CIMG2992
←タイルの洗面台の目地が汚れるので、人口大理石にしてカランをシャワーカランに取り換えました。

この洗面台は、一番最初はイペ(アイアンウッド)で造りその後その上にタイルを貼っていました。

ボールは以前のままですが、陶器のそれは磨いて綺麗になりました。白色の人口大理石によって魔法のように綺麗な洗面台にコストも少なく変身しました。



CIMG2990

私は高断熱住宅では、出来るだけ開放性のある造り方をしますが、以前開放されてたところに、ガラスを嵌める事になりました。

写真のガラスは、現在では造られていない装飾ガラスで、昭和の初めに造られたものでしょう。施主さんが大切に保管されていたものです。

ホームセンターで高級なオイルが出るガラス切りを買って今回初挑戦してみました。素人の私が自ら切るので、『割れても責任は取れませんと』責任を回避してそれにのぞみまあしたが、失敗することなく何とか切ることが出来てよかったです。


最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください