快適な暮らし応援隊

住まいは暮らしそのものものです。健康に暮らせる住まいに拘り、住宅創りの仕事を通してチャレンジした事を日々の私の楽しみをお伝えします。 又学生時代から続けているレスリングの事や趣味の料理の事もお伝えします。

断熱性

 健康に毎日を楽しく暮らすことは、誰もが願っていること。 寒さ暑さ湿度によるストレス少なく 良質な空気 適度な太陽光の日射を取得する住まいに暮らす。そして毎日の健康になる食事 健康を助ける活動量の最低3つがそろって、健康で楽しい暮らしは実現します。 3つをそろえて健康で楽しいを生涯にわたり貫き、楽しく愉快にPPK(ピンピンコロリ)を実現したいものです。

いつか日の目を当ててあげたいもの


CIMG3124

←私が遅く帰るときに土橋の電停の近くのコロンボというワインのお店です。いつも賑やかです。

 当方は最近は店舗の工事をあまりしませんが若いころは夜な夜な店舗工事をしていたものでついついこの繁盛店は気になっています。

 繁盛するお店は、店舗の中が見え明るい雰囲気が多いです。私が思いうに、お店の中が見えるのは微妙な安心感があることと、その中の明かりに人は虫のように引かれる所があるのだと思います。
最近の美容院も中の観えるお店が繁盛店になっていて、閉店後も電気を付け中をみせているところもあります。

DSC_0763 

←賑やかなお店と私の頭の中を繋いでいるものが、写真のものです。

以前家が寒いのと、この掃出しの木製ガラス引き戸の動きが悪くなったことで樹脂+アルミのペアガラスの断熱サッシに取り換えた時のものです。

この建具と一番上の写真のような店舗の内装が頭の中で結びついていて捨てられなく建具屋さんに保存してもらっていました。これを今造ると結構高額な費用がかかります。


 会社にはスライス煉瓦の残りもあって処分しようと思っていたものと結びついてしまいました。











CIMG3134
←パースは久しぶりに私が書いたものですが、書きながら色々なアイデアを形にしています。小さなお店の計画で、一寸雑な書き方ですが頭の中に結び付いたものを具現化したものです。

外壁はスライス煉瓦で、サッシは上の写真の木製ガラス引き戸です。

居酒屋は、寒くてもお酒を飲んでいて服も来て活動量もそこそこでシングルガラスでも寒さは殆ど感じませんが、ユックリくつろぐ場所では寒さを感じるので私の考えたことは、3枚引き戸を2重にしようと考えています。

 気密は取れませんが、ある程度の断熱効果はありそうだと思います。2重木製3枚引き戸は試してみるかいはありそうです。



捨てればごみ使えば資材となるものは沢山ありますが、本当はストックするのに一番費用がかかります。

会社には古い田舎の家に使われていた階段も欅の7寸の床柱をスライスしたものもあります。私には宝物にも観えますがゴミにも観えます(笑)


最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください








開放的な間取りとZEH申請について

 昨日は、広島市で三菱電機さんの大規模な展示会がありました。そこでZEH(自前で調達するエネルギーが使うエネルギーより大きい住まい)対応を即座に見分けるソフトがあって、延べ床120屬納腓燭覽鐚100屐,修梁承鐚20屬播方が行う100mm付加断熱を行った場合予測できる外皮平均熱還流率0.28 冷房期日射取得率2.7の場合、ZEH対応する自前で調達するエネルギーの太陽光発電は5.3kWでした。

 
DSC05081
 私は主たる居室とその他居室を分けるようにすることは望ましいとは思っていません。家の中はできるだけ開放的で寝室などプライバシーを必要とするところのみ、その他居室で良いと思います。当方では、リビング セカンドリビング お洗濯を干すスペースなどは活動量を考慮してできるだけ、空気の繋がるよう開放的な空間としているのでその全体が居室になります。そういう部分からZEHには少し否定的な面を持っていましたが、太陽光5Kなら費用負担もそんなに多くないので、ZEH対応も可能かと思いました。


 開放的な間取りでもエコキュート+LED照明+エアコン(は)でもOKでした。先にク体の省エネ性能を伝えると、それをまかなう太陽光発電容量5.3kWは簡単に出してくれました。片流れ屋根なら乗せられそうです。

 又私が使う三菱の住宅用の除湿機も威力を発揮していますが、ビルの小屋裏結露防止のための小型除湿機に興味を持ちました。



ビル建築の場合の快適冷房温度26度 湿度60%と言われる理由は、仕事中眠くならず効率よく頭が働くその温度が26度ということのようです。少し寒くて人の健康よりも仕事の効率を重視するところが、合理化日本と感じました。

 そしてルームエアコンの担当者の方に床下AC用のルームエアコンの開発を待っている人はたくさんいますよと伝えておきました。楽しみに待ちます。

今度小型除湿機の検証をしてみようと思います。


最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください

プロフィール

きぬさん

クリックをお願します
広島ブログ

広島ブログランキングに参加しています。ポチポチとお願いします

にほんブログ村 住まいと健康ブログへ   人気ブログランキングへ
 
今日も明るく元気に
ポチ・ポチまいりましょう

地下熱循環住宅のカオル建設
ホームページも見てくださいね!

この記事内の検索
最新コメント
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気
ギャラリー
  • なぜ天窓?
  • なぜ天窓?
  • なぜ天窓?
  • なぜ天窓?
  • ユニットバスの修理とカビ
  • ユニットバスの修理とカビ
  • ライブドアブログ