快適な暮らし応援隊

住まいは暮らしそのものものです。健康に暮らせる住まいに拘り、住宅創りの仕事を通してチャレンジした事を日々の私の楽しみをお伝えします。 又学生時代から続けているレスリングの事や趣味の料理の事もお伝えします。

掃除

 健康に毎日を楽しく暮らすことは、誰もが願っていること。 寒さ暑さ湿度によるストレス少なく 良質な空気 適度な太陽光の日射を取得する住まいに暮らす。そして毎日の健康になる食事 健康を助ける活動量の最低3つがそろって、健康で楽しい暮らしは実現します。 3つをそろえて健康で楽しいを生涯にわたり貫き、楽しく愉快にPPK(ピンピンコロリ)を実現したいものです。

除湿機と空気清浄器のメンテナンスをしました


CIMG3398

これから夏にかけて除湿された室内で過ごすために 三菱の除湿機 MJ-180LXの熱交換器を蓋を全開して点検してみました。フィルターを通り越した埃が目立っていました。


この状態でこのまま使うと熱交換の効率が下がるので掃除機のブラシを使ってクリーニングしました。


後ろ側の熱交換機と前側の熱交換機の色が違うのがわかりますか?手前側が冷房 奥側煖房されています。











CIMG3399


努力の甲斐があって結構綺麗になって嬉しいです。

我が家では夏場はこの除湿機は洗濯を早く乾かすのにも室内の湿度を落とすにも役立っています。湿度を落とすと高い温度でも体への負担が少なくて体はとても楽です。私は湿度は低いほうが体調はよくなります。


広島市内の交通量の多い場所に住んでいこともあり、夏場にあまり窓を開けずに快適な生活を可能にしてくれるので、感謝をこめてお掃除です。蓋を開けて中を観るとエアコンの機能とほぼ一緒という感じです。













IMG_0475


 小さな除湿機ですが一日18Lの空気中の水をとる能力があり,運転時には私が実測測定をした時は0.38KW/Hの電気代がかかっていました。一時間使うと約10円の電気代がかかりますので、我が家ではこれからの時期は100Wの小さな太陽光2枚で発電した電気を鉛バッテリーに充電し、それを動かしています。電気代は無料ですがその設備費の元を取るにはかなりの年月がかかります。(笑)


 その小さな除湿機の中を観ると相当な量の熱交換器が組み込んであります。冷やすことで結露を起こして除湿するのだと思いますが室温は安定させているのは、やはり暖房と冷房を同時に行っていました。


 少し動かして蓋を開けて見ると、手前の約半分の熱交換器は冷却されて結露していて、後ろ側の熱交換器は室温より多少温度が高くなっているような感じです。冷房しながら暖房して温度を下げずに除湿するというメカニズムだと思います。所謂再熱除湿です。手前半分の熱交換器には沢山の水滴がついてそれがタンクに落ちで除湿するというもののようです。

2017/11/21の除湿能力を比較したことがるので以前のブログをリンクしておきます。




CIMG3403


バルコニーに設置してある太陽光パネルは、奥の2枚のパネルが除湿機用で手前の1枚がテレビ視聴用です。それぞれ別のバッテリーに繋がっています。

テレビを観る電力は0.08KW/Hですから除湿機はテレビの約5倍の電力は必要です。決して省エネではありません。

省エネを追求したい私の究極技です。ただし設備費は私の研究開発です。












IMG_0473
直流24Vを交流100Vに変換するコンバーターです。


下側がテレビ視聴用のバッテリー兼100V用コンバーターです。このまま外に持ち出せば0.3KWまでの電力のものなら使えます。両方とも緊急事態にも対応できます。

停電の時 我が家では一寸した電気は使えます。






CIMG3400
今日は花粉対策用の空気清浄器三菱のヘルスエアーの脱臭フィルターも水洗いしました。

脱臭フィルターを水洗いしましたが、臭いが残るので交換したほうが良いかと思いました。

空気を調整するものは、埃を除去する 洗うなどは必要です。それを怠ると取りつけない方が良い状態になると思っていただいた方が良いと思います。



CIMG3402





一寸臭いのする脱臭フィルターですが日光に当てようと思いましたが、日陰で干すように説明書に書かれていました(笑) 取扱い説明書をネットで拾って、読むのは大変でしたが今年の夏も快適に暮らせそうです。














最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください


ユニットバスの循環アダプターとポップアップ水栓壊れました。


IMG_0715
昨日ユニットバスのお湯はりの循環アダプターとポップアップ水栓がおかしいと電話いただいて訪問してきました。

その循環アダプターは外れかかったように見え色々手当をしましたが再取り付けすることは出来来ませんでした。電話で販社の方とやり取りしているうちに、樹脂のねじの部分が完全に切断されて金属の部分と分離していることがわかりました。




IMG_0713
2階以上に設置するユニットバスのエプロンを外すとそのユニットバスは二重構造の床があります。いつもの事ですがその浴槽の床パンには石鹸水が流れていて、結構汚くなっています。

その浴槽下のパンには流れて来た水を排水管に流すように排水トラップがついていますが、その部分が詰まったような状態になっていたので、割りばし使って、それを除去しましたが、つまりは解消していないようだったので、2度め訪問した時に、詰まり解消のラバーカップ 大小を駆使してその詰まりも解消しました。私でも結構きつい汚い作業です。
 そのような状況を知っている私ですが、当方の友人の方のFBでこのエプロンを開けてきれいに掃除されている記事を見た時この方は凄いと驚いたものです。エプロンの開け方はメーカーや機種によっても異なりますので、まず取り扱い説明書をごらんいただくことが必要だと思います。2年に1回程度はエプロンを外して掃除されたほうが良いとおもいます。

IMG_0716
 循環アダプターが壊れていることが解かったので、電話で注文してその納期が1週間かかるとのことで、緊急でその穴をふさぐ金物を会社まで届けてもらい私は結局2往復しました。循環機能は使わず、シャワーからだけ浴槽の給湯をお願いしました。

 ポップアップ水栓の取り換えはメーカーの修理にお願いしました。約2万円かかるといわれたそうです。


 ユニットバスは1964年の東京オリンピックの時ぐらいにオリンピックの宿舎の工期を短縮されるために開発されたようですが、それからそれが頻繁に使われるようになりました。私は2重構造のユニットバスは見えないところに石鹸の水が流れる事は好ましいと思っていませんが、階上用と言われる2階以上の階に設置される家庭用の製品の多くは2重パンといわれる写真のような構造になっています。

 30年以上使用されているユニットバスをリフォームの現場で見ることがありますが、その時感じるはすでに寿命は過ぎているなとは感じますが、多少の不具合を直していまだに使われています。FRP製のユニットバス長く使えるものですが、きれいに使いたい方は個人差もありますが15年〜25年位が寿命と考えていただければよいかと思います。


最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください

エアコンが壊れた本当に??

 日曜日に8帖のエアコンと電動開閉天窓が壊れていると先週に連絡をいただいているところに訪問してきました。

 私が訪問すると、その壊れたエアコンの室外機は力なくウンウンと音を発して、室内機から冷たい風は出ていませんでした。単純に雷で運転が停止していることもあるので、さっそくブレーカーを落として5分待って再びブレーカーを入れると、見事復活しました。

 壊れたリモコンの代わりに買われていた、いろいろな機種に使えるリモコンも設定して使えるようになりました。エアコンには雷が落ちた時に壊れないように保護回路がついていて、それを復活させる方法はブレーカーを落として少し待ってまたブレーカーを戻すだけです。

 本当に復活して良かったです。パナソニック製の電動天窓も復帰を試みましたが、これは壊れたのが治るに至らなかったので、本日パナソニックのメンテナンスのほうに連絡をして訪問していただくことにしました。帰りには箱詰めの美味しいジュースを戴きました。

 それをした翌日の今日ですが、今度は3階の母が、エアコンが壊れたようだと伝えてきました。調べてみると、熱交換器前のフィルターに誇りがこびり付いていて、妻が外して、母がそのフィルターを掃除して、わたしと妻が取り付けて、スイッチを入れたら見事に冷えるようになっていました。

 エアコンの要はフィルターの掃除です。電気代もこの掃除によってずいぶん違ってきます。皆様もこまめな掃除に気をつけてください。エアコンはフィルター掃除して電気代を減らして美味しいものを私にを合言葉にしましょう。

最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ


地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください

床下の掃除とカビの除去

20170524_093522
今日は9年ほど前に新築をさせていただいた、お住まいの床下に潜ってそこに溜まった埃を掃除してきました。又先日床下を覗いた時に構造用合板と、床合板受け垂木に観られたカビも除去しました。

家の床下は、家を長持ちさせるには、今回のように時々メンテナンスすることや、設備給排水の点検をすることも大切なことです。基礎断熱の場合僅かでも水漏れをしていて、それに気づくのが遅くなると、大量に腐朽菌やカビが発生してしまいます。
以前のブログで、水漏れセンサーの事を書いていますが、こういうものが必要な理由はそこにあります。

P5240088
塗装屋さんの丸山さんと、一緒に床下に潜り、マキタのコードレス掃除機や、柄を短く切ったほうきを使って床下に溜まった埃をコツコツと除去してきました。

こちらのお住まいの床下は、当社の施工では高くない床下なので、侵入して、そこを掃除するのは結構大変な作業になりました。コロのついた板を胸の下に敷いて侵入したので、胸が痛くなりました。

20170524_093333


床下だいぶ綺麗になりました。







P5240098

以前訪問した時に、一部気になっていた、カビの発生しているところは、アルコールでカビ退治をしました。アルコールを噴霧すると、自分も吸ってしまうので、酔いそうな感じになります。
マスクを2枚重ねると、それは少し解消されました。

アルコール噴霧後は、すっかり綺麗になりました。アルコールによる除菌は早く解決するので嬉しいです。

20170524_102145
今日は床下を隅々まで掃除して、綺麗にすることが出来、カビの除去もできて、終わった後は、床下の空気まで綺麗になったようでした。
掃除が大切なのは、空気まで綺麗になるという事なのでしょうね!

基礎断熱工法では、床下は室内と同じ温度湿度の環境になるので、その部分に埃が溜まると、カビ ダニの発生源になることもありますから、出来るだけ綺麗な空気に保つ事が必要であることと、窓を開けると外の高い湿度が侵入する地域では、その時期には床下にその湿った空気を入れないようにすることが大切です。夏の高湿度の時でもエアコンを使用されている時、また冬の場合は室内の空気を回しても何の問題もありませんが、基礎断熱、5月 6月の床下は一寸危険な季節でもあります。点検で早く気が付く事が出来て良かったです。


最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします。

広島ブログ


地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください。

衣類乾燥機をスタンド無しで取り付ける方法

 洗濯を干す場所やそれを早く乾かすことは、家造りには重要なポイントだと考えています。
当方の孫達、もうすぐ広島に来て洗濯が増えるので、妻は前述の事を選択(せんたく)しています。一寸だじゃれてみました(笑) 

 先週は広島の家電店エディオンに行って衣類乾燥機を色々検討してきました。電気式の衣類乾燥機は電気代が大きいので当方はあまり賛成はしていませんでしたが、ガス式のものは配管の関係で取付不能であり、孫が2人も来ると洗濯は相当増えるのでその性能や容量を検討して日立製のそれを買うことにしました。 

  リフォームの現場で衣類乾燥機が備えられた場面に遭遇しますが、洗濯パンにスタンド設置の足元には埃が溜まってるところがとても多いです。、スタンドの足元の掃除がしにくいと感じていたので、当方の建築魂を発揮して、理想的な衣類乾燥機設置法を検討してみました。

 洗濯パンに衣類乾燥機の足を乗せるのは、一番最悪の掃除のし難い方法であるので却下し 洗濯器と同じメーカーであればそれが取り付けられるように架台取付用のボルト穴が洗濯機に装着されている事が解りましたが、当方の洗濯機は東芝 買いたい衣類乾燥機は日立で取付が出来ない事が判明。

P3190157

以前より私は、衣類乾燥機を設置するなら、取り付けられる棚をつけるよと言っていたので、棚を付けようかと話していました。
そういう検討をエディオンでしているときに妻はカタログを観て壁に取り付ける金具があることを発見、担当者は『壁に下地の補強があれば取り付けられます』と私の頭の中では、その金具を使い壁に取り付けるのが清掃性 取付の安定性 設置スペース最小納まり 等を考慮してベストの方法で有ると又取付の棚を付けるよりシナランバーで補強壁を作る方が簡単 強固と即座に判断しました。






↑今の洗濯器と壁の関係


P3190166
今回シナランバー21ミリを補強壁として壁のコンセントから上一面に間仕切りに@100位でコースレットを打ちをして取り付けました。
この板のどこかに衣類乾燥機を取付する予定です。
衣類乾燥機は来週に来るので、今日はこの補強壁を取り付けて準備完了というところです。後はエディオンの配達の人が取り付けまでしてくれます。

 この板を取り付けて思うに、衣類乾燥機は出し入れしやすいように右の下側に取り付ける方法もあると思いました。衣類乾燥機には大きなハッチ扉がつくので、取付位置は重要なポイントになりそうです。
妻は衣類乾燥機を見てエディオンの人と取付の位置は決めると言っていました。

↑壁一面に衣類乾燥機を取り付けられるように補強を施した壁


P3190162 
事前に会社で寸法通りにカットして木下地の位置を調べ、その位置にビス取付用の下穴をあけて、確りと取り付け出来るようにしました。ビスは合計8×3列=24本以上打ち付けました。

衣類乾燥機は重く多少揺れるので中途半端はできません。
この方法なら、どんな所でも衣類乾燥機は足を設置しなくても取付が出来そうです。



P3190164
私の右手首にはmagnogripをつけて、取り付けるビスやビスキャップ取付用スチールワッシャをその磁石に取り付けてみました。こういうときには腰に難のある私は、道具袋を使いたくないので便利なアイテムです。アマゾンで買いましたが、アメリカ製のそれを売っているアマゾンすごい!

 私のインパクトを持つ右手首を注目です。ビスが数本磁石で取付されています。 私にはとても便利ですし、なぜだか手首の痛いのも緩和されています。

P3190156

 先週にはこの取付用の板を作成して下地の穴を明けるついでに洗面室の夏のお化粧用の扇風機取付台付の小物置きを制作してみました。これは妻も当方も気に入っていますが、妻はその小物収納は大きすぎると言う評価でした。

 自分で制作したものですから、寸法を小さくするのはいつでもできるので取りあえずそのまま使うことにしました。扇風機がおける丸い台が可愛くて気に入っています。

 自分で制作するものは、微妙な寸法は自由になるので機能的+ジャストサイズなものが造れるメリットがあります。

DIYを望まれる方がおられましたら、道具と場所といくらかの材料は無料で提供できます。ご自分でチャレンジできる方はご利用ください。
ただし会社まで材料を取りに来られる方限定です(笑)


最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします。

広島ブログ


地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください。 


 

お掃除ロボ エアコンクリーニング

image2 

←写真のエアコンはパナソニックのおそーじロボです。2008年に設置して、それから8年目です。今回初めてエアコン内部のクリーニングをしてもらいました。

今年 去年 その前の年にもエアコンのドレンが詰まり室内機から水漏れを少ししたので、エアコンのクリーニングをしてもらいました。
お掃除がいらない機種は色々なメーカーより出されていますが、そのどれも完全では無く、4〜5年過ぎると、熱交換器フィンに小さい埃が侵入して粘土がこびりついた様に汚れたり、お掃除機能部が汚れ、その機能をしなくなるような現象も起こります。

掃除がいらないと実際思える期間は短くそれを過ぎると、今回のように本格的にエアコンクリーニングを施す必要がでてきます。エアコンクリーニングをする業者さんは、お掃除機能のあるものの方が、汚れもひどく又クリーニングをするときは外して掃除するところが多くて繊細なクリーニングが必要になるようです。



image3

クリーニングには専用の器具が必要です。機械は バキューム 高圧洗浄機 高温蒸気洗浄の3つの機能を持っているそうです。 わりと大きな器具になるので一人での施工は難しいようです。

新築の当時、おそーじロボのお掃除機能を過信した私が、吹き抜けの高い位置にエアコンを設置していました。壊れたりドレンが詰まったりメンテナンスをするには、高所作業になります。

現在はそのような経験から、同じ吹き抜けでもメンテナンスし易い所に出来るだけ設置するように配置しています。








image4

クリーニングをしてその液を集めると、黒い水になります。
それほどエアコンの熱交換機が汚れていたり、カビが生えていたりするものです。

私は訪問していませんが、お掃除屋さんが施工したエアコンクリーニングは今回はかなり汚れていて、もう数年早い段階でクリーニングしたほうが良いとアドバイスをくれました。

施主さんからは、クリーニングの後はエアコンの効き目が良くなったとこの写真も添付いただいてメールをいただきました。


お掃除機能の付いたエアコンを過信してはいけない事が良く解る例です。




image1
床下エアコンはお掃除機能の付いていない単純なエアコンでフィルターは定期的にご自分で掃除していただいていましたが案外綺麗だったようです。クリーニングもお掃除機能が付いているものと比べると単純で綺麗に掃除出来たとのことでした。

ルームエアコンは様々に進化しています。掃除がいらないというのは大きな魅力の一つですが、実際は今回のように間違いなく汚れます。その時は面倒なクリーニングになります。

前々から思っていましたが、エアコンは、単純にフィルターを使用頻度にあわせて掃除を定期的にする。余計な機能のついていない、冷房除湿と暖房機能の付いた単純で安いものの方が、基本的な熱交換器の汚れも発見でき、長持ちするのではないかと思います。

最後に、エアコンはフィルターを掃除して熱交換器を汚れていない状態にすることが、カビの発生も抑えて冷暖房の効き目を良くします。そしてドレンが詰まって水が漏れる事も防ぎます。フィルターのこまめな掃除がその機能を発揮する最も大切だという事を付け加えておきます。

最後まで読まれた記念にポッチトをお願いします。

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください。

バルコニーからの雨漏り

広島市はまだまだ寒い日が続きます。先日バルコニーから水漏れを起こした現場に調査に行きました。当社の担当の人から状況を聞いていたのですが、実際に自分の目で確認するために訪問しました。DSC01790

天井が剥げ落とされ、痛ましい状態になっていました。
家は、メンテナンスがたいせつですが、雨漏りは予期しない事でも発生します。

この雨漏りの現場では、突然天井が剥がれて、床に落ちてきたそうです。



BlogPaintお客様から聞きとりをしたところ1階に水漏れを起こした時は2階のバルコニーには、水が掃き出し窓の下の方まで溜まり、長靴をはいて歩いたそうです。雨が漏ってバルコニーには水が溜まっていたという事は、排水をする。ドレンと言われるものに葉っぱや、雑巾や、洗濯物がまとわり、雨水の排水をさせなくなることが考えられます。

バルコニーの排水が1か所しかないので、このバルコニーに水が溜まっていたという事は、排水のドレンに何かが詰まっていたことが原因で下に水漏れを起こしたと考えられます。写真をクリックしていただくと大きくなってわかり易くなります。
DSC01783
水が溜まった状況を簡易的に再現すると、すぐに水漏れが発生しました。住まいを維持するには、水漏れは大敵です。

今回の場合、ドレンが詰まりバルコニー全体に水が溜まって水漏れを起こしたので、普通に雨が降った場合水漏れをすぐに起こす事はありませんが、再びドレンが詰まった場合、又漏れる事になります。


