快適な暮らし応援隊

住まいは暮らしそのものものです。健康に暮らせる住まいに拘り、住宅創りの仕事を通してチャレンジした事を日々の私の楽しみをお伝えします。 又学生時代から続けているレスリングの事や趣味の料理の事もお伝えします。

洗面

 健康に毎日を楽しく暮らすことは、誰もが願っていること。 寒さ暑さ湿度によるストレス少なく 良質な空気 適度な太陽光の日射を取得する住まいに暮らす。そして毎日の健康になる食事 健康を助ける活動量の最低3つがそろって、健康で楽しい暮らしは実現します。 3つをそろえて健康で楽しいを生涯にわたり貫き、楽しく愉快にPPK(ピンピンコロリ)を実現したいものです。

戦利品


CIMG6660

会社には現場から持ち帰った、いわゆる戦利品のようなものがゴロゴロしています。一寸捨てるには勿体ないかと思いますが、数日後には会社のゴミ捨て場に場所を移しています。

写真は台所のシャワー付き混合水栓カランですが、こういうデザインのものが日本で出始めた当時に取り付けました。かなり高かったと記憶しています。

今回タッチセンサー式の後継機種に取り換えしました。案外お求めやすい価格になっていました。


一寸分解してみると、色々考えて造られているなと、勉強になります。モノづくり日本と誇れるとおもいますが、今では海外の安いものも沢山出回っています。

IMG_2844

写真は、洗面のシャワーカランです。

洗面のそれは、洗面台より早く壊れます。後継機種が定められていない場合は洗面台事取り換えてくださいと、メーカーは言います。

私はそれに反旗をかざして、自分で後継機種でない他の商品と取り換えています。



皆さんいかがですか、まだ使える洗面台をカランが使えなくなったからと言って、高額な費用を払い新しく綺麗な洗面台に取り換えされますか?? それも必要かと思いますが、それを延命させることも必要だと私は思います。

そして会社に、不要なものが増えます。(笑)


大阪サンワカンパニーさんに行ってきました。

娘が出産で帰宅しているという状態で、当方は大変な風邪をひいてしまいました。
日曜日に大阪梅田のグランフロント大阪北館5階のサンワカンパニーさんという所にキッチン・洗面・扉・タイル等を選びに行ってその帰りには新幹線の中で完璧にダウンしました。翌日は唐川内科にお世話になり点滴で少し良くなりましたがこの風邪は少し長引きそうです。

BlogPaintそのサンワカンパニーさんは、スタイリッシュな感覚の商品を品ぞろえしています。私もかなり気に入って商品選びをすることが出来ました。


まずはキッチン、床面から浮いたような感じがするL2700のアイランド型のキッチンです。価格もこのタイプのアイランドキッチンでは他のメーカーより多少リーズナブルな価格でした。

施主さんも熱心にやり取りされています。この浮いたようなデザインのキッチンの場合、収納力が少なくなることと、ガゲナウ・ミーレのような床から設置する使いやすい食器洗い機が取り付けられない短所がありました。
P4030344

置くだけのバスタブです。この場合床の防水がひつようになります。今回はミラーリングの手法を用いて設計しているので、この浴槽を外と内の2個使う予定です。このショールームのようにガラスに映るようにもうひとつガラスの向こうにバスタブを設置します。一寸した贅沢です。



P4030342
ラディー という洗面台ですが、イタリアのルイジ・ヴェラーティというデザイナーがデザインしたもですが、私も気に入った機能を持っています。洗面台の横は化粧品や髭剃りなどがが見えるように収納で来て違和感のない収まりになると思います。洗面の道具や化粧品を見せて使う機能+デザインを合わせて望むとこのような形になるのかなと感じる商品です。

私は好きです。
DSC_1727
フィーネという、スチール枠の洗面台ですが、下側に引き出し収納があり、その上は棚のようなスペースになっています。建築的には、匂いを封じるトラップが壁排水タイプなので配管のスペースが別に必要になります。洗面の幅が少し少なくなる可能性も秘めている商品です。

洗面台の扉を開けると中がゴチャゴチャということをさせないアイテムの一つになりそうですが、合わせて断舎利も必要でしょう。

DSC_1721

原色のハイドア 白 グリーン ブルー レッド イエロー すべてが厳選されています。こういう色を組み合わせるだけで、単純ですがワクワクするような感じになるのが不思議です。


P4030355

大判タイルのコーナー 高品質な品揃えがうれしいです。
価格もリーズナブルな部類です。





DSC_1733
ガラス間仕切り

開きの組み合わせもできそうです。今回は特注をお願いしました。価格は後に知らせるそうです。
















P4030354
そして私を嬉しくさせてものは、窓の手動の日除けスクリーン色々考えられているとこがみられました。説明すると長くなるので今回は写真のみですが、これを取り付ければ西側の開口が暖房として使えます。





P4030349
都合施主さんとサンワカンパニーのショールームに11時に入店して気が付いたときは、昼ごはんも食べずに18時都合7時間ショールームで商品選びをしていました。

雨の降る広島を9時ごろの新幹線自由席にとびのり、帰りも新幹線自由席に滑り込み、風邪でダウンの日帰りの大阪でしたが、新しい商品に出会えることが出来て良かったです。

今後もこのように旅費は必要かもしれませんが、大阪で商品選びをするのも良いと感じた一日でした。建築は楽しいですね!!


最後まで読まれた記念にポッチトをお願いします。

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください。

我が家のリフォーム洗面&風呂&洗濯

DSC01740

←我が家の22年年間も使ったお風呂です。タイル貼りのユニットバスで、その壁のタイルには小さなヘヤークラックが沢山入っています。浴槽も小さな傷が沢山ついていました。

給湯機20年以上経っているといつ壊れてもおかしくない状態です。もう少し使えそうかとも思いますが、思い切ってエコジョーズに取替しました。価格が高くなるので、10年ぐらいではもとは取れそうにないと思いましたが、使ってみないとわからない事があるので、それを選択しました。

以前のお風呂のユニットバスの点検口から、少し大きめなサイズにならないかと何度か寸法をとり、少し大きめな1316タイプのユニットバスが入ることを確認できました。風呂は大きい方が良いと思われる方も多いと思いますが、1616サイズほど大きいとそれだけ掃除をする面積が増えます。
この風呂の掃除は時々私が担当していましたが、掃除ストレッチには丁度よいサイズでしたが、足を延ばすにはもう10センチ長い浴槽が良いなと思っていたので1316が入るのは嬉しいと感じたところです。

CIMG0459今回取り換えたユニットバスは先に書いたように1316サイズのTOTOのサザナにしました。人間工学から考える浴室のジャストサイズはと改めて気になるところでもあります。

TOTOのユニットバスの床は、ほっからり床といって柔らかい素材で出来ているので、床に座って体を洗う事が出来ます。柔らかい床に座るともう椅子もいらないかなと思うほどです。TOTOの担当の方からお風呂で使う椅子の足は4本脚などの設置面積の少ないものは不可で設置面積の大きいものを買って下さいと教えていただきました。そのことを妻に話したら『もう注文したよ!』・・・・果たしてどんな椅子が来るか楽しみです。

床は暖かいのですが、浴槽の縁に背中が当たると、一寸冷たいのが気になります。浴槽が断熱性能が良くて熱伝導率が小さいから逆におきる現象ですかね!暖かさが売り物のユニットバス少しだけ残念な所です。

綺麗好きの私たちですが(笑)最低限のシンプルな浴室を選択しました。価格もそれだけ安価になります。僅か5センチほど出ているコンクリートの梁の為に梁カットという壁に梁型を造ることも必要でした。これは価格が上がる事になります。

DSC01735

←以前の洗濯・脱衣・洗面台を設置したスペースは、洗面化粧台の収納が間仕切り壁のように存在して少し洗濯が難しいプランでした。妻は色々考えて、洗面台の収納が邪魔をして、空間が狭くなっていることに気づき
洗面台と洗濯機、配置の大幅変更を試みました。




