快適な暮らし応援隊

住まいは暮らしそのものものです。健康に暮らせる住まいに拘り、住宅創りの仕事を通してチャレンジした事を日々の私の楽しみをお伝えします。 又学生時代から続けているレスリングの事や趣味の料理の事もお伝えします。

全国一斉見学会

 健康に毎日を楽しく暮らすことは、誰もが願っていること。 寒さ暑さ湿度によるストレス少なく 良質な空気 適度な太陽光の日射を取得する住まいに暮らす。そして毎日の健康になる食事 健康を助ける活動量の最低3つがそろって、健康で楽しい暮らしは実現します。 3つをそろえて健康で楽しいを生涯にわたり貫き、楽しく愉快にPPK(ピンピンコロリ)を実現したいものです。

第7回 新住協全国一斉見学会 平成26年

今日は新住協の平成26年 第7回 全国一斉見学会を広島市で開催させていただきました。
CIMG6761
引っ越されたばかりの施主さんのご家族は、朝早くから今日の見学会の準備をお手伝いしてもらいました。

施主さんの娘さんは自ら、水とほうきを持ってきて、エントランスを掃除してくれています。本当にありがとうございます。


CIMG6765

今回の新住協の全国一斉見学会では、広島市は良い天気でしたが、北風のとても強い一日でした。見学会の旗がちぎれそうなぐらいな勢いの時もありました。



CIMG6769
カオル建設では、既に生活が始まっているお住まいの見学会でしたらから全てのお客様は予約制で行わせていただきました。




CIMG6777
早朝より予約いただいた大勢の方に来場いただきました。
又当方とご縁のある建設業の方にも来場いただきました。
その方には新住協への加盟をお誘いをしておきました。一緒に勉強しましょう。



CIMG6775
見学会のお住まいは、Q値1.25位で、床下に設置した、エアコンで暖房しています。省エネ暖房を計画していて、今回の床下エアコンの設定温度は20度です。南面の硝子はYKKニュートラル硝子を入れているので、見学会の時間帯は、程よく太陽の光と熱が室内を暖かく気持ちよくしてくれています。


CIMG6778
施主さんの娘さんと、見学会に来られた娘さんが、仲良くなった微笑ましい瞬間もありました。
見学会に来られる方は、小さなお子様と一緒に来られる方が多いといつも感じます。

 昨日は電話で、他の家でも高断熱というが、この家と他の家の違いが何処にあるのかと問われました。
CIMG6782
色々な所に違いあり、電話で話せるような内容ではないので、見学会にお誘いしましたが、遠いという事で来られませんでした。

その様な経緯から、他社の高断熱の家との違いを少し整理してみましたが、当社の場合室内がほぼ開放されていて、僅か1台のエアコンで暖房を可能にしている所は、大きく違うと思います。写真は空気が自然循環する為の吹き抜けです。

当社と同じように、高断熱を謳うSハウスでは、部屋ごとにエアコンが設置してあり、多い所ではエアコンの室外機が6台設置してありました。エアコンは寿命が早く10年ぐらいで壊れる事もありますので、その時には多額の費用が発生すると思います。

省エネを実現するには、壊れる事のない躯体の断熱性能はできるだけ高くとり、アクティブなエアコン暖房や太陽光発電や太陽熱利用温水システムなど壊れる可能性のあるものは、あまり多くしない事が賢者の選択だと思います。
CIMG6786

見学の最後は、岩国の中川建設のノッポさんと、カエルさんが来られて、私の自慢の収納を披露させていただきました。




CIMG6787暮らしを始めておられた見学会を快く承諾下さった引っ越したばかりの施主様には大変〜大変お世話になりました。ゆっくり御茶をいただく時間も取っていただき本当にありがとうございます。

見学会を終えてから熱交換換気のメンテナンスの説明や、お風呂の換気扇の使いを含めて、換気のシステムを説明させて戴く事もできました。

高断熱住宅では、換気の方法や換気回数はとても重要な部分です。換気をするという事は、外の冷たい外気を取り入れ熱を失うことになります。又、台所の強烈な換気扇を回すと他の吸気を行う所から、外の寒い空気を取り入れる事になります。電動吸気シャッターの重要性も含めて説明する事が出来て良かったです。

ハニカムサーモスクリーン修理

昨日は可部町と三原市でハニカムサーモスクリーンの修理してきました。
可部町では、ループコードタイプのハニカムのループコードが切れて、それを取り換え、三原では、電動のハニカムのモーターが壊れて、それを一度取り外して工場に送り、今回修理されて戻ってきたものを取り換えてきました。
DSC07219
電動のハニカムは私の左に見えるコンセントような所で、電源をコンデンサーを通して、ハニカムのモーターへ送ります。

三原の家は、完成後3年ぐらいですが、故障してしまいました。電動は昇降がリモコンで行われる為便利ですが、壊れれると一度取り外してセイキさんの静岡の工場に送りそこで修理して又取付けるという作業が必要になりました。

私には壊れた部品を特定して、現場で取り外して修理する技術はありませんので、そのタイムロスは仕方ありません。その間お客様には寒い思いをさせたと思います。





可部の家では、寝室のベットのすぐ脇の窓のハニカムでしたから、ループコードの紐が切れてからそれが届くまで、寝る時には寒かったとの事です。ペアガラスの場合ハニカムか他の窓の断熱を補う製品は必要です。
DSC07222


製品を取り換え作業中に、断熱レールの下側が壊れている事を発見しました。

又セイキさんに注文します。今度は施主さんにレールの取り換えの方法を説明したので、レールの部品を注文して、三原に送ってもらいます。

意外に難しく労力のいる、ハニカムの修理ですが、冬の寒さを防ぐアイテムの一つとして必要なものでもあり、今後部品をストックするなど早く修理ができる方法を考える必要もあると感じました。






DSC07213







昨日は、お昼にはいいものをいただき、夕方から夜は、ドライブも楽しみ、充実した一日でした。







DSC07214










今日 明日は五月が丘で、新住協の全国一斉見学会です。一年を通して一番寒い時期のQ値1.25の高断熱住宅見学会です。
予約必要ですが、私の携帯090-4895-3785までお電話いただければ予約する事も出来ますので、ご興味のある方は、きぬさんまでご連絡ください。

口田の家 完成まじかです

CIMG6683




昨日は、完成前の口田のお家に行ってきました。
広島市はとても寒い日が続いていますが、家のほうは完成して、これから外構工事が始まります。

広島市内の建設業者さんは、消費税のアップの前に、大変忙しい状況で、内装の方や、建具屋さん、等の仕上げの協力業者さんは、仕事をこなすのに大変な様子です。



玄関のタイルは、少し白い色にして、清潔感を出しました。






CIMG6685




口田のお家の玄関の横には1坪分のクロークを計画しました。
シューズや簡単な洋服やゴルフバックなども収納できるようにしました。

L型に配置しているので、大工さんの頭を悩ましたことだと思います。

収納力たっぷりです。玄関には、靴以外にさまざまなものが収納されるので収納力タップリのL型の収納はありがたいです。










CIMG6686



玄関は、タモの敷台と取り付けて玄関の出入りを楽にしています。

床はボルドーパインの浮造り仕上げにしました。
ボルドーパインの浮造り仕上げは、これを使うまでは、靴下が破れるのではないか、掃除がしにくいのではないかと、いらぬ心配をしていましたが、滑りにくくお手入れも簡単で、とてもよい床材です。


木製建具は、ナガイさんのアルダーの建具を採用しています。
節抜けもありますが、それが味になっています。








CIMG6719



玄関を入ると、リビング階段がすぐあり、それを抜けるとLDKになりますが、今回はノーリツさんのビレイシリーズのシステムキッチンのピンクと黒を組み合わされました。

背面の食器収納の黒がとてもきれいでした。
ノーリツのキッチンや、浴室はショールームで観ると、あまり良い商品に見えませんが、実際に現場に搬入すると、とてもよい仕上がりになっています。

REDダウンライト照明を一列に配置しましたが、これもいい感じに明るさを整えてくれています。こちらは調光をつけて明るさをコントロールするようにしています。


LDKは壁も天井もルナファーザー+ホタテ漆喰仕上げです。壁のブラケット照明は、壁や天井に向けて光を柔らかにすることが出来ています。

DSC07205


和室は、室内の空気だまりを無くすように、欄間を設けていますが、開口のみで誇りのたまりやすい彫刻欄間は、取り付けませんでした。すっきりとした開口欄間は案外斬新なデザインになったように感じています。

畳もふすまぶちもオーソドックスな色にしましたが、それがまたよい感じになっています。


壁は、抹茶色のケイソード仕上げにしています。全てがオーソドックスの色合いですが、開口が広いのでこれまでの和室と違う雰囲気を醸し出しています。






DSC07204


最近広島市内の住宅では、和室を設えることが少なくなりましたが、ご先祖を敬う、施主さんの要望で、真の和室を造りました。真中は仏間になります。床の間は少し小さくしました。

最近はこのような和室を造る事が少なくなってきましたが、また復活させるようにしたいものです。


CIMG6721





ノーリツのビレイシリーズ綺麗で使いやすくできています。
オープンの間取りですが、換気扇は機能を優先して、2面が壁になるようにしています。

全面がオープンの換気扇は、吸い込みが悪く室内に調理の匂いを十万させる恐れがあるため、できるだけ2面が壁になるプランを選んでもらうように考えています。

料理好きな私は、デザインも大事ですが調理器具は機能が大事だとおもいます。






DSC07209


2階から吹き抜け越しに、キッチンを眺める事ができますが、圧巻の景色が楽しめます。

車好きの方が、ガレージの中を眺めたいと思うそれに似たものがあります。


洗面所の隣に配置した、品ランバーで造った箱はパントリーで、費用を抑えて大工さんに造ってもらいました。
便利にお使いいただけると思います。







DSC07208


夏のための風を取り入れるキッチンの少し高い窓は、下から開け閉めできるようなオペレーターがついています。



水栓は、手を近づければ、水を出すことも止める事もできます。

節水の機能でお水を節約することができます。










CIMG6744
ゴミ箱や収納が多くて使いやすい、キッチンです。キッチンは、みなさんそれぞれ使い方が違い、小さな要望が組み込まれていきます。
それに、オーブンや電子レンジや食器洗い機、ガスレンジなど機能もさまざまです。ガスレンジの場合。ピザの焼けるプレートがあったり、パンもご飯も魚焼き機がオーブンの役目もできるように工夫されています。

今回も5合のご飯もガスレンジで炊けるような釜も注文しました。


この写真をご覧になって、こんな開放的な家では、寒いだろうと思われる方も多いと思いますが、壁200mm
天井230mmの屋根断熱の断熱性能です。床下に設置した、4KWの床下エアコン1台で暖房を計画しています。暖房の電気代も僅かですみます。断熱あってのことですが、これほど開放的な家でも省エネで僅か1台のエアコンで暮らしていただけます。

少し手直しもありますが、もう少しで完成です。完成が楽しみです。

2月15日土曜日 2月16日日曜日 五月が丘の床下エアコンで寒さ知らずの家=新住協の全国一斉見学会を開催しております。カオル建設への予約必要ですが、その寒さ知らずの家を体験できる機会です。ご興味のある方はぜひお越しください。

お客様からご招待を受けました

昨年、新築を建てていただいたお客様からご招待を受けました。
我が社、初の壁200ミリ断熱をしたお宅で昨年の新住協の見学会では、すでに生活されている状態で見学会をさせていただきました。  
(昨年の様子) 2013年2月23日   2月24日  

手作りピザやグラタンやスープなどなど、どれもとっても美味しくて、ふたりの子どもたちもパクパク 見てて気持ちの良い食べっぷりでした。
特に、グラタンはご主人の大好物で奥様に「極めて!!」と言われているだけあって、とっても美味しかったです〜
CIMG6609









昨年、パラマウントの方からニュースに載せたいとの取材依頼も受けてもらいました。
パラマウントニュース








ブログ








この時、お施主様のコメントで、夏のエアコンの設定を30.5℃と書いておられたら、皆に理解されないのでと削除されましたが(>_<)
この冬のエアコンの設定は、なんと17℃だそうです。今、取材にこられて17℃設定と書いたら、また削除ですかね?
夏も冬も1台のエアコンで快適に過ごされているようです。
ただ快適過ぎて、仕事にも遊びにも、はりきり過ぎてしまうとのこと!はりきりすぎて体調を崩した事もあるそうです。

1年経った子どもたちの成長も著しく可愛い2人にも癒され、美味しい料理もご馳走になり、楽しい時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。

今年も、新住協の全国一斉見学会が開催されます。
今年も、200ミリ断熱施工の新築で、五月が丘で見学会をさせていただきます。
こちらも引越されたばかりでの見学会になります。

一年を通して一番寒い時に行う新住協の全国一斉見学会ですが、当方は床下にエアコン1台での暖房です。体感されませんか?
2月15日(土)と16日(日) 10:00〜16:00 予約制です
  


小きぬでした。

男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ 


新住協全国一斉住宅見学会を終えました

今日の広島はとてもよい天気でした。昨日からの新住協全国一斉住宅見学会の2日目でした。
当社カオル建設では、先週引き渡しを終えた深川の家での見学会になりました。

全国一斉の見学会では、青森や秋田などの東北地方では今日は強烈な吹雪だったようですが広島は春を感じさせるような心地よい天気でした。フェイスブックやブログでその日の状況がダイレクトで解るのは嬉しいです。

DSC00673




見学会にはこれから新築を計画されている方や、新築を建てさせていただいたOB施主の方など大勢の方に来て戴きました。




CIMG5333

子供部屋のロフトは大人も子供も楽しめる空間になっていて、2日間とも大盛況でした。OB施主さんも後から取付できる?と質問されていました。







CIMG5340


勉強机としてロフトの手すり利用できるねとOBの施主さんと、深川の家の長男さんはすぐに仲良しに、これは以前OB施主さんのところの完成見学会の時遊んでもらった記憶があってすぐに打ち解けたのかと思います。





DSC00652
床下では、暖房のシステムについて私の一寸くどい話を聞いてくれています。ミヤカグの宮本さんも私の断熱や暖房のシステムの話を聞いてくれました。

壁の断熱充填断熱100ミリ+付加断熱100ミリ合わせて200ミリの断熱+ロフトエアコンシステムによって日に日に室内の温度が上がっていると、施主さんが話してくれました。




深川の家では、家が暖かさを記憶するに少し時間がかかりますが、いちど温まると冷めにくい穏やかな室内環境が一台のエアコンで実現します。

DSC00681
施主さんの配慮で、訪問された方に便利の良い室内のお洗濯を干す吹き抜けの手すりの上の空間をご覧いただこうと、子供の洗濯がわざわざ干されていました。

最近は室内に洗濯を干す空間を勧めています。
天窓の下の室内干しは湿度も上げてくれて、寒さ知らずで、早く洗濯が乾くとても有り難い空間になります。



寒い冬や花粉の飛び交う季節には、室内干しのインナーバルコニーの発想は主婦の毎日を快適にしてくれます。
ピクチャーウインドウ 天窓 吹き抜け そして洗濯干し 多用途に使えるセカンドリビング的な空間です。

DSC00660

予約のみの見学会ですが2日も住みながら見学会をさせていただいて本当に感謝しています。深川の家は、当社で初めての100mm付加断熱やロフトエアコン等初めて取り組む事も多くこれかの暖房や冷房の効果も私には楽しみです。





2日間の全国一斉見学会でしたがおかげさまで多くの方に高断熱住宅を体験していただく事が出来ました。
又遠く香川から新住協の会員さんも訪問されました。

写真は施主さん記念の写真です。ダイニングテーブル 椅子 ソファー リビングテーブル テレビ台 ローボードは全て施主さんがミヤカグさんでキットをそろえてもらってオスモ塗装をされて、ご家族で協力して組み立てられた家具です。2日間かけて塗装と組み立てをされた愛情と魂のこもった家具たちです。オスモのウッドワックス パイン色で統一され、暖かで優しい空間に仕上がっています。組み立ての様子ミヤカグさんのブログをリンクしておきますのご覧ください。

施主さんから今までの住まいは、朝窓の結露が凍って窓が開かなくなっている住まいでしたが、毎日少しずつ暖かくなっていく住まいに満足との言葉をいただきました。太陽光発電 高断熱 天窓 窓からの太陽熱利用 窓の断熱不足を補うハニカムスクリーン等々を駆使してのパッシブハウス お気に入りの家具に囲まれた世界に一つの我が家 住まいを楽しんでいただければ私も幸せです。

新住協 全国一斉見学会広島市で開催しています

今日は全国43会場で室蘭工業大学鎌田先生が代表を務める新住協の第6回全国一斉住宅見学会を開催しています。
下の写真は、広島市深川の家の見学会の様子です。CIMG5303











DSC00641










CIMG5317










CIMG5316










CIMG5311










CIMG5313










CIMG5314

当社では先週引き渡しを終えた深川の家を会場にしていますが、引っ越しを終えたばかりの家での開催になりました。施主さんのこだわりが随所に観られる深川の家ですが、来場された方が施主さんに家造りの細かなポイントを聞かれていました。

深川の家は、家じゅうで一台のエアコンで暖房を実現しています。寒くない省エネ高断熱の家をご覧いただいた方から、もう少し早く知っていればこの家を建てたのにとの言葉が私には印象的でした。

新住協では、熱損失係数Q値がほぼ1のQ1住宅〜断熱性をQ値で表す住宅を研究して普及しています。現在私の所では、エアコンを極力少なくさせる=省エネ性の向上を目指して研究させていただいています。

1月に訪問したドイツより体感温度は寒い広島を体験して、ドイツのパッシブハウスの性能は広島で必要だと再認識をしたわたしですが、壁付加断熱100个魎泙瓩藤横娃悪弌‥薫セルロースファイバー240个凌疾遒硫箸任垢決してオーバースペックではないと感じています。

深川の家では、今までとは異なる暖房方式を採用させていただいていますが、室温19℃湿度44%の窓の結露を生じない、寒くない家になっていました。まだ引っ越されて1週間一寸ですので、室温が安定するまで少し時間が必要ですが、ほぼ思っていた部屋の温度 湿度になっていました。暮らし方も省エネで子供たちは裸足で駆け回る一寸嬉しい見学会の一日でした。

ありがとうございました。
プロフィール

きぬさん

クリックをお願します
広島ブログ

広島ブログランキングに参加しています。ポチポチとお願いします

にほんブログ村 住まいと健康ブログへ   人気ブログランキングへ
 
今日も明るく元気に
ポチ・ポチまいりましょう

地下熱循環住宅のカオル建設
ホームページも見てくださいね!

この記事内の検索
最新コメント
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気
ギャラリー
  • なぜ天窓?
  • なぜ天窓?
  • なぜ天窓?
  • なぜ天窓?
  • ユニットバスの修理とカビ
  • ユニットバスの修理とカビ
  • ライブドアブログ