快適な暮らし応援隊

住まいは暮らしそのものものです。健康に暮らせる住まいに拘り、住宅創りの仕事を通してチャレンジした事を日々の私の楽しみをお伝えします。 又学生時代から続けているレスリングの事や趣味の料理の事もお伝えします。

アメリカのデザイン

 健康に毎日を楽しく暮らすことは、誰もが願っていること。 寒さ暑さ湿度によるストレス少なく 良質な空気 適度な太陽光の日射を取得する住まいに暮らす。そして毎日の健康になる食事 健康を助ける活動量の最低3つがそろって、健康で楽しい暮らしは実現します。 3つをそろえて健康で楽しいを生涯にわたり貫き、楽しく愉快にPPK(ピンピンコロリ)を実現したいものです。

コンティニュイティー デザイン手法


CIMG2472 
 先週 耐震断熱改修で以前お世話になった住まいに訪問した時の写真です。

家の周りを雨に濡れないようにしたいという要望に応えることとデザインを考えてコンティニュティー

continuity

(建築では連続というデザイン手法)を意識して設計した後付け庇をつくらせていただきました。

費用をかけないことを前提に作りました。単純なトラスの鉄骨下地に24ミリの厚物針葉樹合板を貼っただけのシンプルな庇で外壁を仕上げてから取り付けましたが、コンティイニュティーという手法で作りました。

自分が考えたディティールなので、気持ち的にはすっきりしています。いわゆる自画自賛ですが(笑)




DSC06405



当方がアメリカに視察した時に見た後付け庇です。これも結構コンティニュティー(連続)を意識していると思います。

なんということはない景色ですが、後付け庇で私には好きな景色です。

やはり雨にぬれずに歩けそうですが樋は無いので。多少濡れるでしょうね!







DSC06406

遠めの写真で見えにくいですが、これもコンティニュティーを意識した庇です。









DSC06411

同じように連続した同じ大きさの方杖が続きます。

こういう連続を意識したデザインでは、一か所でも連続したものの形や張り出しの方法やピッチが異なると、連続は途切れてしまって、人の目には心地よさが減ってしまいます。

あくまでも等間隔、同一ディティールに拘るべきでしょう。
実際の現場では、いろいろ飛び出したり、引っ込んだりして、それができないこともありますが、美しい佇まいを醸し出すには、譲れないことだと思います。







CIMG2475


実は、一番前の写真の手前には、私が少し妥協して、その連続を崩したディティールをした場所があります。

私の目には費用をかけても、コンティニュティーを貫かねばと思った写真ですが、皆さんの目にはどのように映ったでしょうか(笑)











最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください

夏休みの過ごし方

皆様方は夏休みはとれそうですか

日本人は夏休みを取ることがあまり得意でないかた多いのではないでしょうか!

写真はアメリカのリゾート地の写真ですが、1ウイーク15万円ぐらい払って複数の家族で過ごす家です。

DSC06285

アメリカではこんな素敵な家でリゾートをたのしみます。

海も近くです。それもフロリダ半島の澄んだ海がまじかです。


白い浜辺にコバルトの海にスカイブルーの空考えていると行きたくなります。

実際に行くとなると、約1日かかるかな!








DSC06443






螺旋階段を上ると海の見える展望台に上ります。

この上からの景色 絶景です。









P1300903




展望台への螺旋階段を上ると空が海が近くなります。
展望台で飲むワインは格別な味でしょうね!

螺旋階段のあるセカンドリビング ここでくつろぐのも嬉しい空間です。


P1300917


このような展望台付きの家が沢山あります。
日本で実際に設計をしようとすると高さの制限があったりして実現しにくいのが現実ですが、いつか展望台付きの家造ってみたいとおもいます。





DSC06434


素敵な寝室でしょ ぐっすり眠れそうです。

私の場合はワイン飲み過ぎて二日酔いカモ!

私がここに訪問したときは不覚にも風邪をこじらせてしまい。一人で日本のインスタントラーメンを食べて過ごしていました。

ちょっと寂しい体験でしたが、とてもしゃれたインテリアを堪能しました。

アメリカでは家はとても大切なものです。老後の保障は日本のように年金や健康保険も充実していません。自分の老後は自分で確保する必要があるので、家を処分してでも自分の老後を確保する必要があります。

今回紹介させてもらったリゾート地はフロリダのシーサイドという所ですが、このリゾートタウンの住宅は投資の対象としています。

これから夏休みを迎える期間は通常の料金より高く賃料が設定されています。リゾートの期間はほぼ埋まっているようなので、1か月で90万円以上の収入を得ることが可能です。

最初に投資する額は必要ですが、アメリカでは家の資産価値を大切にしなければ老後の安定もない国ですから、値崩れは少ないと思います。ただしいつも夢のあるように中も外も綺麗にしておく必要はありますので定期的なお手入れは必要です。

ベットメーキングも専門の業者さんにお願いするようになるとおもいます。少し資金に余裕のある方は、シーサイド ウオーターカラー ローズマリービーチなど投資の対象にされる方法もあるようにおもいます。 

ただしご自分の責任でね!

アメリカの建設現場

世界中で建築物は建設されていますが、それぞれの国で建物の基準も異なります。北欧やドイツでは、省エネルギー性も基準が厳しく、今回訪れたアメリカのフロリダでは、省エネギー性の基準は低く、窓のガラスもシングルガラスが殆どでした。

省エネルギー性よりも、ハリケーン対策で、ガラスの厚みが厚いことをアピールされていました。

デザインや都市計画も国によって、異なるところが沢山あります、又建設の仕方、構造の基準なども国によって異なります。今回フロリダオーランドに滞在したときのホテルは偶然にもリニューアル工事中で、アメリカの建設現場と日本の建設現場のもっとも異なる部分である、足場をまるで設置しない施工法には何度見ても驚かされます。

DSC06149
13階建のホテルの建設現場で、足場は設置されていません、敷地が広い事もあり外壁のほとんどは、高所作業者で施工をしているようでした。

DSC06214

DSC06151

アメリカの建築は外壁でもお菓子のようにデコレーションされていますが、最近の建設の方法は、断熱材を外壁材に張り付けて、その表面を塗り壁材で仕上げています。

このホテルの正面玄関の上は、外装用の合板の上に塗り壁を直接塗って仕上げるようです。日本では見かけない方法ですが、このエントランスの部分は、木造で仕上げられているのではないかと思います。

DSC06216

ホテルの横の部分では、高所作業車が使えないのか、1本脚のゴンドラで作業していました。白いところは、断熱材で、これから塗り壁で仕上げの工程に入る所でしょう。

みなさんご存知の日本の、建設現場では、ほとんど足場で覆われていますが、アメリカの建設現場では、足場を見ることが殆どありません。アメリカでは足場は邪魔なものと考えられているようです。

建築のデザインも工法も施工の方法もまったく異なる考え方で建設される様子は、私にはとても興味深いものでした。綺麗に合理的に効率よくその上安全に仕事を進める考えは、どこの国も同じだとは思いますが、アメリカでの足場を設置しない建設方法には驚きます。

男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ 





アメリカの住宅 アバロンパーク

オーランドには様々な郊外の宅地が開発されています。ウオルトディズニー社で有名な土地ですが高速道路でつながる広大な敷地には様々な都市計画をしています。

アメリカの都市計画は、どの都市でも郊外に広く宅地開発をしていましたが、車を中心とした都市計画は交通の停滞や自然破壊、そして日中にほとんどの人がいなくなる宅地では危険な街をつくることになり、その郊外型の都市計画を見直す必要が出てきています。自然を残す、鉄道の駅を中心とする、インターチェンジの付近を宅地化する、職と住まいの一体化、住宅のデザインに統一感を持たせる等、今までと異なる都市計画を総称してユーアーバニズムと呼んでいるようですが、その新しい発想を持つニューアバニズムを各とした都市計画をしてもそれがうまく行っているとは言えないようです。

