CIMG3124

←私が遅く帰るときに土橋の電停の近くのコロンボというワインのお店です。いつも賑やかです。

 当方は最近は店舗の工事をあまりしませんが若いころは夜な夜な店舗工事をしていたものでついついこの繁盛店は気になっています。

 繁盛するお店は、店舗の中が見え明るい雰囲気が多いです。私が思いうに、お店の中が見えるのは微妙な安心感があることと、その中の明かりに人は虫のように引かれる所があるのだと思います。
最近の美容院も中の観えるお店が繁盛店になっていて、閉店後も電気を付け中をみせているところもあります。

DSC_0763 

←賑やかなお店と私の頭の中を繋いでいるものが、写真のものです。

以前家が寒いのと、この掃出しの木製ガラス引き戸の動きが悪くなったことで樹脂+アルミのペアガラスの断熱サッシに取り換えた時のものです。

この建具と一番上の写真のような店舗の内装が頭の中で結びついていて捨てられなく建具屋さんに保存してもらっていました。これを今造ると結構高額な費用がかかります。


 会社にはスライス煉瓦の残りもあって処分しようと思っていたものと結びついてしまいました。











CIMG3134
←パースは久しぶりに私が書いたものですが、書きながら色々なアイデアを形にしています。小さなお店の計画で、一寸雑な書き方ですが頭の中に結び付いたものを具現化したものです。

外壁はスライス煉瓦で、サッシは上の写真の木製ガラス引き戸です。

居酒屋は、寒くてもお酒を飲んでいて服も来て活動量もそこそこでシングルガラスでも寒さは殆ど感じませんが、ユックリくつろぐ場所では寒さを感じるので私の考えたことは、3枚引き戸を2重にしようと考えています。

 気密は取れませんが、ある程度の断熱効果はありそうだと思います。2重木製3枚引き戸は試してみるかいはありそうです。



捨てればごみ使えば資材となるものは沢山ありますが、本当はストックするのに一番費用がかかります。

会社には古い田舎の家に使われていた階段も欅の7寸の床柱をスライスしたものもあります。私には宝物にも観えますがゴミにも観えます(笑)


最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください