快適な暮らし応援隊

住まいは暮らしそのものものです。健康に暮らせる住まいに拘り、住宅創りの仕事を通してチャレンジした事を日々の私の楽しみをお伝えします。 又学生時代から続けているレスリングの事や趣味の料理の事もお伝えします。

 健康に毎日を楽しく暮らすことは、誰もが願っていること。 寒さ暑さ湿度によるストレス少なく 良質な空気 適度な太陽光の日射を取得する住まいに暮らす。そして毎日の健康になる食事 健康を助ける活動量の最低3つがそろって、健康で楽しい暮らしは実現します。 3つをそろえて健康で楽しいを生涯にわたり貫き、楽しく愉快にPPK(ピンピンコロリ)を実現したいものです。

自宅でパソコンを使いたくて考えました

DSC_0200

最近の私の仕事のスタイルは、家に帰ってからノートパソコンでアーキートレンドで耐震設計をしたり平面プランを計画しています。そういうライフスタイルのなかで腰への負担を減らして少しでも楽に仕事ができないかと考えてソファーの上で使える机がないかと考えました。


これを造る前には家にある低いテーブルを使って試みましたが、ピッタリサイズの机があるわけもなく。廃材で作ろうになりました。現場ではシナランバーで家具はたくさん造っているので会社の1階には廃材が積まれています。それを利用して制作したものが写真のテーブルです。

徹底的にシンプルにそして最も軽い材料であるシナランバー21mmでこの字型に製作しただけのテーブルです。

最初に造ったときは、8儿發ったのですが、高すぎたので8僖ットしたものです。案外使いやすくそのまま下におろしてチャブ台のように使うこともできました。私のこの写真では、カープの勝利を確認しながら1〜2時間テレビも見ながら仕事ができました。





PA180592


ソファーの下におろしてちゃぶ台風のテーブルにして使います。







DSC_0198

変速的な使い方ができるシンプルな机を造りましたが、使わないときにしまっておく方法や、ほかの活用法は無いものかとも考えて写真のような、収納のボックスを後から2個作り座っても使えるように考えました。

人間は同じ姿勢で仕事すると体への負担があるので、ソファーを使ったり絨毯のほうに座ったり机の高さを変えたりするのは。案外体への負担が軽減されることがわかりました。


私の拘りはこのテーブルの脚になるものを収納にしたり、机を使わないときに収納になるように頭が自然に回転します。こういうものの制作を始めすると、自然に色々と工夫するようになります。











DSC_0202

テーブルを使わないときは、足としても使う2個の穴あきシナ合板の箱が2個縦に重なって、この字型の机が変身し収納の箱になります。

私がこの中に入れるものは、洗濯を干すハンガーや日常使う私の物を収納しようと考えましたが、それよりも捨てるものを捨てたほうが片付くのかなとも思いました。

子育て世代では、玩具を収納したり、テーブルとして使うのも良いのかな。みなさんはこのソファーテーブル→ちゃぶ台→収納に変化するこれを如何思われますか? またこれをもう少し改良したら使いたいと思われるものに変化しますか?そういうアイデアがあればコメントください。

私には、積み木のように変身する収納システムは大きな玩具にもなって面白いものに変化しそうだと感じています。子育て世代には木で育つ『木育』と言う言葉がそれになると思います。







DSC_0203木で遊ぶことは私のようなプロの建築家でも楽しいものです。そして好き嫌い、拘りは人それぞれ異なります。

我々工務店は、このような家具に近いものを造るのは結構得意です。

最近の私はエアツールに凝っていて持ち手の穴はエアツールの1Cm巾のベルトサンダーで削り四角い穴を綺麗に仕上ました。

下の穴は、このようなボックスの場合下に埃がたまるり目につく事があるので、あらかじめ穴をあけて埃を外に自然に出やすくするように考えてみました。その穴からの埃は掃除機で吸われるので、いらないかなとも思いますが・・・・・。

このような穴をあける方法は一寸したコツとそれなりの道具が必要です。

このブログを書いているときは、机を床の絨毯においてそこに座って打ち込んでいます。案外高さ20僂曚匹猟磴ごはパソコンを使うには楽です。ノートパソコンはどこでも使えるように設計されています。

それをもう少し変化させて、どこでも快適に使えるように机も収納も変化させることができそうだと感じました。



自分で考えて自分で作るそういうもの中には、一つ上位の楽しみが潜んでいそうです。そして廃材は材料費は無料です。皆さんもチャレンジされては如何でしょうか!!
会社にある廃材は、いずれお金を払い産業廃棄物になります。ご入用の方は有効利用していただけると助かります。

最後まで読まれた記念にポッチトをお願いします。

広島ブログ


 地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください。



30年前の鏡台を孫の机に改良しました。

30年前嫁入り道具だった今は使っていない鏡台を、孫の机に改良しました。
P2210023
仕事の合間2時間ほどかけて、鏡台の鏡と上の引き出しの部分を壊して、上にシナランバー21ミリを使い天板を作り丸山塗装さんにオスモウッドワックスのホワイトスプルスで仕上げてもらいました。

天板の色を白か黒か同色の茶色かで悩みましたが、孫が使うので明るい白色にしました。鏡台の高さと椅子は、小さい子供には丁度よい高さになると思い改良することにしました。



P2210024私が簡単に作るので、家具屋さんのような細工は出来ないので、天板を造り上からビスで留めたものです。この留め方もビスキャップというものでとめるか、皿ビスで天板の面合わせするか、ダボ止めするか、接着するかを考えましたが、後壊すのが簡単になるようにビスキャップ止めを選択しました。

この少し丸くしたコーナーは小口テープを巻きましたが、寒いときに施工したので、両面テープで取り付けるにはヒートガンが必要になりました。

改良中の様子はこちらからご覧ください。


P2200016
←机にするために古い鏡台の、上の余分な物を撤去した状態の写真です。

このまま捨てられるところでしたが、孫の机として使ってもらえれば新しい価値が生まれると思います。
今日は私が電話したら、『今テレビのポニョをみているのでポニョが終わったら出るわ』・・・・・・・!孫もこちらに来るのはポニョと同じぐらい重要な事ということです。(笑) 
この机を見て」どんなリアクションが見れるか楽しみです。



最後まで読まれた記念にポッチトをお願いします

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越しください




30年前の鏡台を孫の机に改造しています。

CIMG0471妻が嫁入り道具として持って来た鏡台今は殆ど使っていません。孫が来た時に孫の机として妻が使わせていましたが、使い勝手が悪そうでした。使いやすくなるよう、一寸改造してみました。

当時は高額な鏡台でしたが、壊すと造りはパーチクルボード(再生紙)に薄い合板が貼られていたので天板より上の余分な引き出しの所は直ぐに壊すことが出来ました。




CIMG0468
我々工務店の特権で、道具や材料は会社にある物、余った物で賄う事がでします。スマートウエルネスの完了報告書や、不動産の売買の関連の仕事を終え私に与えた時間は2時間です。

シナランバーを使い天板を作りましたが、今日は少し寒かったので木口テープは接着を拒否していました。急遽ヒートガンを持ち出し、500℃の熱で熱して無理やり接着させました。接着剤や両面テープは温度によって接着の可否が左右されます。最近は接着のプロと自称しているところです(笑)

一応私に与えた2時間は予定通りに天板完成となりました。
天板の色を昨日完成した、物入れと同じ黒い色にしようかと思いましたが、孫が使うので明るい色のほうが良いかと思い、オスモウッドワックスのホワイトスプルス(白)を塗ることにしました。又塗装屋さんの丸山さんに登場してもらいます。

古い鏡台の上に白い天板、はたして孫ちゃんが喜ぶのでしょうか? 

完成にはもう少しかかります。完成したらお見せします。

最後まで読まれた記念にポッチトをお願いします

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越しください
プロフィール

きぬさん

クリックをお願します
広島ブログ

広島ブログランキングに参加しています。ポチポチとお願いします

にほんブログ村 住まいと健康ブログへ   人気ブログランキングへ
 
今日も明るく元気に
ポチ・ポチまいりましょう

地下熱循環住宅のカオル建設
ホームページも見てくださいね!

この記事内の検索
最新コメント
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気
ギャラリー
  • カビ退治
  • カビ退治
  • カビ退治
  • カビ退治
  • 汚れたタイルを綺麗にする
  • 汚れたタイルを綺麗にする
  • ライブドアブログ