトマトのソースで食べました。

バジルのオリーブオイルが和食と良くあっていました。

トマトは和食にあう料理をさちさんも示してくれていました。







DSC01724




デザートのチーズケーキと杏仁豆腐

もうこれ以上食べれません!お腹いっぱいでした。

一生懸命生きる・料理創る・喜んで食べる・・・・・・幸せな事がおこりそうです。

美味しいものを食べると幸せが近くなるような気持ちになります。


DSC01723


一人ひとり違う、素敵なコーヒーカップで、一日を締めくくる事ができました。

幸せな時間をいただいて、そのあとは、マジックのHIVIKIさんの所にいきましたが、又何やらわからない世界にも訪問したようでした。

何度訪問して同じマジックを目を凝らして見ても不思議です。







男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです


広島ブログ


 
地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越しください

馬木のお蕎麦屋さんテストキッチン

馬木に建設中だった日本蕎麦屋さんが、開店を前に建設に従事させていただいた、人を招いていただいて、試食会を開いていただきました。
DSC00622

お店は、広島県産材の集成材ハイブリッドを使って、設計しました。

勾配のある天井は、構造用の合板をそのまま使っています。

外の畑や山の景色が楽しめるように、窓の全てが開放出来るように、引き分け障子を取り付けています。

蕎麦屋さんには珍しい天窓を取り付けましたが、昼間に明るくすることと、夏にエアコンに頼らず涼しくすることが、目的です。実際今日の室内は寒いぐらいでした。

DSC00667
私は日本蕎麦や中華そば、うどんなどの粉ものが大好きで、蕎麦と聞けば口の中があつくなるようです。

北海道産のそば粉を使っておられるとのことでした。

とても美味しいので、何度もお代わりをお願いして、蕎麦湯も2回もお代わりさせていただきました。店主は沢山用意しているので、遠慮なく食べてくださいと言ってくれましたが、全てのお蕎麦を全員でいただいたようです。

DSC00659
店主さんからお招きの、ご挨拶をいただきました。蕎麦とおでんをメニューにされるとの事で、試食をして、色々な意見を聞きたいと、謙虚なご挨拶をされたのが印象的でした。




DSC00638
お店の中には、ご近所の人が開店に合わせて、地域のかずらや石を使って、飾りをつくられていました。

自然にあるものを使っての飾りつけは、心を弾ませるようです。











DSC00644
古い着物の生地を使って、縫いなおした、着物の飾りや、赤い靴はお店になじんだインテリアになっていました。

色々な手作りの品がお店の雰囲気を和ませてくれます。











DSC00632

蕎麦打ち台のある所には、役目を終えた、コネ鉢がひっそりと休んでいるようでした。

私たちが美味しいと、頬張る蕎麦はこの中で命をふきこまれました。

見ていると今日の蕎麦は美味しかったかと語っているようです。







DSC00663大工さん 塗装屋さん 厨房屋さん 設備屋さん アスファルト舗装屋さん 電気屋さん内装屋さん等沢山の方と試食をいただきましたが、今まであまりお蕎麦が好きでなかったという人が、美味しかったので今度は妻と一緒にきますと、挨拶をいただいたのには、私まで嬉しくなるようでした。


DSC00635

次々に蕎麦がまでゆでられた、蕎麦は見事に試食に参加した、協力業者のお腹の中に消えていきました。

久々に蕎麦を堪能させていただきました。


真新しい蕎麦釜は、今日を待っていたように、活躍していました。

これからもどんどん活躍してくれるでしょう。



DSC00681
厨房の中は大忙しでた。スタッフの方には初めてのなれないテストキッチンで大変だったと思います。

新しいステンレスの厨房機器や換気扇フードが綺麗なので、見ている方も嬉しくなるようでした。

ゆでられた蕎麦は、氷水の中でしめられていました。このような作業を経て、腰のある蕎麦になるのでしょうね!

梅雨に入る前に、本当に美味しい蕎麦をおなかいっぱい堪能させていただき、設計や建設をさせていただいた、ものとして嬉しい時間をいただいたようです。

馬木の和の家さんは、6月19日オープン予定です。馬木の隠れ家のようなお蕎麦屋さんにぜひ一度足を延ばしてみてください。

男は愛嬌・女は度胸!クリックをしていただくと嬉しいです


広島ブログ


 
地下熱循環住宅のカオル建設 会社のホームページにもお越しくださ



 トマトでいわしを食らう!

久しぶりに妻とスーパーに・・・魚屋さんには、美味しそうな魚が沢山並んでいました。金目 カレイ 鯛のアラ 烏賊 アサリどれをとってもトマトのソースとあう魚ばかりのような気がします。

トマトと魚の料理というと、ピンとこない方も多いと思いますが、実際に作ってみると魚の煮付け等はトマトソースと相性がよく最高に美味しくなると思います。

魚屋さんに並ぶ沢山の魚の中で鰯を買ってみました。

DSC00269
鰯のトマト煮込み

鰯を自家製のトマトソースで煮込んでみました。付け合わせにはオリーブオイルで炒めた、ししとうをたっぷり!

鯛のアラ等白身の魚をトマトソースで煮る料理は我が家の定番ですが、今回は青物の鰯で作ってみました。オリーブオイルでニンニクを炒めてその中に鰯を、そしてトマトソースを適度に水で薄めて他の調味料は全く無しで作ってみました。

少しだけ、鰯の臭みが気になりましたが、美味しい料理でした。少し生姜を入れたり、お酒を入れてもよかったように思いました。トマトソースを使った魚の料理は美味しいです!

DSC00271

アーリオ オーリオ ぺペロンチー 単純なパスタですが、一番無難で美味しいパスタです。アーリオ(ニンニク)は芽を取ってきつね色になる手前までしっかり炒めてあげると、多めに入れても、人にニンニクの匂いで迷惑をかけることはないようです。今回は2人前で3かけ入れてみました。
不思議です。

美味しかったです。

男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです


広島ブログ


 
地下熱循環住宅のカオル建設 会社のホームページにもお越しくださ
 

スカルパリエッロ

白島のアユートに伺ったときの帰り際に、オーナーシェフの村井さんは、私がトマトの料理に拘っていることを覚えておられて、お土産にミニトマトをいただきました。

その時に品種をお聞きしましたが、家に帰った時にはすっかり忘れてしまっていました(笑)

DSC00259
綺麗なミニトマトでアイコより少し小さめのかわいい洋ナシの形をした、ミニトマトでした。インターネットで少し調べてみましたが、ロッソナポリタン  シシリアンルージュ  レッドペアという品種がよく似ていましたが、少し違うかな?

生でも少しいただきましたが、上品な甘みのミニトマトで、さすがにプロが選ぶ食材は私がスーパーで買う食材とは違うと思いました。


村井シェフのおいしさの原点は食材の美味しを引き出すことなのでしょう。さすがプロだなと感じました。

この美味しいミニトマトをみると、私にはトマトだらけのパスタ スカロパリエッロ(小さな靴屋)に挑戦してみたくなります。これまでもミニトマトの缶詰で挑戦してみましたが、今一歩を抜け出せない感がありましたが、今回は美味しい食材をプレゼントされたので、食べるのが楽しみです。

多めのオリーブオイルでニンニクを炒め、ミニトマトは半分に切らないと旨みが中に浸透しないので、よく切れる包丁で半分にカットして、赤唐辛子も入れて少し炒めて、隠し味にこぶ茶を少し振りかけてみました。最後に少しパスタのゆで汁を入れて完成です。

完成したスカルパリエッロです。

DSC00260

うまいな〜これがイタリアで忙しい手作りの靴屋さんが考えたと言うパスタ料理『スカルパリエッロ』だ、と思いました。

ミニトマトの缶詰で作るスカロパリエッロも美味しいと思いますが、素材そのものが美味しい生のミニトマト(ポモドリーニ)のスカルパリエッロは格別に美味しかったです。湯むきはしませんでしたが、皮の触感も問題ありませんでした。

食べているうちに、少し冷めてくるとトマトの甘みがどんどん増していました。もしかしたら、冷たくしたスカロパリエッロも絶品かも!食材の素材の美味しさがあっての料理だということがよくわかる、ごまかしのきかない一品でした。

頭の中でもやもやしていたスカルパリエッロが完成してとてもうれしくいただきました。アユートの村井シェフなら、色取りも味も、もっと美味しく作られるでしょう、今度リクエストしてみたいものです。

もう一品は冷蔵庫の中に潜んでいた。ピーマン・玉ねぎ・ニンジン・小松菜・シイタケ・ねぎ・卵を使って
自家製のトマトソースでミネストローネを作ってみました。
DSC00265
レストランの料理も毎日では飽きてしまうので、私にはイタリアンでもミネストローネのような家庭料理もうれしい一品です。

日曜日の朝は村井シェフからいただいたミニトマトと冷蔵庫に眠る野菜で朝から美味しいものがいただけました。

イタリアントマトの種からも育てたいとも思います。

きぬさん食堂もいいもんだな。


男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです


広島ブログ


 
地下熱循環住宅のカオル建設 会社のホームページにもお越しくださ

白島のイタリアン アユート

今日はブログの友人から嬉しい誘いを受けて、予約も出来ないほどの人気のイタリアンのお店アユートにランチに行ってきました。

村井シェフのつくるパスタ料理はオリーブオイルは何種類も使って、複雑な味に仕上がっています。私はトマト料理は好きですが、実はトマトのパスタは他のお店ではあまり食べたいと思いません。しかしここのトマトのパスタはトマトの酸味もジャストフィットしていて、オリーブオイルやチーズも美味しく絡み合っていて、決して期待を裏切りません。

今日も村井シェフにオリーブオイルは何種類使っておられるのですかと聞くと今日の料理は3種類使っていますと応えてくれました。オリーブオイルのことを知りつくしているから出来る美味しさなのでしょう。

前菜の野菜は四国の西条市等から仕入れているそうです。生のズッキーニも甘くほろ苦い絶品野菜で、生ハムも拘りの生ハムです。豚肉のテリーヌ(煮こごり)も絶品でした。村井シェフの料理は美味しさと見栄えが微妙に嬉しさを増してくれます。
DSC00212
DSC00215
DSC00224
DSC00220
DSC00228
DSC00230

4人で伺ったので、2種類の前菜3種類のパスタ2種類のデザートをそれぞれに取り分けて運んでくれました。
バジルソースのインゲンとあさりの緑のパスタは私の大好きなパスタです。

トマト料理好きの私には、興味津津のトマトソースとモッツァレラチーズのパスタは、仕上げにバジルソースを使っていて、トマトとバジルソースと松の実がマッチしていて、私は広島で一番好きなトマトのパスタです。幸せな気分が増えました。

お腹が張り裂けそうになるほど満足をいただきました。次の来年の半年の予約受付は11月3日だそうで、今年はもう予約一杯で行けそうにないのがとても残念です。次のお誘いをお願いします(笑)

は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです


広島ブログ


 
地下熱循環住宅のカオル建設 会社のホームページにもお越しくださ


スカルパリエッロ

先日今一歩の出来栄えのスカルパリエッロ(小さな靴屋)にもう一度挑戦してみました。

DSC00144
いただいたポモドリーニ(ミニトマト)の缶詰がもう一缶あるので、いろいろ工夫をしてみました。前回は私としてはミニトマトの皮が邪魔してミニトマトの中にオリーブオイルやニンニクの味が浸透しなかったので、今回は一寸手間をかけて、ミニトマトの缶詰の皮をむいでみました。

むいた皮は味を増すためにミキサーにかけて再利用をしました。
パスタはアーリオ オーリオ ぺペロンチーのパスタにして、別に作ったミニトマトソースを上に乗せてみました。

甘さを出すために、オニオンパウダーも入れてみました。前回よりもとても美味しいのですが、私には アーリオ オーリオ ぺペロンチー (ニンニクとオリーブオイルと赤唐辛子だけのパスタ)のほうがシンプルの味で美味しいように感じました。

前回よりも間違いなく美味しいスカロパリエッロなのですが、何か違うような感じがします。こうなると本場の南イタリアのスカロパリエッロを食べに行ってみたくなりますね(笑)

以前の私のブログで紹介した。ユーチューブの本場イタリアのスカルパリエッロは生のミニトマトを使っていたのを思い出しました。缶詰のトマトでは自分の思うトマトとのパスタにはならないのかなと感じています。

以前読んだトマト革命という本では缶詰を使っていたのですが、実際南イタリアのスカルパリエッロに使う缶詰は違っているのかも知れませんね。

DSC00028

以前のスカルパリエッロは皮つきのポモドリーニ(ミニトマト)はとても美味しそうな仕上がりになりましたが、少し残念なあじでした。ミニトマトの沢山出来る夏には生のミニトマトのパスタにも挑戦してみたいものです。



は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです


広島ブログ


 
地下熱循環住宅のカオル建設 会社のホームページにもお越しくださ





スカルパリエッロ

今年の連休は、レスリングの書類を整理したりして、ほぼ家から出ることもなく過ごしました。少し余った時間で、以前から造ってみたかった、ミニトマトの缶詰のパスタ、スカルパリエッロを造ってみました。
DSC00028
私としてはミニトマトのパスタはなかなか満足のいく味付けになりません。
今回は この方がプレゼントしてくれた、わざわざ娘さんが東京へ出向いて買ってこられたミニトマトの缶詰を使いました。

イタリアの南の地方の料理でスカルパリエッロ 小さな靴屋と訳されているそうです。南イタリアの忙しい靴屋さんが考えた料理だそうです。簡単で栄養価が高く美味しい料理とのことですが、ミニトマトはオリーブオイルやニンニクの味が浸透せず、私には結構難しい部類の料理になります。今回は私は多めのニンニク・オリーブオイルを使って隠し味にこぶ茶を使ってみましたが、皮付きのポモドリーニ(ミニトマト)がやはりしっくりいくまでにはいたりませんでした。

妻は、美味しいよとは、言ってくれましたが、私は一寸納得がいきません(笑)
もう一缶あるので、又時間をつくって挑戦してみたいと思います。

今はトマトがすごく高いので、トマト缶やトマトジュースはとても良い食材のようです。
DSC00036
私は今年の5月連休にはフラワーフェスティバルにもいけませんでしたが、新しく購入したソニーのCyber-syotを使って仁保新町保育園の花壇の花(名前わかりません)を撮ってみました。一寸一眼レフのような感じも出ています。

いい写真を撮りたいと、一眼レフを買おうかとも思いましたが、持ち歩きに不便なので、ナ〜ンチャッテ 一眼レフを買ってみましたが、結構いい写真が撮れそうで、楽しみが増えました。


男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです


広島ブログ


 
地下熱循環住宅のカオル建設 会社のホームページにもお越しくださ

プロフィール

きぬさん

クリックをお願します
広島ブログ

広島ブログランキングに参加しています。ポチポチとお願いします

にほんブログ村 住まいと健康ブログへ   人気ブログランキングへ
 
今日も明るく元気に
ポチ・ポチまいりましょう

地下熱循環住宅のカオル建設
ホームページも見てくださいね!

この記事内の検索
最新コメント
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気
ギャラリー
  • ドアを引戸に 浮かせた間仕切りに
  • ドアを引戸に 浮かせた間仕切りに
  • ドアを引戸に 浮かせた間仕切りに
  • 洗面台の混合カランを取り換える
  • 洗面台の混合カランを取り換える
  • 洗面台の混合カランを取り換える
  • ライブドアブログ