オーランドの住宅や住宅地がバブルの最中に計画された、広大な敷地のアバロンパークは、宅地開発して販売した当初は、販売する端から住宅の価格が上昇をして飛ぶように売れた時代を経て、今では価格が下落した住宅地です。都市計画としては、難のある都市計画であり、建設されている住宅も、連棟建ての建物等価格を抑える発想で建てられたものが目立ち住宅地の品格を下げているところがあるようです。

日本でも同じですが不動産価格の上昇と下落のどちらも大きく体験した住宅地だと言えるでしょう。

DSC06321
アメリカではよく見る芝生の公園ですが、少し荒っぽい感じがする芝生の公園です。車に対する規制も厳しく無いようで玄関側にも駐車している車両をよく見ます。
DSC06358
車の進入する側のバックアレー(裏道)です。価格を抑えるために隣との界壁は接合されています。その分コストは押えられていますが、
DSC06377
境界一杯に建てられている住宅の玄関側の姿、色分けと多少の出入りで、住戸が分けられています。

アバロンパークは様々なスタイルの戸建て住宅が建設されていますが、写真のような連棟だての建物は、面積も小ぶりで安く販売されていました。

アメリカでの住宅は、建設当時の価格よりは、中古の価格が上がる仕組みをつくろうと、考えられています。そのような意味からすれば、連棟建ての建物であっても、魅力あるデザインや都市計画が必要だと思われます。


男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ 



アメリカの住宅 ボールドウィンパーク

オーランドで宅地開発を観て廻りましたが、先に紹介したウォルトディズニー社が開発したセレブレイションが開発に大成功を収めた後を、セレブレイションよりダウンタウンに近いという立地の良さを生かして開発された、住宅地がボールドウィンパークです。

アメリカでは、様々なサイズの家が販売されているようで人が住むには相応しくないぐらい大きく贅沢な200坪を超える家も見ることがありますが、ここボールドウインパークの住宅は程よい大きさの家90坪くらいから150坪ぐらいの家が建ち並んでいるようで、それでいて尚豊かな暮らしを感じさせる素晴らしい住宅地を形成されていました。

日本での宅地開発は、駐車場は表の玄関の位置に設置しますが、アメリカの住宅地は、駐車場を裏道に隠すように設置したり、人が歩くための遊歩道を宅地内に設置するように計画しています。出来るだけ車と人を分離させるように宅地を計画しています。

その様に車と人の歩く導線とを区別するように考えていますが、車社会のアメリカですので、駐車場は沢山必要になります。規制をしなければ宅地内の車の進入できる所では、車であふれてしまいます。ここボールドウインパークは、程よく車を排除しているといえます。車に対する厳しいルールも設定されていると思います。

又下の写真をご覧いただくと、解ると思いますが、住宅のデザインも玄関側には、近隣とのコミニティーを大事にするように、殆どの住まいの玄関側にはテラスが設置してあります。近所を歩く人とコミニティーすなわち挨拶や会話を楽しむように設置されているようです。

ここボールドウインパークの住宅での許される様式は限られているようですが、その様式を守る為に7社の建設会社が選ばれていて、その建設会社が得意なスタイルを選ぶ事によって建物の統一感や美観を確保する仕組みができているようです。インターネットで調べてみると、デリックビルダー GOEHRING&モーガン社 レックス-TIBBS建設 キースフィールドホーム ケーヒルホーム チャールズ・クレイトン建設 ハニガンホームズがあるようでした。

建設会社にボールドウインパークの建築スタイルを定めそのスタイルを建設することで、宅地全体の美しい景観を構築しているようです。他にも多くの賃貸のアパートもあるようでした。

少しその素晴らしい住宅のスタイルを写真でご覧ください。

DSC06236

DSC06243

DSC06247

DSC06241

DSC06239
湖には様々な水どりが、生息していますす。
DSC06226
モデルルームとして使われている、住宅です。
それぞれの住宅の玄関側には、テラスが造られています。
DSC06289
玄関の上のナンバーは4649 日本語読みをすると、よろしく!になります。
DSC06285
天井の高さは10f約3mありました。
DSC06271

DSC06229

外にはピザを焼く窯がありますが、このモデル住宅ではプールは観る事はありませんでしたが、少し大きめな150坪を超えるような家になるとプールが備えられています。アメリカンドリームとプールは密接な関係があるように感じます。

時間が少なかったので、ボールドウインパークでは一戸建てのところしか回っていませんが、話をお聞きするとアパートメントの所も、魅力的な町になっているようでした。

ここボールドウインパークは、現在不動産の価格が下落しているアメリカでも、建設当時販売された価格より高く維持している住宅地であるようです。私がこの団地を観ても決して贅沢過ぎるような大き過ぎる家ではありませんが、心地よさを感じる事の出来る住宅地でした。ボールドウインパークの不動産を販売しているサイトをリンクしています。興味のある方は、覗いてみてください。様々な大きさの家が販売されているようですがそのサイトのでの販売の価格は建設当初より上がっていると説明されていました。

住宅地の周りに塀を建てて警備員を配置して力ずくでセキュリティーをしているような高級住宅とは違い、普通の人が生活をしている中に日本のマンションのような住民による規約と地域の協力よるコミニティーによるセキュリティーを可能にしているようでした。

アメリカの住宅地では、植えてはいけない木を植えるとか、白アリ駆除を毎年行わないとか、庭の手入れ、家の手入れを行わないで、団地としての景観を崩すような住民には、厳しく罰せられるルールが課されています。家を契約するときにその厳しいルールと共に契約を交わすそうです。

HOA (ホーム オーナーズ アソシエイション)という住宅を管理する協会があり、それはラドバーン協会を素に各団地で住民による運営をなされているようで、その目的は道路や公園や池等の共有財産の管理を適正に行うことと、住宅地の自治運営を実施する事だそうです。ここでもそのルールのおかげで、ご近所とのコミニティーや素晴らしい環境が守られて、塀のない安全で快適な暮らしを可能にしているようです。

アメリカの住宅地を観ましたが、日本の住宅でも採用できそうな、安全と安心と快適な暮らしの実現可能なアイデアをボールドウインパークで感じました。

アメリカでは安全を様々な角度で考えています。そして日本より自然の景観を残す考えを貫いているように思います。そして住宅地の中のそれぞれの家や庭や道路や池等の自然はまるで版画のように心地よく気持の良い景観になるように考えられています。ここはその思想のどれをとっても、すきのないとても素晴らしい住宅地でした。

私には住んでみたいと思う住宅地ボールドウインパークでした。

男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ 


アメリカの住宅 セレブレーション

アメリカの住宅は、日本の住宅と比べると資産形成がされているといえるでしょう。
部屋数も半端でなく、沢山の寝室を備えてその上寝室には、風呂やシャワー室も備えてあります。
プールを設置されている住宅も珍しくありません。

住宅に限っては、日本のそれよりも、豪華で大きくて、その上自然をも景観に取り入れて、家はまるで版画の絵の中にあるような配置をしています。

フロリダオークランドには、ウォルトディズニー社が開発に取り組んだセレブレーションは開発の初めから団地の中央にダウンタウン(商業の中心・業務地区)を建設して、一番最初に住む人にも、都市として必要な機能を充実させています。日本の大規模な団地の開発の、入居者が多くなるにつれて、ショッピングモールや学校を建設していくその方法とは、異なる手法で開発されています。


DSC06218


病院・学校・ゴルフ場も完備させて、職場も提供して有能な人材が集まる街を構築しているようです。
セレブレーションの商業施設の入り口にあたるプレビューセンター・銀行・映画館・タウンホール・スクール等の公共性の高い建物は、アメリカでも優秀な建築家に競うように設計させています。

優秀な人材は、セキュリティー上も安全で、魅力的な住まい・都市計画を求めているという発想で、ウォルトディズニー社が開発したセレブレーションは、優秀な人材に求められる都市を創造して、実現したといえるでしょう。
人が住む住宅ですが、駐車場は、裏道やダウンタウンの近くに配置して、住宅街に出来るだけ車を入れないように計画されています。

日本の住宅地開発は、山を切り開き南向きに雛段型の団地が殆どですが、アメリカでの団地の作り方は、湖を中心にしたり、大きな芝生の公園を中心にして扇方に、又円形に造成をしています。日本の人は南向きを好む傾向がありますが、アメリカでは、沼地や立木等の自然を残す事又良好なコミニティーを好む傾向が強いようです。方位よりも町全体の景観やセキュリティー、コミニティーを重要視しています。


日本の住宅とアメリカの住宅は、根本的な考え方が異なっています。住宅の価格を下げないように、厳しいルールをつくっています。守れない人は、そこから撤去させられるように契約されています。
マンションの規約より厳しいルールがあり、庭の手入れを行わない、白アリ駆除を毎年行わない、植えてはいけない木を植える等は厳しく罰せられるようです。

アメリカは国土が大きから出来る事ではなく、家に対する根底に求める価値が日本とはずいぶん異なるようです。

男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ 




大きな地図で見る

2012NAHBインターナショナル・ビルダーズショー

アメリカに視察に行った、目的の一つが、表題の2012 NAHB International Builders' Showに参加する事でした。

全米の建設会社や又我々のように外国からもこのホームショーに参加していて、世界中でも最大規模での建築関連の資材や機械を展示されるとともに、様々なセミナーも開催されています。

昨年と今年はオーランドで開催されましたが、来年はラスベガスで開催されます。大きな会場が必要になる事とアメリカではこのショーに参加する目的と、ついでにレジャーも出来るようにと大規模な観光地であるオーランドやラスベガスで開催されています。

アメリカではBuilders' Showに参加するのに、夫婦でエントリーされるビルダーも多いようです。建築を職業にする者にとっては、とても有意義なショーですが、その上に奥さんも同行されて、その他の時間を楽しむ人も多いと思います。オーランドにはディズニーランドもあるところですから、子供も連れてこられる人も多いのではないかと思います。

Builders' Showの会場から今年のThe 2012 New American Homeの会場までは、バスで移動しましたが、そのバスの中は、初めて出会ったと思われる、ご婦人たちは、まるでアヒルがキツツキのものまねをしているように、又中学生の修学旅行のように甲高い大きな話し声と笑い声がバス中に響いていました。

アメリカの婦人たちは、本当によく笑い・よく食べて・これでもかと言うぐらいよく話をします。私は英語はしゃべれないのですが、少し観察をしてみると、ご主人は小さな声で隣の人と話す程度ですが、ご婦人たちは、周り中を巻き込んで会話を楽しんでいました。日本でも男性よりも女性の方が強くなっているように思いますが、アメリカの女性の方が、もっと強くなっているようにも感じます。

Builders' Showはジックリ観て回ると2日間は必要です。とても1日で全てを観る事は出来ない規模で開催されています。又会場の外や、内部にも本物の住宅が展示されて、家ごと売られています。

DSC06121外に造られている、コストダウンされた住宅をキットで販売されています。安いもので約500万円ぐらいから、展示されていました。

DSC06137わが社でもお馴染の、べルックスの天窓は毎年展示されているようです。日本で販売されている商品とは、少し異なるところがあるのが面白いです。

DSC06130恐竜の骨をデザインしたような階段のキットも販売されていました。

DSC06126住宅用の風力発電! 発電量は僅かだと説明されていました。
アメリカでは、屋根の上にパネルを取付ける、太陽光発電は殆ど観る事はありません。日本のように太陽光発電のパネルを住宅の屋根に取付ける発想は少ないようです。ガソリン価格も日本の1/3程度ですから、費用対効果の悪い太陽光発電には興味が薄いようでした。

又アメリカは家のデザインも住宅を販売するときの価格に大きく反映されますので、屋根の上に乗せる太陽光発電は、デザインを損ねると思っている所もありそうです。

アメリカの新築住宅の着工件数は昨年の1/3位に落ち込んでいるとお聞きしました。私が以前ラスベガスのBuilders' Showに参加した時は、今回よりは大勢の参加者で賑わっていましたが、今回は3大窓メーカーといわれるアンダーセン ペラ等も出店されていませんでした。マービン社が1社頑張っていました。

又これまで観る事のなかった、アルミの押し出し材の窓が出店されていたのには驚きです。The 2012 New American Homeでも使われていた天井まで届いた背の高い引戸はアメリカでも興味のある窓になっているように感じました。

DSC06139

一寸眼を引いた、電動工具ですが、丸鋸にチェンソーの歯を取付ける事が出来るものが、販売されていました。
25センチ位の木材が一度に切れる優れ物で買って帰りたかったのですが、日本でチェンソーの替刃が購入できない可能性もあるので、止めました。

単純な仕組みですが、面白いものを考えたようです。5年後ぐらいには、日本でも販売されるようになるでしょう。アメリカではホームセンターでプロが使う工具や屋根材・外壁材・キッチンや窓など家づくりに必要な部材は全て調達できるようになっています。それも日本のものより安く売られています。

アメリカの家は、セントラル空調で冷暖房しているものが多く、その多くはキャリアのセントラル冷暖房機が設置されていました。日本ではルームエアコンが主流ですが、アメリカでは半間の押入れのような所に熱交換器が隠してありそこからダクトで各部屋に冷暖房を届けています。

省エネを徹底する北欧やドイツ等とは違い、さすがエネルギー消費大国だなと思わせるシステムです。車は日本の殆どすべてのメーカーの車が走っていましたが、私たちの馴染のある日本製の住宅建材は、殆ど観る事がありません。これからアメリカの住宅市場を開拓されるメーカーが現れてもおかしくないと思いますが、円が高くなった今では、アメリカに市場を求めるのは厳しい環境だといえるでしょう。


男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ 

2012 ニューアメリカンホーム


DSC06140
オーランドで開催されている、アメリカンホームビルダーズショーの会場です。とても広い会場で、まだ別棟に続いています。

DSC06012DSC06014

会場のオープン前です少し高いところから会場の写真を撮らせてもらいました。
NABAのホームビルダーズホームショーは、全米で毎年行われていますが、とても大きな会場で開催されるため、ラスベガス オーランド等の大きな施設と楽しめる観光の充実した場所で開催されています。

日本でもジャパンホームショーとして東京幕張で毎年行われていますが、企画・展示規模・動員数などでも全米の方が勝っています。

ホームショーの目玉の一つとして、The2012New American Homeというその年のアメリカの最も新しい住宅として企画された住宅が建設されています。今年は日本でも聞くようになったスマートホームとして企画された住宅でした。

DSC06022

ホームビルダーズショーが開催される前に、ニューアメリカンホームの建設されている場所にバスで移動していってきました。会場に到着すると、日本からの参加者は、積水ハウス?と声をあげる人が多かったのですが、私はフランクロイドライトが設計をされた住宅を創造しました。アメリカンホームは、伝統的なデザインを建設するパターンが多いと思いますが、今年は少し違っているようです。

DSC06030

このボードには、The New American Home 2012に関わった、企画・設計・ディベロッパー・ランドスケープ・建材会社・施工会社等が記載されています。


DSC06025

アメリカの住宅を観ていつも感心することは、住宅の街並みに自然の木や沼が行かされていて、嬉しくなるような綺麗に庭が配置されています。私たちが、入場を待つ間にも、たくさんの木立から様々な鳥の声が聞こえてきます。リスも目の前に現れます。


DSC06032

3mの天井高のエントランスです。アメリカの住宅の天井高さは10F 約3mで建設されているケースが多いと思います。床は人口の石で木製の板を張ったように見えます。

DSC06033

玄関を入るとすぐ目に飛び込んでくるのは、プールです。アメリカの少し高級な家になると必需品のようにプールが備わります。アメリカの人のステイタスでもあるプール付きの住宅です。

