日曜日の今日は朝から冷たい雨が降っていましたが、長期有料住宅を申請しているお住まいの地鎮祭に行ってきました。DSC02111

こちらのお住まいは、今まで慣れ親しんだ家を解体して、新たに建て替えを計画しました。


現在長期優良住宅を申請していますが、申請に手間がかかり着工が延び延びになっています。

ようやく申請が降りてくる目処がつき、解体を終え地鎮祭を迎えました。




DSC02150
地鎮祭は八百万の神々をこれから建設する土地にお呼びして、これから行う工事の安全と、建設される建築主のご家族の繁栄を神様にお願いします。

私たちのように建設業や物づくりに携わる方は、危険は付き物でどんなに安全に注意を払っても避けがたい事態にも遭遇することもあります。
そのような思いから、私は地鎮祭のときには、これまで無事に多くの建物を建設させていただいたお礼を述べて又この土地のこれからの工事の安全をお願いするようにしています。

この度の地鎮祭には小さなお子さん2人も立派に玉ぐしを捧げ二礼二拍手一礼の神様にお願いする作法をご両親が指導されていました。
DSC02231
今日の地鎮祭に小さな子供が、二人参加されることは、仁保姫神社さんには伝えていませんでしたが、お供え物に、ちいさなおかしやと書いてあるお菓子の詰め合わせが捧げてあり、そのお下がりを、二人の子供たちはいただきました。

子供たちにとっては、きっといい思い出になるでしょうね。




こちらのお住まいは、今まで暮らしておられた住まいを、解体してからの建て替え工事になりますが、解体工事の途中に、屋根のかわらが、養生をしているシートを破って、仮住まいのテラスの窓ガラスを割ってしまいました。又その日にその解体の職人の一人は現場で立ちションをしてしまいました。

解体工事は危険な工事なだけに、特に安全に注意するようにしなければいけませんが、そのような事態を引き起こしてしまいました。これからは、多少なりとも危険が伴う事が予測できる場合は、立ち入りを禁止するとかの安全対策も必要があると反省です。

解体の協力業者にそのマナーの悪い職人には、マナー教育をしてもらうように厳しく指導しました。二度とこのようなマナーの悪い事がおこってはなりません。

今年も11月7日
 ミヤカグさんのちょっと嬉しい暮らし展2010のイベントに参加します。詳しくはミヤ家具さんのホームページをご覧ください。
私たちは誰にでも出来る、冬を快適に暮らす工夫をテーマにアイデア展示をするように考えています。

男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです


広島ブログ


 
地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページもご覧ください