快適な暮らし応援隊

住まいは暮らしそのものものです。健康に暮らせる住まいに拘り、住宅創りの仕事を通してチャレンジした事を日々の私の楽しみをお伝えします。 又学生時代から続けているレスリングの事や趣味の料理の事もお伝えします。

ドイツ

 健康に毎日を楽しく暮らすことは、誰もが願っていること。 寒さ暑さ湿度によるストレス少なく 良質な空気 適度な太陽光の日射を取得する住まいに暮らす。そして毎日の健康になる食事 健康を助ける活動量の最低3つがそろって、健康で楽しい暮らしは実現します。 3つをそろえて健康で楽しいを生涯にわたり貫き、楽しく愉快にPPK(ピンピンコロリ)を実現したいものです。

ドイツ&オーストリアパッシブハウスの視察を終えて!

2013年1月15日〜1月22日1週間新住協が企画したドイツ・オーストリアの視察研修に行ってきました。
広島からの参加者は私一人でしたが団長鎌田先生を筆頭に青森の平野さん岐阜の金子さん又同室で何かとお世話になった京都の宮井建築設計事務所の宮井さん等27名の方々にお世話になっての研修でした。

通訳はクーラーさん小室さんのパッシブハウス又建築に詳しいお二人で私にとってはとても有意義なこれから先の目標が定まる研修でした。毎日日替わりの研修でしたがその場所その場所でとても大きな気づきをいただきました。

今回の研修は下記の重要なポイントで行われました。

1.BAU(バウ)ヨーロッパで最大の言われる建築建材見本市に参加してEU諸国の建築建材を観る知る


2.ドイツ オーストリアで木造戸建て住宅・集合住宅のパッシブハウスが実際に建設されている実情を観る知る。


3.パッシブハウスの構成部材である 断熱材・窓・換気・暖房のシステムを観る知る。


4.インスブルック大学に訪問してパッシブハウスの先駆者ファイスト博士の考え方を知る事とこれからのパッシブハウスの動向を知る。


5.実際にパッシブハウスを建設している工務店に訪問して、工務店におけるパッシブハウス建設の実情を観る知る。

DSC_0124DSC_0128
1.BAU(バウ)建築建材見本市の会場



DSC09982 DSC09994
DSC09995 DSC00015
2.パッシブハウスの木造住宅の実情


DSC00091DSC00019
2.パッシブハウスの協同住宅の実情


DSC09954DSC09946
3.パッシブハウスの構成部材 断熱 窓 換気の実情を知る


IMG_20130120_123352IMG_20130120_095503
4.インスブルック大学にてファイスト博士の講義を受けパッシブハウスの考え方を知る

DSC00455DSC00461

DSC09961DSC00458

DSC00480DSC00383

5.工務店に訪問してパッシブハウスの実情を知る

パッシブハウスの断熱モデルや実際に施工されている構成部材や職人さんの制度(マイスター)工法を知る事ができました。

今回の研修は私には上記に掲げた概ね5つの目的がありました。研修内容は実に豊富でそれぞれの日ごとに報告書を書いても1冊の本になるぐらいの内容になります。1〜4の項目を包括しながら5.のパッシブハウスを実際に建設している工務店の事を中心に次項にまとめてみたいと思います。



 

ドイツ4

ドイツからです

ドイツ時間19日
今日はインスブルック大学で鎌田先生が新住協の歴史と取り組みQ1X住宅とEU期準のパッシブハウスの共通項を話されEUの中でのパッシブハウスの権威であるインスブルック大学のファイスト博士によるパッシブハウスの考え方やその取り組みについて講義を受けました。

断熱性能や窓の性能を上げ暖房エネルギー15Kwh/岼焚爾砲覆襪茲Δ
計画する基準がEUでさだめる基準といえると話されました。
パッシブハウスは誰のものでもなくその基準をまもることで人々が健康で快適な暮らしが出来るようになると話されました。

鎌田先生と腹の底は繋がっていると感じました。

IMG_20130120_123352

IMG_20130120_095503



ドイツ時間20日
今5時30分です。毎日早く目がさめる習慣がつきました。今日の夜はミュンヘンに帰ります。

IMG_20130119_142005
パッシブハウスとして改修されている中学校


IMG_20130119_104801
パッシブハウスとして設計されている集合住宅


ホテルのWi-Fiを利用しているのでホテルに着かないとメ一ルできません
Wi-Fiの接続もよくわからなかったので手間取っています。

ということです

私は私で、携帯をアイフォンに替えてまだ慣れていなくて、
人と話をしながらドイツからのメールを見ていたところに、着信がきて
あわててしまって、電話もとれず、メールはゴミ箱に入ってしまって
一度に、何通かメールがきていたので、本当に消えたのか、消えなかったのかもわからず…

こんな2人のメールのやりとり!お互いストレス??