DSC01787

このお住まいには、2つのバルコニーがありましたが、もう一つには、雑巾が2つバルコニーの床に落ちていました。

このような雑巾や、洗濯を干して落ちたものや、葉っぱ等がドレンを詰まらせて、水があふれて水漏れを起こす場面に遭遇する事も良くあります。
今回は夜に訪問したので、写真をフラッシュで撮り家に帰るまでこの雑巾が床に落ちている事には気づきませんでしたので、すぐに電話して雑巾を撤去してもらうようにお願いしました。

バルコニーは小さなドレンという口で排水をする構造です。最近はその様な事を予測してオーバーフロー管を設置したりしますが、古い建物ではオバーフロー管は設置してありませんのでそこに支障を起こすと雨漏りを起こし、掃き出し窓を超えて室内に水が浸入する事もあります。今回もその様な状況に気づかない事で雨漏りを起こした考えられます。一旦雨漏りを起こすとその修理には大きな費用が発生します。特にドレンの周りには注意をお願いします。

最後まで読まれた記念にポッチトをお願いします

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越しください

カーポートの組立3日目とフェンスの柱取り付け

現在外構工事を進行していますが、カーポートの設置工事は3日目になりました。擬木の目隠しフェンスの支柱も取り付けられていました。

CIMG8448

私が、早朝現場に訪問すると、おはようございますのすぐ後、『衣川さん、フェンスの高さ30cmほど低くできませんかと』、いきなりの直球がとんできました。一瞬私の表情はブルーになってしまいました。


フェンスの建物側は、家庭菜園の場所として使われる予定があり、施主さんは、日当たりを考えると、フェンスを後30センチほど低くしたいとか??

しかしカーテン開けての掃出しの目隠しとして考えるとそのフェンスの高さはジャストな高さになっています。


どちらも兼ね備えるのは、無理のあるところで、どちらかが犠牲になりそうで、そのことを的確に伝えると、とりあえずこの高さで施工して、後に日当たりに問題がありそうな場合、後から、アルミの60mm×60mmの柱を上から切断して高さ調整をすることに決めました。

最初にそれを聞いたときは、一度柱を抜いて柱の高さを切り詰めると考えたものですから、一寸ブルーになってしまいました。
CIMG8449 - コピー

道路の上から見るとフェンスはちょうど良いか低く感じる高さになり前述のように道路に勾配があるため目隠しと、日当たりの両方を満足させるには、無理のあるところです。

カーポートの屋根が大きいので、家庭菜園側の雨水は、レインタンクを設置して雨水を有効活用できるように薦めたいと思っています。











______page_22_of_22






現場の担当者からは私のタブレットに、こんな感じでレインタンクへ雨を誘う計画をしようと届きました。
とても良い感じに納まりそうです。最近は、写真を図面として加工してメールで添付してくれるのでわかりやすくて助かります。

補助樋という考え方のようです。がこれを利用して雨を集めようと考えています。







IMG_8737



樋の図面を観ると、たくみな納まりが記述されていました。
色々細部にわたり考えられていて、これなら、もし樋が詰まっても取り外して掃除が出来そうだと感じたところです。














IMG_8735

シルバー色の樋は、屋根の下に取り付けられるように設計されていて、スリムに収まるように考えられていました。


カーポートやエアコンの排水は、建築をするときに配管をしておくことが必要ですが、実際の施工は、建築工事が完成してから行うことが多いので、事前の計画が必要な所です。



IMG_8738

今日は目隠しフェンスが取り付けられて、門扉も設置される予定です。
徐々に出来上がっていく様子が、施主さんも嬉しく感じられることだと思います。

カーポートの雨樋は、点検に行った時おとし口に土や葉っぱが詰まって取り除くのに困る構造が多いです。そこが掃除し易い商品に出会うと一寸嬉しくなるものです。

まだこのカーポートの組立はこれからですが、徐々に形が出来上がり、樋などもきっちり納まりそうなので嬉しい感じになります。

レインタンク 参考例 1 参考例 2
レインタンクをネットで価格を調べてみると、安いものから、高いものまでかなりの金額差がありました。驚きました。


男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

トイレと流しのビフォーアフター完了しました

CIMG0323
この度少し楽しい工事をさせていただきました。
写真の工場の古い手洗い場とトイレをビフォーアフターしました。
長年使われて修理もたびたびされていたことが判るように給水管は露出されています。

工事の前にもトイレの排水が詰まったと、2回連絡があり、都度バキュームの手配をしました。



CIMG0326

工場の最も暗い場所にある少し怖いようなトイレを、明るく綺麗にします。今回はお客様と私とでコーディネートします。



凄く古いトイレで、2階のトイレや雨水からの配管も露出されています。
私でも少し躊躇するようなトイレでした。











DSC_0480

解体の時は大勢の斫り屋さんが現場に入り、一日かけてブロックやモルタルで出来た手洗い場とトイレをブレーカーを設置して、斫りました。
壊さなければ、新しくなりません特にトイレは、地面の中にさまざまに配管を埋設するので床まで壊します。



image1

工事途中はこの様な改修工事では、思いがけないスチール柱が邪魔になるとか、壁が収まらないとか、既存の配管が邪魔するとか様々な障害が発生しましたが、松原工業の清政さんが色々工夫をして、進めてくれました。感謝です。

足元は、水で洗えるようにブロックを積んだり、壁には型枠を組んでコンクリートを打設したりと計画とはかなり異なる工事になりました。


DSC09183少し照明が暗いように見えますが、実際の現場は明るく新鮮な感じです。
床のグリーンは、特殊な塗料の塗床を施工して、水で流して洗えるようにする事が出来るようにしました。

天井は、白いダイロートンを使い浮いた様に見える天井のボーダーになる部分は、暖色の赤い帯にしてみました。
このような赤の使い方はシャープでフレッシュな感じのデザインになりました。正面の壁は濡れても良いように、コマニーのスクリーンにしたのでアルミの柱が入ります。この柱は無い方が良いのですが、濡れる事に強いパーテーションを選択したので仕方ありません!

DSC09196

ステンレスのシンクがLEDのダウンライトからの光を反射して、綺麗です。最近のLEDダウンライトはコストも抑えられて綺麗です。


この後手洗いには鏡も取り付けされます。












DSC_0203
トイレブースやスクリーンは、中間色である白を基調として清潔な感じに、扉はワクワク感をますイエロー 天井も清潔感を漂わすように白のダイロートンを使いました。

照明は明るさを強調させるために要所にダウンライトを設置しました。
壁の花柄は白のスクリーンだけでは、魅力に欠ける空間になるので、少し和を感じさせるような、花柄とも花火とも思える和モダンのクロスを選んでみました。ハットさせるようなホーカルポイントを造り出そうした意図があります。


床の薄いグリーンの色合いが、私には少し気になったのですが、グリーンは寛ぐ効果があるので、採用してみました。

暖色の赤はスピードアップ、その捕食である目に負担の少ない緑はスピードダウンを即す色と言われています。

このトイレに入るまではスピードアップ、そして中に入ると寛ぎと言う感じです。






DSC_0201




トイレは、仕事の上でも家庭においても大切な場所です。掃除のし甲斐があるトイレになりました。又腰の40センチほどは特殊塗料ユータック30を塗ったので防水の面でも安心です。ごしごし洗えて、ホースで流すこともできて、ノンスリップ加工にもなっています。
















DSC09192
私が今回のカラーコーディネートで使った色は、白 黄色 赤 黒 スカイブルー グリーン アルミ色 そして写真の紫ベースの花とも花火とも思わせる壁紙です。

少し日本的な雰囲気を漂わせてみました。白は主役にも脇役なる無彩色の一つですが、トイレには清潔感をもたらします。しかしながら、その割合が多いと、インテリア全体が単調でつまらない仕上がりになります。
そのために、黄色や紫ベースの花柄を使い、単調な雰囲気にならないようにしました。

又今回は膨張色である暖色の赤い帯を使う事によって、シャープな雰囲気を出すことも経験させていただきました。色 光 影 素材感それぞれが、お互いを強調させることが出来る要素もあり、またお互いの良さを消す要素もあります。

色は、人間と同じようにお互いを助け合うそんな関係をコーディネートしたいと思います。

キッチンにタイルを貼る

今日はキッチンの壁のタイルを貼りました。
名古屋モザイクのコラベルのモザイクタイルです。ドラマ『結婚しない』のリビングに貼られている彩色を採用されています。施主さんのブログ リンクしておきます。施主さんは、7色のモザイクタイルの比率をズバリあてられたそうで、名古屋モザイクのホームページに記載されていました。


DSC09249


実際にこのタイルを張ってみると、割り付けの寸法を出すのに、かなり複雑でその上、紙張りのピッチが微妙に異なり、タイルの割り付けが解読不明なタイルであることが解りました。

朝からタイルを貼ってくれる職人さんと、頭を抱えてしまいました。7色が混ざっているモザイクタイルですが、実際に張り付けると、木製キッチンの良いアクセントになっています。キッチンのレンジの前のタイルは、掃除がしにくいと嫌われる方もおられますが、木製キッチンの雰囲気を大事にするとタイルはフィットします。大判のタイルを貼って目地を少なくされる方もおられますが、今回のモザイクタイルも雰囲気はとてもよくなると思います。

サイドの部分はモザイクタイルがしつこくならないように、同じ型の白色のモザイクタイルを貼ります。目地を白目地を入れるので、完成が楽しみです。



洗面台どれが好き

 
毎朝使う洗面ですが、増改築では取り換えの最も多い部分だとおもいます。陶器の洗面台の場合は洗面ボールが割れている事もよくあります。

又ホーローの洗面ボールでは、傷から錆が発生している場合もあります。洗面台は毎朝お世話になりますので、過酷な使用状態だといえるでしょう。又ドライヤーや髭剃りや化粧瓶を落とすこともあるので、そのようなことで、陶器等は割れることもこともあります。

洗面台のボールは、陶器製・樹脂製(人口大理石)・ホーロー・ステンレス・鋳物・ガラス・銅・青銅・セメントを使った研ぎ出しなど様々な、素材があります。

DSC02783CIMG1257CIMG1209

上から強化ガラスの洗面ボール         
陶器の洗面ボール      
ポリエステル樹脂の洗面ボール  

最近は一般的に多いのはやはり陶器だと思いますが、最近増えているのがポリエステル樹脂でできた、ボールと一体になった洗面台だと思います。

時にお客様から洗面ボールの材種は何が良いかと問われますが、先に書いたように陶器製のものは割れることもあるので、割れにくいポリエステル樹脂製のボールが良いと思います。しかしデザインで選ばれる方は、デザイン優先に選ばれるものだと思います。

又上の写真のポリエステル樹脂の洗面ボールのように、水切れ良く掃除のしやすいように洗面ボールの壁に取り付けられた湯水の兼用カランは、洗面台を清潔に保つには、便利の良いものだと思います。

ステンレスのヘヤーライン仕上げのボールは、丈夫で長持ちしますが、小さな傷が気になる方には不向きでしょう。耐熱強化ガラスもよいと思います。ガラスは基本的には、石鹸と化学反応をおこして、小さな傷になり曇ってきますが、耐熱強化ガラスの場合は石鹸と反応しにくいと思います。

キッチンやトイレと同じように毎日過酷に使用される洗面台ですが、綺麗にしておきたいと思う場所でもあります。綺麗に使って、毎日を楽しくしたいものです。


男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ 



プロフィール

きぬさん

クリックをお願します
広島ブログ

広島ブログランキングに参加しています。ポチポチとお願いします

にほんブログ村 住まいと健康ブログへ   人気ブログランキングへ
 
今日も明るく元気に
ポチ・ポチまいりましょう

地下熱循環住宅のカオル建設
ホームページも見てくださいね!

この記事内の検索
最新コメント
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気
ギャラリー
  • ユニットバスの修理とカビ
  • ユニットバスの修理とカビ
  • ユニットバスの修理とカビ
  • ユニットバスの修理とカビ
  • 天窓から雨漏りとスカート
  • 天窓から雨漏りとスカート
  • ライブドアブログ