快適な暮らし応援隊

住まいは暮らしそのものものです。健康に暮らせる住まいに拘り、住宅創りの仕事を通してチャレンジした事を日々の私の楽しみをお伝えします。 又学生時代から続けているレスリングの事や趣味の料理の事もお伝えします。

外皮平均熱貫流率

 健康に毎日を楽しく暮らすことは、誰もが願っていること。 寒さ暑さ湿度によるストレス少なく 良質な空気 適度な太陽光の日射を取得する住まいに暮らす。そして毎日の健康になる食事 健康を助ける活動量の最低3つがそろって、健康で楽しい暮らしは実現します。 3つをそろえて健康で楽しいを生涯にわたり貫き、楽しく愉快にPPK(ピンピンコロリ)を実現したいものです。

ロフトエアコンのこと (己斐の家)

先週己斐の家の完了に立ち会ってきました。
DSC_1959
このお住まいは、間取りを独立した部屋にしたため、ルームエアコンによる、冷暖房をダクト方式にしました。
同じロフトエアコンでもある程度開放的な間取りの場合はダクトを省略するダクトレス冷暖房方法もあります。

ダクトは長年使うとその中に埃が貯まる事が否めず。又ダクトは結露をおこす可能性もあります。ダクトの場合断熱区画の内側にそれを施工することと、冷房時は間歇冷房ではなく24時間連続冷房除湿している事が安全側の温度差をつくります。冷風をダクトで送る場合ダクトの結露の検討は必要です。
DSC07238
←この写真は己斐の現場とは異なる床下エアコン方式ですが暖房時の暖気は、空気が軽く上に揚がる性質を持ち、冷房時の冷たい空気は重く下に下がろうとする性質をもっています。これに逆らうように空気を動かすには大きなエネルギーを使いますので、逆らわないように使う事が大切です。ロフトエアコンは夏にはダクトは出来るだけ使わずに自然に下に冷気が落ちるようにすることも大切だと考えています。
吹き抜けのある開放的な間取りの場合暖房は床下エアコン 冷房はロフトエアコンでダクトレスの全室冷暖房も可能になります。

又安易に床下エアコンを選択するより、床面をなめるように暖気を送る床上エアコンと言う考え方や、1階の2階の階間部をダクトとして使う階間部エアコンと言う考え方もあると思います。 

いずれの場合も、内部結露をしないように、シュミレーションしておくことが必要になります。

DSC_1958このお住まいの床は、タイル貼りの仕様を選択されました。
とても素敵な床の仕上げになりました。私のセンスより施主さんのセンスが上回った感じがあります。タイルは上手く使うと蓄熱効果のあるつかい方が出来ると思います。

ロフトからこの写真は撮りましたが、今日は仕上げの工事に協力業者さんが入っていました。天井の高い空間は別の意味で潤いや安心感を生むようです。


DSC_1957

又こちらのお住まいは、排熱による夏場の暑さ対策は、ベルックスの天窓では無く、ハイサイド窓による電動滑り出し窓による排熱を計画しています。3つ並んだ窓の一つが滑り出し窓で電動で開閉するように計画しました。

後の2つはフィックス窓です。ハイサイド窓は、室内をとても明るくしてくれます。狭小地等や今回のように暑さ対策を行う排熱をする方式では、とても有効な手法です。

高気密高断熱場合、これまで建設されてきている住まいと比べ、格段の違いの省エネ性能と快適性を発揮します。

そういう高断熱・高気密住宅では、気密性能が高く、換気の計画化が必要になります。又それに暖房・冷房の方式と湿度の快適化、湿度結露のコントロールなどが必要です。又我々の住む広島のような蒸暑地では、生活熱、外部から侵入した熱の排熱による冷房効率のアップなどが絡み合ってはじめて、夏冬快適に省エネに暮らせるお住まいになります。


排熱をしながら冷房をするという考えは、窓を開けながら冷房するという概念にもなりますが、その窓の開ける量もコントロールすることが必要です。

2020年に高気密高断熱が法制化されます。がそれまでに徐々にその施工方法を確立する事、又換気の方式 冷暖房の方式をそれぞれを関連を持たせて考えていくことが大切です。
今日も気密測定士のインテック西村さんと電話で話をしましたがが高断熱 高気密 換気システム 冷暖房システムはその関連付けが大切で、彼のように気密や換気に詳しい者でも、そのことは微妙な関連づけが必要になるとはっきり言います。台所のレンジフードには連動して給気する装置の連動給気シャッターが必要で、お風呂の換気扇は入浴時には寒いのでとめられますが、停止時には換気が吸気側にならないように電動シャッター付にすることも不可欠です。

高気密高断熱では、経験に裏付けされた、その換気や冷房システム又それにまつわるダクトや窓の結露そして快適湿度対策が必要になります。
高断熱高気密の住まいは、寒く湿度の低い北海道東北。 暑く湿度の高いわれわれ蒸暑地の違いを明確にする必要があります!




最後まで読まれた記念にポッチトをお願いします。

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください。









0エネ住宅建設中

現在0エネ住宅を建設中です。外皮平均熱貫流率は0.28W/孱襦[篷軸平均日射取得率2.2 暖房期の日射熱取得量8.73の性能の家になります。
DSC01278
こちらの敷地は北東に山があり、急傾斜地危険区域にもなります。
そのようなことからも、確りした基礎を造りたいと施主さんが望まれたようです。

長く家を持たせるには、一番大切な所は、基礎です。その基礎を妥協しないようにつくるのが最も大切な所だと思います。




DSC01275
高断熱された家では、基礎の断熱は大変重要な部分で本来熱損失を考えると、基礎立ち上がりの外周部50ミリ 内周部50ミリとしたい所ですが、熱損失はあるものの内周部100mmの基礎断熱としました。

それは、このように山が近い所では、シロアリの生息状況は半端でない事が予測されているから基礎内側の断熱材のみとした経緯です。
基礎に張り付ける断熱材は、コンクリートに打ち込むことで、結露を発生しにくくします。又今回は耐圧盤底面のヒートブリッチ対策とし50ミリのシロアリに食べられにくい断熱材パフュームガードを外周部900mmの幅で設置しています。

イメージとして断熱材で包み込むイメージになります。このように深く掘り込んだ基礎の場合、床下底面の断熱材は、いらないと思われている設計者もおられますが、冬の床下の自然温度は約15℃になります。その自然環境で、床下を20℃と暖房をする場合は、熱を失うことになります。床下の断熱材が必要だとされているところは、この自然温度と生活温度の差が生じている事でもわかります。DSC01276

この様な基礎断熱の場合、夏には、平均23d
この敷地の周りには、水路があり、現在の状況で基礎底面は地盤の水位になっています。梅雨時などはその水位が上がって、コンクリートの打継面まで上がってくることが、考えられます。コンクリートの施工には、密実な施工がひつようです。

今日早朝に訪問しましたが、若い型枠職人さんと、止水板とコンクリート打設に対する考え方をレクチャーしてきました。

まるでプールのように思える基礎ですが、この基礎がこれから家を守り家族の健康を守る基になります。
この基礎にコンクリートが打設され、埋める前は、基礎の中に一度水を張って水漏れを確認します。それから土を埋める事になります。年内上棟にむけて、寒い中基礎屋さんには、頑張ってもらっています。私にはまた一つ新しいく命をはぐくむ家の誕生が待ち遠しい所です。

最後まで読まれた記念にポッチトをお願いします

広島ブログ


 地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越しください




プロフィール

きぬさん

クリックをお願します
広島ブログ

広島ブログランキングに参加しています。ポチポチとお願いします

にほんブログ村 住まいと健康ブログへ   人気ブログランキングへ
 
今日も明るく元気に
ポチ・ポチまいりましょう

地下熱循環住宅のカオル建設
ホームページも見てくださいね!

この記事内の検索
最新コメント
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気
ギャラリー
  • カビ退治
  • カビ退治
  • カビ退治
  • カビ退治
  • 汚れたタイルを綺麗にする
  • 汚れたタイルを綺麗にする
  • ライブドアブログ