洋服を架けることは実は大切なことです。当方のクローゼットの中も洋服でいっぱいです。
私は大雑把で洋服がしわになってもあまり気にならない人間ですが、オシャレな方はそれが非常に気になります。お客様の招いたときにそれを見える場所にしわにならないように架けておくことはお客さまへの細やかな優しい配慮になります。必要なマナーといえるでしょう。


CIMG2104


















 今回大町西の家見学会のとき、私が考えているお客様用の洋服掛を玄関収納の横に取り付けてみました。


 私の頭の中にはこの洋服掛けも様々なアイデアが方ありますが、壁に取り付けた木球に絵を架けるワイヤーを応用して出来るだけお洋服がみえるように大量にそれが掛けれるようにした方法です。実際は重ねると10着以上もかけることはできます。

以前の私の発想のわかるブログをリンクしておきます。



CIMG2107


















 ワイヤーと絵を架けるフックと組み合わせました。上下にも木球にもハンガーを架ける事が出来ます。この方法ですと、前述のように多くの洋服がかけれます。


使ってみると本当に便利です。魔法のように沢山の洋服が掛けれます。一寸したことですが嬉しいアイテムでもあります。



CIMG2105


















 一番下はワイヤーを輪っかにしました。近くのジュンテンドー(ホームセンター)で買ってきました。ホームセンターにあるものを組み合わせてアイデアを具現化するのは面白いです。会社の近くのジュンテンドーの店長さんとは仲良くなりました。


最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください