快適な暮らし応援隊

住まいは暮らしそのものものです。健康に暮らせる住まいに拘り、住宅創りの仕事を通してチャレンジした事を日々の私の楽しみをお伝えします。 又学生時代から続けているレスリングの事や趣味の料理の事もお伝えします。

三入

 健康に毎日を楽しく暮らすことは、誰もが願っていること。 寒さ暑さ湿度によるストレス少なく 良質な空気 適度な太陽光の日射を取得する住まいに暮らす。そして毎日の健康になる食事 健康を助ける活動量の最低3つがそろって、健康で楽しい暮らしは実現します。 3つをそろえて健康で楽しいを生涯にわたり貫き、楽しく愉快にPPK(ピンピンコロリ)を実現したいものです。

三入の現場 足場を落としました!

早いもので消費税が増税されて3週間になります。私の左手の手術からも1か月になります。まだ左手にはがっちりとギブスが固定されていて、これからリハビリになります!思っていたより回復が遅くて困っています。

現在進行中の三入の現場の足場を撤去しました。土曜日には外構の打ち合わせをするために訪問してきました。
大矢様邸色分けパース修正01
左は設計図から作成した外観パースで2階の南側の連窓窓には夏場の日除けのための庇を付けました。

三入の家ではパッシブを徹底しているので、南面は軒の出の長い庇を計画しています。

風向きを考慮して、風を集めるようにウインドウキャッチャーという手法を用いています。夏場には自然の通風で涼しさを確保するように考えています。

DSC07592


左の写真は、昨日足場を撤去している時の写真ですが、パースのイメージ通りに出来上がっています。

今回の外観デザインは和風要素も感じられるように、黒と黄色の2色を使ってみました。重厚さが感じられる斬新なデザインになっていて嬉しくなっています。

このデザインが決定するまでは、コストも踏まえて何通りも考えました。



これから具体的に外構を計画していきますが、こちらの敷地は、一般的な敷地の2倍程度もある大きな敷地なので、計画の遣り甲斐があります。

若葉の季節に変わりますが、近くを流れる桐原川は蛍も飛ぶ自然の残ったロケーションにふさわしい外構にしたいと考えています。

完成が楽しみです。


三入南の現場に行ってきました。

可部 三入南で建設中の現場に行ってきました。

パースのようなイメージの家になります。将来太陽光発電も乗せることが出来るように屋根の棟の位置は少しずらしています。

DSC07533




今日の現場の工程は、大工さんは仕上げの家具工事に取り掛かっていて、外では、サイディング工事を終えて、コーキング屋さんが養生をしている所でした。シーリングは、マスキングテープを張り付けてプライマーを塗って施工しますが、今回の仕上げは、スエーデン性のテラコートという材料を吹付ます。

下側は黒 上側は土色(オレンジぽい色)になります。







DSC07535

横目地はシーリングレスです。
今回は、少し個性的な外観を採用しているので、無塗装版の防火サイディングに、塗装で色づけします。


シーリンク工事の後は、シーリングのブリードを抑えるようにその上から再びシーラーで処理します。


これから沢山の工程を経て、外壁が仕上がってきます。







大矢様邸色分けパース修正03  

外の吹付が終わると、このようなイメージの外観の家が姿を現します。下屋の下には、わざと上の色を巻き込んでいます。奥行きをだす為に有効だと考えています。上の写真の外壁が、このようなjパースの家になります。




DSC07536

内部は大工さんによる手づくり家具が設置されています。

写真は小上がり和室で使うパソコン机になります。上下2層に窓も分けて使い勝手良くしています。

微妙な通風をこの二つの窓と、掃出し窓で行います。三入の立地条件は、南側の川べりに立っているので、ここからの風が心地よいと思います。心地よいパッシブを可能にする窓になります。

窓の断熱不足を補うために、ハニカムサーモスクリーンを取り付けますが、それは、上下を連窓で使えるように工夫されています。

DSC07538

今回の吹き抜けはキャットウオークを付けて、外周を廻れるようにして窓を開けるようにしています。吹き抜けの前の壁の色は、赤ワイン色になります。今回はコストを抑え熱損失を抑えるために天井は平天井になっています。

