快適な暮らし応援隊

住まいは暮らしそのものものです。健康に暮らせる住まいに拘り、住宅創りの仕事を通してチャレンジした事を日々の私の楽しみをお伝えします。 又学生時代から続けているレスリングの事や趣味の料理の事もお伝えします。

キッチンリフォーム

 健康に毎日を楽しく暮らすことは、誰もが願っていること。 寒さ暑さ湿度によるストレス少なく 良質な空気 適度な太陽光の日射を取得する住まいに暮らす。そして毎日の健康になる食事 健康を助ける活動量の最低3つがそろって、健康で楽しい暮らしは実現します。 3つをそろえて健康で楽しいを生涯にわたり貫き、楽しく愉快にPPK(ピンピンコロリ)を実現したいものです。

キッチンを少し深く考える


IMG_3220
長く使われていたキッチンですが、取り換える事になりました。当時としては確りした造りのキッチンで外すのに手間でした。その当時のキッチンは排水の接続が不安定で、下水の臭いが上がっていることも良くあります。又混合カランが壊れていたりもしていますし、収納は開き戸で奥のものが出せなという使いにくさがありますが、現在のキッチンは収納は引出がメインになっていて奥のものも簡単に出せるよう使い易く変化しています。レンジ下の引き出しは鍋なども十分に収納できます。

その様な状況で、キッチンの取替を考えられました。
無駄に費用をかけるのを押さえて、現場では出来るだけ既存のタイルの壁も残すように考えて解体します。解体するところは極力少なくするように指示しています。


IMG_3222

鉄骨系のプレハブ構造ですが、納まりの悪い所が沢山あって、当方と社員と設備屋さんと3人で解体して、納まりの悪い壁の下地は私と社員の2人で徹底的に直しました。

以前のレンジの前の壁のタイルは浮いていた所もあったのでその部分は下地は残しタイルのみ剥がしました。その後レンジ横の壁のタイルの浮きもあることが解りそこもタイルを撤去しました。


撤去するとそこは何らかのものでキッチンパネルの下地を造ることになるので私はホームセンターに2度も通い下地材を買ってきました(笑) 最近はプロが使えるホームセンターがあるのでこういうときには助かります。


IMG_3223

都合2日間でのキッチンの取替を計画しましたが、1日目に解体して、下地を直して 電気の配線をして 設備の配管をし、かなり遅めに作業を終えましたが、2日目の15時過ぎに訪問した時はやっとキッチンパネルを貼り終えている写真の状況でした。

一寸無理な工程を組んだかもしれません。下地のタイルの浮が無ければもっとスムーズに早く終えたとは思いますが、キッチンパネ施工+キッチンの取り付けには同様の時間がかかるので、2日目はおなじでしょう。





IMG_3227
今回ノーリツキッチンを採用しました。ノーリツのショールームに私も行って キッチンを選ぶに当たり、色々と考えそれをえらびました。まず我々の世代では、吊戸棚の中に入れるものはあまり使われないものが生涯そこに鎮座していることもよくあることです。

出来るだけキッチンは観えるよう収納しようと提案した一つがこの照明を下に仕込んだ棚です。出窓の中も観える収納にします。歳を重ねると、観えない所に収納すると使われないものが増えます。 


 少し私の提案を優先して吊戸棚なしにしましたが、もし吊戸棚が欲しいと後から注文されても、対応できるように棚は組み立てました。又出窓は寒さの根源になるので内窓を設けて、キッチン側の掃除をし易すくするにも役立ち見た目も新しい白い色の窓が表れます。私には全てが創造できていますが、施主さんも、職人さんも、それは想像しにくいものだと感じています。

 そして色ですが、白い色を選択していただきました。それはキッチンの取替の場合、インテリアまで変えるのであれば何色を選ばれても良いのですが、既存のインテリアに影響されるからです。好き嫌いも大切ですが、全体のバランスもとらなくてはなりません。

今日は工事途中のブログですが、次は完成した姿をお見せしましょう!

暮らしを変えるキッチン

IMG_1519

 再販の現場ですがキッチンを取替しています。
写真は以前の壁付けキッチンです。その当時では良いキッチンだったと思います。シッカリした造りの壁付けキッチンです。今でも使えそうですが、再販する物件では、買われる方は殆どが若い方なので、このような壁にとりつくキッチンは若い方には魅力を感じません。

私が若い人の暮らしを想像するとキッチンはアイランド(島) ペニンシュラ(半島) セパレート(二の字型)等のキッチンが好まれています。










BlogPaint

壁付キッチンを撤去して私が自らアクロバットのようにして施工した新たなレンジフードの150φの穴と24換気の100φ穴も開けました。情けないようですが、この穴2つ開けて防火ダンパー付きのフード2ヵ所取り付けるのに格子を外し 窓を外し 穴を開け さや管取付 フード取付 シールとで まるまる1日かかりました。電気屋さんにも頼めませんでした。





IMG_2778

新しいキッチンはペニンシュラにしました。レンジの前はレンジフードの吸い込みの良いように壁を付けさせていただいています。アイランド(島)キッチンや 前面がオープンのペニンシュラ(半島)では、レンジフードから溢れた煙が室内に蔓延します。それを防ぐにはレンジフードの前に視線は遮っても壁かガラスの衝立のようなものがあるとレンジフードの吸い込みは一段と良くなります。それでもレンジフードから逃げる煙もあります。先のアイランドや 前面オープンのペニンシュラでは、煙が蔓延する覚悟はいります。私がお勧めするのは写真のようなレンジフードの前面のみ壁のペニンシュラが機能も含め素敵な暮らしの予感がしてきます。

 これから機能的な空調の設置と、家電収納の設置 明るさの確保とかまだまだ工事が続きます。
本当に仕上がりが楽しみになってきました。古いキッチンの位置を変えてレトロ感漂うペニンシュラに変えても良かったかなとまた新たな発想もでてきています。

 家を再生リフォームするのは結露の防止や設備の維持点検 雨漏り対策 既存を生かしたデザイン等いろいろな発想もいり 遣り甲斐のある仕事だと思います。家の再構築はメンテナンス性とデザインが大きく、その上に、雨漏りや結露の防止をして始めて健康的で喜ばれる家になるのではないかと思います。
コストは厳しい事が多いですが、立ち向かう意義は大きい仕事だとおもいます。

最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください








プロフィール

きぬさん

クリックをお願します
広島ブログ

広島ブログランキングに参加しています。ポチポチとお願いします

にほんブログ村 住まいと健康ブログへ   人気ブログランキングへ
 
今日も明るく元気に
ポチ・ポチまいりましょう

地下熱循環住宅のカオル建設
ホームページも見てくださいね!

この記事内の検索
最新コメント
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気
ギャラリー
  • なぜ天窓?
  • なぜ天窓?
  • なぜ天窓?
  • なぜ天窓?
  • ユニットバスの修理とカビ
  • ユニットバスの修理とカビ
  • ライブドアブログ