DSC06044

日本でもそうですが、テレビは大きくなり、テレビの前にスクリーンが下りてきて、天井に内臓されているプロジェクターからDVDが観れるようになっています。

DSC06036

書斎の無垢のテーブルは素敵なデザインでした。目の前のプールを眺めて仕事をする気分はいいでしょうね。

DSC06048

日よけのロールスクリーンは電動で上下されています。大きな窓には外部に日よけを目的としたスクリーンが設置されていました。

フロリダはとても暑い所なので、窓には必要な部材だと思います。

DSC06058

一寸贅沢でお洒落な階段です。

DSC06063

2階の寝室の横にはフィットネスルーム フィットネスで汗をかき1階のプールに飛び込んで、軽く泳ぐ・・・なんてこともあり得るのではないでしょうか?

DSC06060

パナソニックのテレビが、階段の手すりを兼ねるローボード内から電動で上下するように設置されていました。
今回の視察では、パナソニックの社員さんの参加もあり、自社の商品が使われていることやテレビが家具の中に隠されていることなどに驚きや喜びを表されていました。

DSC06059

2階のバルコニーには、大きなガス灯が設置されていました。フロリダでは、プロパンガスのガス灯を多く見かけました。ガソリンの価格は日本の1/3ぐらいなので、プロパンガスの価格も安いのでしょう。

DSC06065

寝室には吸音のための壁が設計されていました。いびきを和らげる役目があるのでしょうか?

DSC06072

キッチンはファミリーのためのキッチンとゲストのためのキッチン又写真のお茶を楽しむためのキッチンなど様々なシーンに対応出来きるように設計されています。

DSC06079

ガレージに設置された写真の丸いタンクは、家じゅうの掃除を行うためのバキュームタンクです。掃除機を引っ張りまわさなくても掃除が出来るように工夫された家でした。

この家はいくらで販売するのかの質問に、現在は売る予定は無いそうです。

これ以上ご興味のある方はThe2012New American Homeの案内されているホームページをリンクしておきますので、ゆっくりユーチューブでご覧ください。

全部ご覧になると時間はかかりますが、アメリカでの最も新しい家づくりがよくわかると思います。


男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ 



アメリカ、フロリダから帰ってきました

2月8日から戸谷先生が率いるNPO法人住宅生産性研究会が企画された視察ツアー(アメリカのフロリダの住宅や住宅地の視察とNAHBのインターナショナル・ビルダーズショー視察)に参加して今日帰ってきました。

アメリカの住宅は2005年ごろまでは住宅価格は上昇を続けておりまましたが2006年ごろから上昇が鈍化し始め2007年にはサブプライムローンに関連した資産運用がたちいかなくなったと言われている米国ですが、実情がどうか自分の目で確かめてみたいという目的と久しぶりにNABEのインターナショナル・ビルダーズショーを観るために少し遠出をしてきました。

私がフロリダのあちらこちらの住宅地に訪問させて戴いて感じた事を書いてみます。
アメリカへの旅行はセキュリティーはかなり厳しくて、慣れない私は少し緊張して広島〜成田のANA&IBX便で広島を旅経ちました。眠い目をこすりながらの早朝のフライトになりますが、時差があるので調整を兼ねて睡眠不足の状態で小さなジェット機で広島を後にしました。影の長さで朝の早さがわかるでしょ!

DSC05972

DSC05973


私の携帯電話は米国で使えないタイプなため成田のドコモショップで海外で使える携帯電話をリースしました。電話番号はそのままの番号が使えましたが、時差が12時間ある為私が米国に行っている間、真夜中に何度も電話がかかっていて受信する事は難しかったです。海外で携帯電話を使う場合、メールに徹するか、電話番号は変えて事情の解る方のみの連絡が可能という使い方が良かったかとも思います。

DSC05975

写真奥のデルタ航空 DL172便に乗って空路ニューヨークをめざします。


DSC05980

成田で今回一緒に視察に行かれる方殆どが初対面の方ですが、成田第1ターミナルに集合して一路フロリダ、オーランドに向かいTake Offです。北極回りニューヨークを経由してオーランドへ向かいました。ニューヨークまでは地上は氷の陸を眺めてのフライトです。寒そうです。カナダにレスリングと勉強で留学している森原君はこのあたりで生活をしているのだろう、寒そうだなと大雑把な創造をしてニューヨークにつきましたが約14時間のフライトになりました。日本との時差は12時間でした。

DSC05982

ニューヨークでは、狭くあまり綺麗でない入国手続きをする所でひたすら待つこと2時間、オーランド行きのフライトに間に合わない位時間が切迫してでぎりぎりに手続きを終えて次のオーランドまでの飛行機に乗ることができました。

DSC05986

フロリダ、オーランドに向かって夕焼けか朝焼けかわかりませんが、綺麗いな水平線を見ながらのフライトです。一眼レフのカメラで収めると素晴らしい景色を観てもらえますが私のカメラはデジカメなのでお許しください。

DSC05988

ニューヨークからオーランドまでの間のどこかの都市ですが、広い平地に数々の都市が存在しています。
アメリカの照明の色は殆どが電球色で、日本のように蛍光灯でも白熱色と電球色のように色を使い過ぎる日本の夜景よりは電球色の多い夜景の方が綺麗に感じます。

DSC05990

フロリダ オーランド空港に着くと到着ゲートからはリニアカーでターミナルに向かいました。広島のアストラムラインと似た雰囲気があります。ターミナルと飛行機を繋ぐゲートの間を長く歩く成田空港よりとても便利だと感じました。

DSC05991

日本にいると成田空港を観ても大きく感じますが、アメリカでは成田空港より大きな空港がいくつも存在しています。アメリカはとても大きな国だという事が実感できます。

DSC05993

広島空港を朝7時55分にフライトしてオーランドに到着をしたのは19時57分、途中12時間の時差を計算をプラスすると何と24時間かけてフロリダ オーランドに到着した事になり私は家からはリムジンバス約1時間 オーランド空港から写真のミニバスでホテルまで1時間をあわせると何と26時間もかけて広島からディズニーランドの本拠地、フロリダ オーランドのホテルに到着です。腰も背中もばりばりで、足はむくんで靴は入りにくくなっています。

何にしても無事に予定通りにホテルに到着しましたが、そのラマダホテルは大改装中でした。

DSC05996

研修目的のホテルであったので多少は許せますが、一寸残念なホテルの外観です。フロントも仮設的な場所に設置してありました。

アメリカの建設工事は、日本の工事とは違いほとんどの現場では足場を設置しないでお行っているため、実際のホテルの工事の進捗も観れるので私には、別の楽しみも増えたようです。逆に考えれば工事中のホテル滞在は少しラッキーなことだとも思えます。
DSC06002

ホテルにチェックイン後は長旅で少し眠かったのですが、ブラジル料理を食べに行きましたが、食べる端から、新しいお肉をお皿に盛ってくれるお店で私は早々にギブアップをしてお腹一杯で一日を終えました。今日は広島〜フロリダ オーランドまでの長い長い一日を紹介させていただきました。


男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ 




プロフィール

きぬさん

クリックをお願します
広島ブログ

広島ブログランキングに参加しています。ポチポチとお願いします

にほんブログ村 住まいと健康ブログへ   人気ブログランキングへ
 
今日も明るく元気に
ポチ・ポチまいりましょう

地下熱循環住宅のカオル建設
ホームページも見てくださいね!

この記事内の検索
最新コメント
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気
ギャラリー
  • 夏涼しい家の造り方
  • 夏涼しい家の造り方
  • 夏涼しい家の造り方
  • 廻縁欠き
  • 廻縁欠き
  • 廻縁欠き
  • ライブドアブログ