P4210005先週は初めて東京大学の中に入りました。

地産ECO断熱協会の総会によばれて、当方は20年以上もCF断熱を行っていて、施行者の皆さんでも知らない 断熱施工の成功例や失敗例を『セルロースファイバーの知られざる活用法』として、実務経験をもとに話させていただきました。

3人の講師でしたが、最近東大の教授を退官された坂本雄三先生と東大准教授の前 真之先生の間にわたしが話させていただきした。

普段は両先生には色々情報を発信いただいて、これまでもエアコンの使い方などのヒントを沢山いただいています。 







P4210007 
坂本先生はいつもキレのある話で 、行政とのパイプのある補助金の活用度など生きた話が聞けます。それに先生のお話は、近い将来実現する可能性のあるお話しをされています。







P4210009 
今回もたくさんのお話をされましたが、私の印象に残るのは、FIXIT社のエアロゲル入り漆喰断熱を紹介されました。
坂本先生の方からの紹介でなければ 信ぴょう性が乏しいと思うところですが、先生が紹介されるので、効果の高いものだと思います。






P4210011










P4210012 

前先生は何時もながらの面白い発表です。
Xナレッジの木藤さんもホームビルダーの荒川さんも来られていましたが、先生が自ら紹介される『これが私だそうです』とゴルゴ13のキャラクター 漫画と先生の説明に笑ってしまいます。
日本の地域別ZAHの採択率等をお話しされました。



P4210021
 
面白い着眼だな思ったところは、建築は材料をぬいて 手をぬいて儲けている会社が多いことをするりと伝えるとともに、コンピューター視線より、それがダメな設計者を超え田能力をもち『オマエタチ人間ニ設計スル資格ハナイ』とパソコンカラノ 声で話されていました。





P4210030
 以前広島での前先生の講習でも、先生からソフトを薦められましたが、理屈の解らない設計者が構造・温熱・日射取得などを行うよりパソコンが行う方がより確実に行えるという事を警鐘しているのだろうと思いました。
先生の発表のプレゼンの中に先生の広島市にお住まいの親戚の方の家に断熱改修の現調のために訪問した時の私の写っている写真が何枚かあったので驚きました。



P4210029 

又、実に客観的に、大開口窓の、冬の太陽熱利用は出来るが、窓から逃げる熱と天秤にかければどちらが得か損か解らないと漫画で説明されました。私もまったくそうだと思います。 

相変わらずの前先生の発表ですが、聞きごたえがあります。




DSCN0667_hosei
 両先生の間に私が話させていただきましたが、 私の発表は、当方がこれまで取り組んできた建物の、高断熱・高気密だけでそれを建てても、室内に冬の寒さが残る所、そしてその具体的な対策法と、夏対策の実践例等そしてCFの吸音の事を話させていただきました。




DSCN0666
 また、坂本先生が取り組まれているYUKAKOという冷暖房空調の方法とよく似たところもあると思いますが、私が 独自に提案する、窓に向けるACの活用法とか、CFを使った一寸特殊な考えの吸音の方法等を話させていただきました。
30分しか時間が無いので、すっ飛ばしての話にはなりましたが伝えることは伝えたつもりです。 




P4220072 

 東大は、巨木の茂、森のなかに学舎があるというイメージでした。

建築も古い建物が誇らしく並んでいましたがそれを妨げる事の無いように新しい建物が建てられていました。

樹木を観てもその歴史が感じられ、又最近当方が気になっている樹木の皮につくカビ・苔も広島と違い東京の空気は湿度が少ないのだろうと感じて、講義の次の日の朝二日酔いの体にムチ打って再びそこに訪問しました。








P4220073 
耐震改修をされたのだろうと思われる建物も、凛としてその存在を新たにしている建物にも一寸した嬉しさを感じたところです。水平構面を強くするように、水平の部分に、鉄骨の火打ち梁が施工されています。

そういう構造が連続すると美しさが増しますが、まさにデザインの基本の一つシンメトリー コンティニュイテイと言う手法と構造が確りと意識されたデザインがそこにありました。











P4220054


 ケヤキの道を抜けるとそこには内田祥三さん設計の法文2号館がありました。
建築デザインでも、学園計画でも妥協していない、歴史ある建物がこの東大の中には確かに存在しています。

観光の方も多くおられるようでしたが、東京観光の一つのスポットとしても薦められる素晴らしい場所であろうと感じました。

私はこの4月〜5月の新緑の季節は木の大きなエネルギーに体が反応して、おなかが痛くなることが多いのですが、それに拍車をかけた2日酔いがおなかをぐるぐるさせていましたが色々な発見のある充実した2日間でありました。




最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします。

広島ブログ


地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください。