快適な暮らし応援隊

住まいは暮らしそのものものです。健康に暮らせる住まいに拘り、住宅創りの仕事を通してチャレンジした事を日々の私の楽しみをお伝えします。 又学生時代から続けているレスリングの事や趣味の料理の事もお伝えします。

交換

 健康に毎日を楽しく暮らすことは、誰もが願っていること。 寒さ暑さ湿度によるストレス少なく 良質な空気 適度な太陽光の日射を取得する住まいに暮らす。そして毎日の健康になる食事 健康を助ける活動量の最低3つがそろって、健康で楽しい暮らしは実現します。 3つをそろえて健康で楽しいを生涯にわたり貫き、楽しく愉快にPPK(ピンピンコロリ)を実現したいものです。

シャワーカランのヘッドからの水漏れ

IMG_3030 
 写真では、わかりにくいのですがシャワーカランのヘッドの持ち手の部分が割れていてそこから水が吹いています。洗面台を取り巻くトラブルが続いています。

 平成最後の月である先月は、シャワーの蛇腹の中のゴムが劣化して蛇腹から漏れていて、結局混合水栓+シャワーカランのセットの後継品をパナさんから購入して取り換えた現場もありました。

 その次に別のお客様から混合カランのカートリッジの不具合から水がポタポタ漏れて止水していない状態で、販売店は洗面台ごと取り換えを勧めてきましたが、洗面台を変えるにはあまりに高額な費用がかかり申し訳ないので、水彩館にて適合するカートリッジを買って帰って取り換えてポタポタ水漏れを無事に止めました。¥10.000位かかりましたが、お客様からはレバーハンドルが軽く動くようになって確り水が止まり完璧ですと言ってもらいました。


IMG_3044 今回はトイレのタンクからの水漏れをしていたTOTOの便器を取り換え工事のとき、洗面に完成後に床を拭くバケツの水をもらいに行ったとき私が気が付いたもので、施主さんはヘッドが割れていることは気が付かれておりませんでした。

兎に角 費用はかけたくないという要望に何とか応えてあげようと私が考えた方法は、水さえ漏らなければ良いのならと、私の得意とするアルミブチルテープによる止水で止めてみようと考えました。

雨漏り修理には、写真のアルミブチルテープは私にとっては万能の物で、割れた瓦も、穴の開いた板金屋根も、網戸の穴の開いたものまでこれで直します。

これを使って雨漏りを止めた2014 11 16のブログ
もリンクしておきます。いまだに漏れていません(笑)









IMG_3041


シャワーカランヘッドの付根から水が噴いていたのでそこにアルミブチルテープを貼って止水しました。止水カランを解放した時に水漏れを起こしているので、混合カランを閉めているときは全く漏っていないので、水漏れ箇所は水圧はほとんどかかっていないので簡単に止水できました。

この費用はお客様からの要望の最も費用のかからない方法で、私の気持ちの修理で費用はいただきませんでした。 顧問の税理士さんに叱られそうです(笑)



 この次にどこかこのシャワー付き混合カランの不具合の起きる可能性は大きいので、次は取り換えるようになりますよと伝えましたが、たぶん数年は持ちこたえると思います。ヘッドだけ取り換える方法も当然あります。それよりも、セットで取り換えたほうが良いと判断されるぐらい長期間使われているカランなので次に変える時は中途半端に行うと余計に費用がかさむことになります。

 アルミブチルテープは黒いブチルゴムが手についたりするので、作業は容易ではありませんが、割れた瓦に張り付けたり、大きく穴の開いた板金の屋根に張り付けて雨漏りを止めたりしています。今回も思ったように止水できました。

 水漏れは早く気づいて、手当てをするのが最も重要です。気が付かずに漏れたままにすると今回のトイレのように漏れている部分は腐って面倒な事をおこします。早く気づいて腐る前にてあてすると費用は随分安く修理できます。こういう仕事をしているとメンテナンスは日常のように発生します。AIが進み便利に安全にという表層的な部分ばかりクローズアップされていますが、そのメンテナンスという観点にたつと、余計なAIは人の財布を苦しめる事になりそうだと私は感じています。それでもそういう時代に突入していきます。


最後まで読まれた記念にポッチトをお願いします。

広島ブログ


 地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください。





シングルレバー混合栓の水漏れ


IMG_2913
 写真はシングルレバー混合栓です。最近特に洗面台の水漏れ修理の依頼が多いです。

 今回もメーカーにレバーハンドルとシャワーカランのセットの調達を依頼しましたが、すでに廃番になって供給できないとのことです。一寸興味もあって、シングルレバー混合栓を分解してその仕組みを調べてみました。あれでも水漏れの原因になっているものが供給可能なものであればと思い、直せる可能性を探ってみようとしての事です。

 シングルレバー混合栓の中はシンプルなような複雑なような仕組みでした。お湯と水を微妙な温度と水量にブレンドして蛇口側に誘うという単純な方式ですが、それを水漏れせずに働かせる工夫は沢山あるようです。こういう場合、写真の白い部分のカートリッジのセットを取り換えると水漏れは止まる可能性が大きいですが、ほかにも経年劣化していると前述のカランのセットの取り換えをすすめますが、残念ですが、今回その供給は出来ないのでメーカーのメンテに修理依頼してくださいとメーカー直属のの販社が言うのであきらめざるを得ません。この複雑な形の部品を水漏れしないように修理し組み立てる事は私には出来そうにありません。出来たとしても時間の利益は失います(笑)

 この様なカートリッジはレバーハンドルの場合ほ殆ど同じような形をしているようですが、メーカーによって微妙に違うのでそれが供給されないと修理は出来ず、壊れた場合不本意ですが洗面台ごと取り換えてくださいと販社はいいます。

 もう一つ奥に踏み込めばメーカーも部品を専門の他社から供給している場合もありますので、そこまで踏み込みカートリッジのセットを求めることも可能だと思いますが、それをするには相当な専門的な知識とそれを探す時間が必要になると思います。 

 こういう部分の部品が共有化されていれば、無駄に洗面台を取り換える必要がなくなるのですが、水漏れとなる要な部品が供給されないだけで高額な洗面台を取り換えるのは私には違和感を強く感じる所です。

 広島市には、TOTOの場合十日市に水彩館という部品専門に扱う会社もありますので、一度だけそこに訪問してみようとは思っています。現在はネットでも購入できるとは思いますが、洗面台の品番しかわからず、カランの品番を探す時間が必要になります。


PS: 後日水彩館に訪問し、TOTOの洗面化粧台の品番からシングルレバーの品番を探し出し、そのカートリッジの対応品番を特定していただき、それを私が取り換える事が出来ました。微妙に止水に疑問の残るようにもありましたが、取り換えは無事に出来ましした。次もTOTOの場合水彩館で部品調達しようと思います。

後継のシャワー吐水口とシングルレバーのセットの取り換え用の物があると良いのですが、それがないという事なので、今度水漏れを起こした場合、次は洗面化粧台の取り換えになるのではないかと予測しています。




最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください




ウォシュレットの寿命と取り換え


CIMG4208 いろいろなものが壊れて修理の依頼を受けます。修理の依頼が多く難解なものが、エアコン 次が写真のウォシュレット その次が水漏れ排水の詰まり、雨漏り、天窓かと分析をしています。私のブログにも時々投稿していますが投稿していないものも沢山あります。

私のブログでは難解なものを記事にしている傾向はあります。

ウォシュレットは最近のものは、10年以上使われると発火の恐れがありますと警告されています。

又アースを繋いでいなければ、内部の電気系統に支障をきたし便座などがぬれている場合、感電の危険性も含んでいます。アースが付くものは、このウォシュレット 洗濯機 エアコン 台所の家電 電子レンジ等水を使う場所にはアースが付けられているのはそのためです。

ウォシュレットはアースが繋がれていない所にもたびたび遭遇しますが、洗濯機も同様ですが感電の防止のためには繋いでいた方が良いです。

今回はトイレの床に水が落ちているという電話をいただき私が訪問して調べたところ、TOTOのアプリコットのウォシュレットの左側下部から漏れていて、ウォシュレット本体からの水漏れだと考察してすぐにTOTOのメンテナンスに連絡して、修理依頼しました。ほぼ10年使われているもので部品供給出来る、出来ないが、微妙な時期で修理出来ない場合もあるということで、その修理できない場合は費用は発生しませんということだったので、とりあえず修理依頼しましたが、修理不能という連絡が入り取り換えることになりました。TOTOの修理の人は、感電の可能性を回避するためにウォシュレットはコンセントから抜いて給水ホースも外して水だけがタンクに入るようにしておられました。参考までにTOTOの修理に取り換えをお願いすると部品代は定価販売されそれに工事費がかかるので、かなり高額になります。


CIMG4212



壊れたウォシュレット外して、タンクの蓋を開け新しいものを取り付ける工事開始です。便器は汚れがこびりついて、ロータンクのなかは、コケのようなものも配管にありましたので、綺麗にふき取りました。






CIMG4216

TOTOアプリコットの場合、タンクの中にある便器洗浄ユニットという物を取り換える事が必要になります。

 この便器洗浄ユニットは、リモコンの大小の流すボタンからの信号を感知して、洗浄用のたま鎖を上下させる機能のものです。実に単純な動きをするものですが、タンク式のトイレの場合リモコン操作をするには必要なものです。これを取り換えるのは慣れた人間でもタンクの品番を特定して、それにそぐった部品を探しいらないものは破棄してとA〜Jまでの10種類のTOTOのタンクに対応するように商品開発されています。その分マニアルは厚くみにくいです。

 便器洗浄ユニットは、湿潤状態のタンクの中にあり電気で動かすものであり劣化が心配で、ウォシュレットを取り換える時には同時に取り換えるものになるのだと思います。



IMG_1148
 この洗浄ユニットは樹脂でカードはされていますが、ネジの部分は錆ていました。説明書の写真の上の部分のものになります。昔ながらの便器の洗浄をリモコンで操作するものですが、先に書いたように電気で動くので、漏電をしないように厳重につくられています。

この部分の取り換えは、慣れた人でも30分〜1時間はかかると思います。

便器と一体型やタンクの無いタイプでは、洗浄方法とこの洗浄ユニットは異なります。便器やロータンクは20年以上 もっと長いスパンでも使えますが、今回のアプリコットのウォシュレットようなものであれば、概ね10年で取り換えになります。機種にもよるとは思いますが、取り換えの部品とその取り換えの工事を含むと10万円は軽く超えると思います。

 リモコンの大小の流すボタンはなくても良いような気もします。そうすると、便器洗浄ユニットは不要になり、それを取り換える手間も不要になります。
安価なパナソニックのS兇離Εシュレット搭載の便器にあっさり取り換える方法や同じウォシュレットでも洗浄ユニットが無くリモコンが便座についている安価なものに変える選択肢もあるかと思います。そのようなものでも10年以上使わないようにと書き込みされています。

 これからの傾向として、パナソニックのアラウーノS凝の安価な便器一体型ウォシュレットに取り換えが選ばれて行くような気もします。
CIMG4215

取替を終了して、接続部の漏れを確認して、リモコンの動作確認をして、美味しいお昼をごちそうになって、現場を後にしましたが、アースの接続と、ロータンクの手洗いの下側のゴムが朽ちていて、その朽ちたスポンジが手洗いの排水を正しくしていない可能性があると判断して、すぐに注文しました。

以前そのゴムが劣化していてロータンクから床に水漏れしていた事をおもいだしました。部品が納品されてから、再び訪問しようと思います。

トイレに伴うトラブルは色々ありますね! そしていつも私に違和感を残すもの。それは便ふたの裏に10年を超えて使用された場合は発火の危険性がありますと書かれている文字です。もう一つ高額な金額が必要な事です。それでも日本のトイレの文化を構築したウォシュレットは私にも必要なものです。

最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください



プロフィール

きぬさん

クリックをお願します
広島ブログ

広島ブログランキングに参加しています。ポチポチとお願いします

にほんブログ村 住まいと健康ブログへ   人気ブログランキングへ
 
今日も明るく元気に
ポチ・ポチまいりましょう

地下熱循環住宅のカオル建設
ホームページも見てくださいね!

この記事内の検索
最新コメント
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気
ギャラリー
  • なぜ天窓?
  • なぜ天窓?
  • なぜ天窓?
  • なぜ天窓?
  • ユニットバスの修理とカビ
  • ユニットバスの修理とカビ
  • ライブドアブログ