(反省…質問は一つずつ! 自分の行動も一つずつ!)
小きぬでした
男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ 

ドイツ3

ドイツから画像が届きました

IMG_20130119_024910 (1)
コメントがなかったので何の建物かわかりません


IMG_20130119_025407
インスブルックの街中

DSC_0324
18日、19日に泊っているホテル(インスブルック)


今日の予定を見ると、インスブルック大学訪問のようです


メールのやりとりですが、ホテルにいる時しかメールができないようで
聞きたいことなどを日中にメールすると、こちらの夜中、2時とか3時に返ってきて、
朝一番でメールすると、こちらの午後2時前後に返ってきます

それも一度に、3つくらい質問したりすると、2つしか返ってこなかったりして、
また同じ質問のメールをしたりして、それがまた何時間後!というわけで
はぁ〜
次からは、メールには、1つずつ質問しなくっちゃ!!

小きぬでした
男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ 

ドイツから 2

ドイツから送られてきたメールです

ドイツ時間16日
昨日はBAU国際建築士建材見本市に行って来ました。
その後レストランで食事、皆で移動街は綺麗です。
ふりつづく雪と寒さでマフラー・帽子は必需品でした。
今朝の5時30分です。時差解消していないようです。
DSC_0145

DSC_0153


ドイツ時間16日
BAU国際建築建材見本市会場の写真ですドイツ細やかな気質を随所に感じます。
DSC_0128

DSC_0124


17日
今日は雪の中パッシブハウスを見学しました。
DSC_0273



今は、こちら日本は18日午後3時半ですがドイツは朝7時半、
今日は、パッシブハウス基準窓工場に視察予定のようです
窓って大事ですもんね
どう違いがあるのかな?
報告が楽しみです

小きぬでした
男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ 

ドイツから

ドイツに出発する前日は、天候が悪く広島空港から成田空港行きは欠航!!
明日は大丈夫かな?と心配しましたが無事、着いたようです

DSC_0129 (1)

とっても寒いみたいです

時差が8時間あるみたいで、メールでのやりとりです

ドイツで住宅の勉強をする為に毎晩、夜な夜な仕事を頑張ったので
その分、大きな収穫をしてきてくれると思います

カオル建設の家が、さらに快適になっていくと思うとワクワクしてきます

社長ー 元気に帰ってきてね〜


小きぬでした
男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ 

1/15日からドイツに行きます。

1月15日〜22日まで、パッシブハウスの勉強にドイツに行きます。
ヨーロッパで実際に建設されている、パッシブハウスの実際を見学し、インシュブリック大学で理論も学んでくる工程です。広島からドイツまで一寸遠いですね!

昨年2月には暖かいフロリダで風を引きかなり辛い思い出もあるので、ドイツは寒いと聞いているので、防寒に向けて買い物に行きました。
今回は、手持ちのスーツケース+鞄 両手が使えるようにリュックサックを買ってみました。まるで子供の遠足です。

DSC09621

写真は私のドイツ行きのスタイルです。このスタイルで、スーツケースをもって約一週間ドイツに行ってきます。私の通信手段はタブレットだけになります。皆さんにご迷惑をおかけしますが、緊急の場合は会社に連絡をいただければ、タブレットにメールで連絡をしてくれます。時差が約−8時間あるので、夜昼逆転しているので携帯電話も持っていきますが通信手段としてはあまり役に立たない状況になると思います。

私の今回視察旅行の準備も楽しんでいます。

2013年新しい年を迎えて!

2013年新しい年になり、今日は広島市南区の仁保姫神社で会社繁栄祈願祭を行ってもらいました。
毎年仁保姫神社で、仕事始めに祈願してもらっています。

地元に根ずく建設業の方も多く来られていて、今日は広島県工務店協会に所属される佐々木順建設の佐々木社長と偶然隣り合わせになりました。

CIMG5292

CIMG5289

上の写真は、祈願祭が終わって、時節柄カルピスのお神酒をいただくように参列の皆さんが出口に向かっている所です。今年の総代の方の挨拶は、巳年の本年は景気の良い傾向にある歳廻りだということと、あまりそれにのらないように、ゆったり確実な商売を心がける事が大切だと訓示を述べられました。

建築を取り巻く環境から考えても、まさにそのような時代だと感じてうなずいてしまいました。

自分の会社 カオル建設のホームページにそれにまつわる事を書いています。時間の取れる方はリンクしておきますのお読みください。

今年1月15日〜1月22日まで新住協の全国の会員さん27名と共にドイツ ミュンヘンにドイツのパッシブハウスの実際を見学に又インスブルック大学でパッシブハウスの考え方を学んできます。私にとってはドイツへの訪問はとても楽しみです。

プロフィール

きぬさん

クリックをお願します
広島ブログ

広島ブログランキングに参加しています。ポチポチとお願いします

にほんブログ村 住まいと健康ブログへ   人気ブログランキングへ
 
今日も明るく元気に
ポチ・ポチまいりましょう

地下熱循環住宅のカオル建設
ホームページも見てくださいね!

この記事内の検索
最新コメント
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気
ギャラリー
  • なぜ天窓?
  • なぜ天窓?
  • なぜ天窓?
  • なぜ天窓?
  • ユニットバスの修理とカビ
  • ユニットバスの修理とカビ
  • ライブドアブログ