快適な暮らし応援隊

住まいは暮らしそのものものです。健康に暮らせる住まいに拘り、住宅創りの仕事を通してチャレンジした事を日々の私の楽しみをお伝えします。 又学生時代から続けているレスリングの事や趣味の料理の事もお伝えします。

収納

 健康に毎日を楽しく暮らすことは、誰もが願っていること。 寒さ暑さ湿度によるストレス少なく 良質な空気 適度な太陽光の日射を取得する住まいに暮らす。そして毎日の健康になる食事 健康を助ける活動量の最低3つがそろって、健康で楽しい暮らしは実現します。 3つをそろえて健康で楽しいを生涯にわたり貫き、楽しく愉快にPPK(ピンピンコロリ)を実現したいものです。

ブルーレイを収納するボックス


IMG_0170

 先週土曜日には写真のブルーレイを入れるボックスを取り付けてきました。テレビの下に置く家具を提案しましたが、そこにテレビ台のような家具はおきたくないとのことで横に壁架けするように設置しました。

テレビと中継する線がみえるのが一寸残念ですが、ブルーレイの下はCDが入れれるように造りました。

 壁掛けテレビの下に何も置きたくないとのことは色々考えのあることだと思います。私もこれまで壁架けテレビの場合その下にブルーレイを格納するように考えていましたが、この横に収納するアイデアも面白いなと思いました。

 新築のマンションですが壁掛けテレビが取り付けられるように下地があるだけでテレビからブルーレイの配線は何も考えられていないようでどの世帯も困っているのではないかと言われていました。

ままごとのキッチンと当方で作成したシナランバーの家具が同じ色調でサイズも同じ大きさで良かったです。


CIMG3137

 今後こういう例もあろうと記憶の残るときに壁掛けテレビと壁掛け収納家具をイメージしてみました。今まで下に置く事しか想像していせんでしたが壁掛け家具はその下が有効に使えるので子育て世帯にはよさそうです。
壁架け家具のパターンは色々出来ると思いますが、今回製作した単純な箱一つが広さを感じる空間になる事が書いてみてわかりました。見た目の軽さも一つのデザイン手法ですね!



最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください


大町の家の洗面のミラーをつけてきました。

先週は新住協の事務局から、島根県の方が高気密・高断熱の住宅を建てたいと相談の電話があるので対応して欲しいとの事でした。電話がありましたが基礎断熱に拘っているようでしたが、その選択肢だけでなく床断熱の方が熱ロスが少なくメリットのある地域もありますよと応えました。近いうちに相談に来られるそうです。

 今日は先週見学会を終えた高気密・高断熱の大町西の家、それをご覧になりたいご家族をご案内して私のお気に入りの25坪プランのダクトレス全館空調の高断熱住宅を体験していただきました。その後先週の土曜日にやっと届いた洗面の鏡を取り付けたり手直し等も色々しました。

CIMG2160


















↑鏡を取り付ける前の洗面の収納です。
洗面の収納は、扉を閉めて使う三面鏡も良いですが、見える棚だけある写真のようなものは毎日使うものが見えて意外に便利に使えます。天井一杯の北面のハイサイド窓は洗面も明るくなります。このお住まいは暗い所がないようにプランに成功ました。


CIMG2161



















↑注文していたアンティックなナラ材枠のミラーを取り付けるためにフィニュッシュネイルを持参しましたが、材が固くて打ち込めずそれを止める事が出来ませんでした。

 その途中で止まったフィニッシュネイルは抜くことも打ち込むこともできず、取り付け方法をビスにして下穴を開け取り付けました。手造りのものは、当方でいくらでも加工しなおす事もできるのが一番の利点かと最近強く思います。今日も色々手直ししましが其のたびにクオリティーが向上します。




CIMG2163


















↑最近私が拘っている、ワイヤーによる洋服掛を床下エアコンの所にも取り付けようと施主さんに相談しましたが、ウォークインクローゼットの方に取り付けて欲しいということで、2本持参したワイヤーと木球を使ってそれを取り付けました。シンプルなウォークインクローゼットですが使い勝手はよさそうです。



CIMG2162


















↑私がいう魔法の洋服掛けです。小細工は何もいりません。洋服を沢山重ねる事ができます。


最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください


手作り色々、やっぱり木が良いね!

今日の広島市は、梅雨に入ったようです。朝から雨です。
仁保新町の現場は昨日排水や給水の工事の為に駐車場をしこたま掘ったので、今日大工さんの車は早速地面に埋まってしまいました(笑)
我々がレスキュー隊に変身して、妻も参加してみんなで車を押して無事救出しました。

CIMG0004

大工さんが請け負ってくれない加工を2時間位かけて、手摺トップに納まる丸い円を作成して取付ました。私はこういう体を使う仕事をすると、一寸気分が良くなります。畑のことを多少しても同じような感じです。時間さえあれば面白いのですがね。なかなかそれは許されません(笑)




CIMG0007丸いものは、手触りでその制度を少しずつ増して造ります。今回はアッシュという木を使ったので硬くて結構時間がかかりました。

現場では、新人のI君は引出を製作して、梶川大工さんは、和室の長押を取り付けていました。私が耐震の為に柱の廻縁カギをしてはいけないというので結構頭を使っているようです。私は指示だけして一寸知らんぷりを決め込んでおります。

CIMG0006
I君は、一寸狭い場所で、引出造りと、それを支持する引出レールと大格闘です。私は出来上がったものを観て評価と、だめだしをするのみで、あとは聞くまでしらんぷりを決め込んでおります。







CIMG0003

和室はようやく長押の取付になり今日それは終える事が出来そうです。
まだ施工していませんが、工事中の気密測定をすでにしていて、それは0.3でしたのであまり必要ないかと思いましたが間柱の気流止めもするように指示しました。



今日は雨ですが、内部も外部も完成に向かって急ピッチで、進めています。我々は一年を通して仕事をしているので、雨であってもそれなりに仕事はすすめます。前回書いた多目的壁の少しの色違いも修正して、良い感じに仕上がっています。来週から本格的に外構工事になりますが、これからが楽しみです。素敵な外構が出来そうです。

最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします。

広島ブログ


地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください



DIYの家具づくり

先週の土曜日の空いた時間と、日曜日の午前中に久々に自分の時間を造りました。
PB270780一寸大きめですが、アルバムを収納する家具を手造りしました。
これまで使っていた、アルバムや本を収納していたものが、壊れたので、我が家の納戸にベストサイズの物をシナランバーで作ってみました。

以前の使っていた本棚は壁の結露で本棚の裏がカビていたことがあり、その時は本棚の裏に断熱材を張って、カビの発生を防ぎました。取り外してみても結露カビの後は全くありませんでした。家具の裏に断熱材を張り付けることはその対策には有効のようです。

今回は少し風遠しを考えて裏に隙間をあけることと、シナの穴あき合板を使ってみました。それは、室内の通風を利用して、家具の裏の温度差を少なくすることでそれを防ぐことになると思います。我が家なのですべて実験です。

PB270782

裏側を6センチほどあけています。今回は無塗装です。
我が家なので、組み立てはフィニッシュネイル50ミリと25ミリですべて組み立てましたが、収納部を4ミリべニアとシナランバー21ミリを組み立ててみると少し弱い部分もあったので持ち帰り棚板と天板を合わせるときにビスをうって補強しました。





PB270781
←シナの穴あき合板は、その規則的な穴が私は好きです。
小口テープは天板だけにして、棚と仕切りの部分は丸鋸で切断したままです。

小口が美しくないですね(笑) 小口を貼るのは手間がかかりますので、省きました。





PB270778

リフォームの現場調査に行くとコンクリート造りの住まいの家具の裏が、冬場に結露でカビが生える場面に遭遇することがありますが、その時にこのように後ろをすかして、穴あきのシナ合板の場合結露をどの程度抑えることができるのか一寸楽しみでもあります。アルバムや本の隙間から、部屋側の空気が移動してくれれば結露を抑えることはできそうだと思います。

土曜日には写真の家具を製作して、家に持ち帰り設置しました。日曜日の午前中は、キッチンのLED照明を自作してみました。次のブログでおみせします。

DIYやってみると面白いですね!今度DIY家具作り教室やってみようかな!
どなたか生徒さんおられますかね?募集しようかな。

最後まで読まれた記念にポッチトをお願いします。

広島ブログ


 地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください


洋服入れをキッチンにする工事完成しました!

洋服入れをキッチンに変えている工事が完了しました。
一つ前のブログで工事の事を書きましたが、出来るだけコストを抑えてキッチンの製作にチャレンジしました。CIMG7740


思った以上に素敵なキッチンに仕上がりました。

このキッチンのベースはホームセンターで税込25056円でした。
これを先に施主さんと買に行きそれから計画をしました。

工事で使う材料は、すでに棚板として存在していたものを上にあげて、その他のものは、すべて会社に在庫しているものを使用して製作しました。

在庫の材料はプラスターボード キッチンパネル シナ合板 シナランバー 人工大理石 Jカラー(余った塗装) などの材料を使いました。


キッチンパネルは良く観ると2種類の柄を使っています。右端の収納棚の所は、収納力アップと共にキッチンパネルが不足していたのを隠す事にも役立っています。


CIMG7749



天井は、元は物入れの上段して使われていた物を一度取り外し高さを少し上げてキッチンの天井として、そこに換気扇と流し元灯を取り付けました。

調理器は施主さんが調達された一口のIHです。

赤い帯の所は、キッチンパネルの不足しているところで、そこはシナべニアを張り付けて、Jカラーで赤い色に染めました。
施主さんには、この赤かターコイズブルーの中から2者選択です。


私が行ったカラーコーディネートは、ベースには中間色である、キッチンと同じ色あいの白を基調として、赤い帯をフォーカルポイントにしています。
素材の違いの白だけで仕上げるのも良いインテリアだと思いますが、焦点を定めると奥行きが感じられるようになり、暖色の赤を入れることで、少しあたたかさが増してきます。


キッチンは、活力のある場所だと思っているので、暖かく活力を感じる赤をフォーカルポイントに出来て良かったです。。これはキッチンパネルの高さが不足していた為に思いついたデザインですが、これからも採用したいと思うところです。

CIMG7751

湯水混合カランは奥に人工大理石の棚を造りそこに取り付けました。
この棚には調味料なども並べられることでしょう。

左の収納棚はシナランバーで宮本大工さんに造ってもらいました。
彼は、このような収納棚は、みるみる間に造ってくれます。日常使う食器入れに、調味料入れ等にもなり便利に使えそうです。


CIMG7742
元の洋服入れの折れ戸の足元は3センチ上がっていたので、そこには段差解消のスロープを取り付けて、その段さ解消スロープは平らなところでキッチンにたてるようにそこを広く取りました。

床材は、20年使われたメープルですが、木の色は、魔法のように、無彩色の白とマッチします。
木の色だれからも好かれる芸達者な自然色と言えるでしょう。斬新な色遣いをしても、床材は木の色が素敵です。お互いを助け合う存在になります。もっとワイルドな感じの床材ではまた違う表情見せてくれます。

CIMG7748
天井の換気扇は、キッチン用の天井換気扇を取り付けました。IHなので、一番簡単な方法での換気扇です。

このキッチン専用の天井に取付ける換気扇、油がとれるフィルターも取り付けられています。私は換気扇は三菱を使う事が多いのですが、細かな事が考えられています。
流し元灯は、人感センサースイッチもついているLEDでとても明るいです。これもホームセンターで購入しました。

少ない予算でしたが、専用回路を4回路も増設して、湯 水 排水を増設して、コンパクトでも使いやすいキッチンが出来ました。現在は色に溢れている時代ですが、白を基調にして、既存の木色もありますが、スッキリと暖かで奥行き感のあるキッチンが出来ました。
これからは使われる方が、色々工夫をされることだと思います。新しい家族が楽しんでもらえれば嬉しいです。

洗面とお風呂そして収納

DSC08274




先月浴室と洗面室を改造した所に訪問してきました。
綺麗なお風呂は気持ちがいいです。

薄いピンクのTOTO製のユニットバスです。
お風呂の工事では、祖部分を囲むように下地の床XPS50ミリ 壁高性能グラスウール100mm 天井高性能グラスウール100mmを施工して、ぷらスターボードでくるんであげて、それから写真のユニットバスを設置しました。

 




DSC08277




脱衣室には、2ワゴン付収納と可動棚を大工さんに造って戴きました。
便利良く使われている様子、ワゴンの中にはタオルや下着などが綺麗に収納されていました。

脱衣に使う籠がそのまま収納に収まっていました。やはりこのような収納のほうが、便利に使えるのでしょう!









DSC08126

大工さんに製作してもらった時のワゴンです。
奥行きの長い場所にはワゴンタイプの収納は奥のものも取り出せるのでとても便利に使えます。

又別の場所にもコロで動かせるので便利です。




DSC08278

洗面脱衣室は、窓からの寒さを防ぐようにシャノンの樹脂製の窓と勝手口のドアを取り換えました。ドアの上には、以前の浴室に取り付けられていた、ガス乾燥暖房器です。とても早く暖かくなります。

インテリアは、私の提案をお聞きいただき、既存の薄いピンクのタイルを生かして、あと2種類のピンクを組み合わせて、合計3種類のピンクで仕上げています。私のインテリアは、ピンクを使う場合は、色の種類を組み併せてお互いを引き立てるようにしています。

写真では解りにくいのですが、白と3種のピンクのインテリアです。
シックで綺麗なインテリアになりました。







DSC08280
施主さんは、ブルーベリーを植えられていますが、その場所には、雑草が生えないように、透水性のあるグランドシートが敷きこめられていました。

来年のブルーべりにに咲くころには、沢山の実が出来るでしょうね!

気になる玄関収納

CIMG0099
玄関の収納は、新築をされる際に重要度の高い所ではないかと思います。


今回製作した玄関収納は2畳のスペースの1畳分が土間床で残りの1畳分がフローリングの床で計画しました。


暗くなるのを防ぐためにハイサイドの窓を設けて明るさ確り確保しています。左はシューズクロークとかさたての部分ですが、手前の大きく開放されている土間の部分はベビーカーが収納できるように考えています。


コストを抑えるために、シナランバーを使い大工さんに製作してもらっています。良く見るとビスキャップが見えますが、コストを抑えるように組立の効率をはかるにはビスは見せるか、ビスキャップというボタンのようなものでビスを隠して組立てます。


DSC07724
フローリングの部分の収納は、シューズクロークや洋服掛けになります。
コートや合羽等も掛けれます。

2帖の収納スペースですが、二の字型に配置された収納スペースは最も有効な使い勝手だと思います。



2帖のスペースでは、このように2の字形か背中合わせに収納を取るか、L型に収納を配置する3つの方法が考えられますが、この2形の字型の配置が収納力と作業導線が一番広く取れると思います。








CIMG0104
今回は、建具も出入りに邪魔しないようにと、収納のスペースを少し隠したいとの思いを実現する様に、フローリングの側のみに引き戸を取り付けてみました。

全て隠したい場合は、引き分けの扉を取り付ける方法もあるかと思いますが、毎日使う上でアクションが多くなります。


正面の鏡はお施主様が、ネットで購入されたされたものを取り付けしました。









DSC07729




玄関には、リビングとの間に、アウトセット引き戸をもうけて、その上部は、空気の循環を良くするために、開放しています。

床には靴を履きやすいように、手づくりベンチを設置しました。私の拘りのディティール出来るだけシンプル&丈夫にの考えを実現しました。









DSC_0652




私の拘りのディティールは角にアルミのアングルを取り付けて、内側の見えないところで、30角の木材で補強しましたが、ガッチリと組立できて、ビスも見えません、角の部分はアルミアングルを隠すように、四角い木を接着剤で張り付けました。


アルミと木材を組み合わせて補強して、それがデザインになったりちょっと嬉しいベンチが出来ました。


私のお気に入りのアイテムの一つになりました。










DSC_0655





この私のお気に入り らくらくベンチのモデルです。





玄関は、人を迎え入れる、そして家族が毎日便利に楽しく使う、それを実現したいと思う場所です。

玄関と収納合わせて4帖のスペースが便利で楽しいスペースになりました。これからももっと進化させたいとおもいます。






どうなる事務所?

我が社の事務所がこんなことになっています
CIMG0237










以前から私が待望していたことが、実現することになりました。
それも希望以上のことです。
汚れたカーペットを張り替えて欲しいな〜、窓をつぶして物置きにして欲しいな〜と
ことあるごとに言っていたら、それ以上のことをしてくれることになりましたー♪

まず、今日は大工さんと我が社のSさんがスチール棚を取り除いて、窓をつぶしてシナ合板を張り付けて棚を作ってくれました。
CIMG0240


素晴らしい〜♡







明日は、カウンターを作ってくれることになっています。ワクワク
CIMG0241



社長も、ご満悦!






どんなに変身するか!!   楽しみ〜



小きぬでした。

男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ 











玄関の収納を考える

最近は玄関収納を手づくりすることが多くなったように感じています。

CIMG6228

【五月が丘の家】

シューズクロークだけでなく傘掛け・合羽・洋服・コート掛け等もつくります。

玄関は収納を多く取って明るくしたいとの難しい要望に応えるために窓は収納の上のハイサイドライトという手法を使って明るさを確保しています。

狭い玄関を広く使うように、玄関収納の下部は土間として使えるように、土間から60cmほど高かさを確保して吊り収納にしました。下側を開放すると土間部分が広く使えて使い勝手も良くなって玄関は広く見えます。

僅かな事のようですが一寸した工夫で使い勝手はずいぶん良い方向に変化していきます。


CIMG6221


玄関の土間を上がった所にも収納を設けて2/3は洋服掛けに残りの1/3は棚にしました。

扉はあえて3枚引き戸として収納の中央部の出し入れを容易にするようにしました。扉の引手を工夫して2枚が連動して動きます。

おっしゃれにもなって最近はこの3枚建具の引手のディティールずいぶん気にいっています。

私の中ではマイブームです。





DSC07257
【口田の家】

2帖のスーペースを玄関収納としてL型に棚を
配置してみました。洋服を掛けるスペースも確保しました。

写真に写らない手前には、ゴルフバックのスペースも確保しました。
玄関収納は各自各様です。

こちらの収納も土間の部分は広く取りました。

大工さんの手づくり収納で玄関の土間部分に引き戸を取りつけたのでそれを閉めると中は見えなくなります。






DSC00877
【大州の家】



玄関を土間として、その一角をシューズクロークとしました。掃除がしやすいように収納の中まで土間をつなげました。

この収納は家具屋さんに製作していただきました。

広く大きな土間の玄関は高価な自転車や子供の外用の玩具を家の中に仕舞うこともできて便利です。







DSC07486
【石内の家】


通路の一角を収納のスペースとしました。3枚引き戸は、中央部分に収納しても取り出しやすく、開口が2枚引き戸より1.5倍弱広く便利に使えます。

折戸はほぼ全開口になりますが、扉が前に出てきます。

この収納の建具の塗装はオスモのノーマルクリアー仕上げとしました。








DSC04652
【皆実町の家】

穴明けのシナ合板を使用して大工さんに製作してもらった、押入れ半間分の深いスペースを利用して大きな引出型の収納にした例です。玄関の収納は限られたスペースを活用するので、様々な工夫が必要になります。

この引き出しは収納力は抜群にあります。自動車で使用するタキゲンの引出レールと大き目なキャスターを使用して製作しています。

組立は大工さん 取付は私が担当しましたがとても難しい工事になったことが思い出されます。

塗装はオスモのウッドワックス エボニー(木目の見える黒)を使いました。


CIMG1311
【青葉の家】

玄関の横に床下に降りる階段を計画してその横にシューズクロークを設けた例です。折れ戸の扉をつけて中は見えなくしています。

単純ですが、ベビーカー等の大きなものも収納できて、使いやすいようです。

ロイヤルオーク(ゴムの木)集成材を使用してオスモのノーマルクリアー仕上げにしています。








CIMG1317
【福島の家】

家具屋さんに製作いただいた玄関収納です。天井までの収納にすれば収納力は上がりますが、上のほうは手が届きません、何か台か脚立が必要です。

この家具もシナ合板で、塗装は現場でオスモのホワイトスプルス(木目の見える白を塗りました)


玄関の収納は様々なパターンがあります。百人百様と言えるでしょう!
貴方には使いやすくお好きなデザインのタイプはあったでしょうか?
プロフィール

きぬさん

クリックをお願します
広島ブログ

広島ブログランキングに参加しています。ポチポチとお願いします

にほんブログ村 住まいと健康ブログへ   人気ブログランキングへ
 
今日も明るく元気に
ポチ・ポチまいりましょう

地下熱循環住宅のカオル建設
ホームページも見てくださいね!

この記事内の検索
最新コメント
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気
ギャラリー
  • これでもか収納
  • これでもか収納
  • これでもか収納
  • カラスの巣と高架タンクの修理
  • カラスの巣と高架タンクの修理
  • カラスの巣と高架タンクの修理
  • ライブドアブログ