ワイン色の壁にはビットという洗濯を干すワイヤーが取り付けられます。この吹き抜けの部屋は、多目的に使用されます。
洗濯を干す 家族が遊ぶ 本を読む くつろぐ 少しぐらい片づけなくてもよいスペースとしてセカンドリビング インナーバルコニーという発想です。

楽しそうな空間になっていたので 安心です。キャットウオークと手すりとの間は47センチしかありませんが、ちょうど良い幅だと自分が設計していて自画自賛です。

今回の内装のデザインは、白基調で北欧の日本の家というような感じで仕上がります。

DSC07537



1階もほぼ仕上がっています。お客様が買われた、キッチン収納や、床下エアコンのスペースもこれから組み立てられます。


3人の大工さんによってこれから、様々な家具やパントリーが組みたてられます。4月初めには施主さんから見せてもらった、センス良い格子の食器棚がキッチンの前に取り付けられます。本当に完成が楽しみです。








DSC07539



私が訪問したのはお昼前だったので大工さんたちは、昼休憩に入り、そこにある道具達も休んでいるようでした。
職人さんたちは、様々な道具を使い工事を進めています。木を削る、切る、繋ぐ、穴を開ける、掘る、組む等全て異なる道具を使います。

私が建築を始めた40年前と、今はその道具はずいぶん様変わりしています。変わる道具と、引き継がれる道具と2種類ありますが、施工によって使い分ける大工さんたちに感謝です。







DSC07540

桜の花のつぼみが、膨らんできました。もう少しで完成ですが、その前に桜の花が待っています。桜の花も工事の完成も待ち遠しい春の到来ですね!







地下熱循環住宅 2

今年も後2日となりました。三入の現場は今日基礎の埋め戻しを行いました。深基礎は一般的な基礎と異なり、水漏れしないように様々な所に注意が必要になります。
型枠を解体してから、基礎の内側に水をためて水漏れを確認しています。
DSC06840

この基礎は、プールを造るような感覚で基礎をつくっています。
水漏れの個所はありませんでしたが、少しコンクリートの打設の仕方が気に入らなかったので、社員さんと悪い所を撤去して急結材を使って補修をしました。


DSC06843
急結材は2分のオープンタイムでそれは、2分で硬化するということで、準備をして水と混ぜて2分で作業を終えなければ固まってしまいます。とても忙しい作業になります。

その後に樹脂モルタルで上塗りします。その樹脂モルタルは1時間で硬化します。最近は様々の硬化時間の無収縮モルタルが開発されているのでコンクリートの補修には助かります。
DSC06847
私と社員さんと、固まるスピードに合わせて、無収縮急結モルタル&樹脂モルタルを使って補修しました。一寸いそがし作業になりました。

立派なプールが出来ました。(笑)



DSC06845
現場の西側は、狭くネコ(土やコンクリートを運ぶ一輪車)を使って、人力で埋め戻しします。ネコへの土の積み込みは、小さな重機で積み込みます。
人の力は、鍛えた人でも重機にはかないません。

今年最後の現場と基礎工事の職人さんたちは、5人も現場に来てもらって埋め戻しの作業をしてもらいました。

DSC06848
100坪も敷地があるので、埋め戻しをすると、随分大きな敷地です。

先に書いたように西側の埋め戻し用の重機と、建物全体を埋め戻しや整地をする為の重機の2台がふる活動しています。


DSC06849木造の基礎工事とは思えない作業です。今回は基礎工事と並行して、敷地のまわりのブロックの基礎工事も行っていたので、埋め戻しもスムーズに行う事が出来ています。

12月の不順な天候にも負けずに基礎やさんとブロックやさんの工事が同時に進行出来たのでなんとか今年中に両方の基礎工事を終える事が出来ました。良かったです!

来年早々の上棟が楽しみです。
プロフィール

きぬさん

クリックをお願します
広島ブログ

広島ブログランキングに参加しています。ポチポチとお願いします

にほんブログ村 住まいと健康ブログへ   人気ブログランキングへ
 
今日も明るく元気に
ポチ・ポチまいりましょう

地下熱循環住宅のカオル建設
ホームページも見てくださいね!

この記事内の検索
最新コメント
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気
ギャラリー
  • ユニットバスの修理とカビ
  • ユニットバスの修理とカビ
  • ユニットバスの修理とカビ
  • ユニットバスの修理とカビ
  • 天窓から雨漏りとスカート
  • 天窓から雨漏りとスカート
  • ライブドアブログ