洗濯機を以前の洗面台の位置にして、入口正面に洗面台を配置することにしました。







CIMG0455

←今までとはスッカリ変わり、同じスペースとは思えないほど広い空間が確保されています。洗面の横は、背の低い収納を考えているようです。

脱衣のスペースもしっかり確保できて洗濯のスペースも広く使いやすくなっています。洗面・洗濯・脱衣を兼ねるスペースですが、狭く感じていたスペースが広く感じるようになり、大正解の配置になりました。

狭い空間は、出来るだけ広く見える工夫が必要だということを実践した例になったと思います。使い勝手が便利になり、ユーティリティーとしての要素が増えたように感じます。

色は白基調にしたことも幸いして、広くて明るくて綺麗になって、トイレも含めて家に帰るのが楽しいと思えるように心が変化しています。自分の家を改装してリフォームは大切な仕事だと改めて感じる所です。担当してもらっているSさんには大変苦労をおかけしました。





最後まで読まれた記念にポッチトをお願いします

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越しください

洋服入れをキッチンにします。

ライフスタイルが変化と共に、キッチンを増設することもあります。
今回は収納をキッチンに変化させています。
IMG_1460



今回このスペースをキッチンににします。

お客様からの要望は、予算は最小限で、このスペースへキッチンをとの要望です。

早速の私の行動は、そのようなお話を頂戴してすぐに、お客さんと一緒に私が知りえる範囲で一番安くキッチンが購入できるホームセンターに行き、2万円台のキッチンを購入。合わせて、給水給湯の混合栓や流し元灯も購入しました。総額5万円でお釣りがくる程度でした。



色や製品の細かな事を選ばなければ、ホームセンターで購入できるものの方が安く調達でいると思います。
出来るだけ費用を抑えての要望に応えるために、建材も当社に在庫しているものを極力使う事にしてのスタートです。

CIMG7642


洗濯機も洗面室に新たに設置するので、その工事と、脱衣室を暖かくするようにの要望にも応えます。


大工さんのみのる君は、床を釘をもろともせず火花を散らしながら切ってくれています。

この建物はRC造で床はおき床方式でその床を構成しているのは、パーチクルボード21ミリ コンパネ12ミリ 床15ミリで合わせた厚みは47ミリもあり丸鋸の刃がやっと届く範囲です。


CIMG7672

今まで洋室として使用されていた部屋にキッチンを増設するとなると、IHヒーター 冷蔵庫 電子レンジ オーブン トースター 炊飯器などさまざまな電気調理器具が持ち込まれますので、分電盤から専用回路を、増設することが必要になります。


その専用回路を増設するには、天井か床に配線して、壁に立ち上げますが、その工事を成就するには、時に点検口を付けたり、又ダウンライトを外して入線したりします。

電気屋さん二人がかりで頭を絞っていました。



CIMG7667



大工さんに、電気配線の為の天井点検口を付けてもらっている間にも、設備屋さんが、水が繋げないので、この辺に穴を開けて欲しいとの要望、急きょ私が穴明けをすることになりました。


設備屋さんからの指示の場所に穴を開けるとそこにピッタリと水の配管が現れました。さすがです。!





CIMG7680
現場では、大工さんと私が、床や壁のあちらこちらに穴をあけて、お湯と水の配管をしてもらって、電気屋さんはそれぞれ家電の来る位置に、コンセントを増設してもらっています。


ピンク色のパイプは架橋ポリパイプという配管材で、お湯の配管に使われます。以前は銅管を使ってお湯の配管をしていましたが、経年変化で銅管には小さな穴の開く事故が、多いので最近の工事では、この架橋ポリパイプを使っています。


肺がんを克服した、電気屋さんの会長さんも今日は、引き回し鋸を使って、作業をしています。手術後完治まではまだまだの状況ですが頑張ってくれます。頭が下がります。

CIMG7659
頭をしぼり、知恵をだし、体を動かして、配管や配線の工事が進行していきます。


私もこのような場面には、度々に遭遇しますが、何とかする自信はありますが、具体的にその手順があるわけではなく、現場で何とか完結させているだけです。


CIMG7655
分電盤に専用回路を増設します。
この家は、当時としては、オール電化住宅のはしりの頃でしたが、それでも専用回路が多いです。

これから新しく4回路増設します。




CIMG7676





下からも、上からも、壁の中へも配管や配線を巡らせます。
電気も。お湯も、水もパイプを通って、所定の位置に導かれます。携帯電話やパソコンは電波で飛ぶようになりましたが、現在の所他の手段の選択しはありません。






CIMG7683
大工さんの、前にはばかる白い壁に穴を開けて、部屋をつながるようにします。

新築の当時この壁は将来撤去することが出来るように考えて設計をしています。
ライフスタイルの変化に対応する様に先を見据えた設計が生かされます。


現場では、頭を使い、体を使い、道具を使い工事を進めます。私には、完成した姿が見えていますが、当社の在庫の商品を使う事も含めて、お客様にはその姿の全貌は見えていないと思います。

要望に応えるべき、安くて機能のあるものを造ろうと頭をひねっています。


完成ののちには、アフターの全貌をお見せしたいとおもいます。


2月1日(日)に安芸区瀬野にて、完成見学会を開催します。
エアコン1台で全室を暖房する住宅です。

見学には予約が必要となりますので、
カオル建設までご連絡ください。
ご連絡をお待ちしています。



広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ 











カランからの水漏れ修理 

水道の蛇口から水漏れを放置しておくと、水道の料金は上がります。逆に漏れていることがわからずに水道料金が高くなって漏れている事に気づかれる方も多いと思います。漏れていることがわからずに、高額な水道料金が請求された場合 水道局に理由を申し立てると、後で漏れた水道料金分は還付されます。

今回は20年前の洗面台の2ハンドルの混合栓の水側から水漏れしていて、それを修理するか新しい洗面台に取り換えるか水栓のカランを取り換えるかの3点を検討されましたが、最近のユニット型の洗面台は出幅が大きくなっていて、洗面台を新しいものにすれば洗面所が狭くなるのが嫌だということがまとまり。漏れていた蛇口の部品を取り換えて対処ることになりました。DSC_8224


写真では解りにくいのですが蛇口をあけると、ハンドルの下側からぽたぽたと水漏れしています。水栓の止水バルブの方式は、スピンドル方式、ノンライジング方式等があります。又混合栓には混合するバルブがあり、止水バルブ&混合バルブが合わさり大変複雑な造りになっています。

今回はノンライジングという水栓ハンドルの下の部品を交換するようになります。今回のように蛇口の部品を交換する場合メーカー名と製品番号がはっきりしていることが一番早くその必要な部品を探す事が出来ますが、そうでない場合は、各メーカーのホームページから商品を特定する必要があります。今回この蛇口が最も簡単な構造のスピンドルタイプでなかったため、部品を特定するまで、ずいぶん時間がかかりました。このノンライジングタイプのバルブはホームセンターで買うことは難しいです。

この水栓のアクリルハンドルを外すには、ハンドルを受ける部分がさび付いていて、これを外すには、かなりの力と技が必要です。壊れるのを覚悟で設備用の大き目なスパナーを下に入れて、金槌で下からたたいてやっと外れました。

DSC_8226
もしハンドルが壊れたら又部品を探さねばならないので、リスクは大きいのですが、外れないのであえてリスクを冒すしかありません。

写真は無事に外れた状態です。部品を取り換えるには、取り換える部材を交換するまでにさび付いて外れない部品も多いと思います。我が家の湯水混合のバルブを取り換えたときは、ハンドル部分は、さび付いているのではなく、接着剤で接着してありました。
この場合も壊れるのを覚悟でたたいたり、ひねったりしました。
DSC_0074

この部品をインターネットで検索して探しだし協力業者さんに用意してもらいました。今回の洗面台のカランは、TOTO製で何度もインターネットで調べましたが、まったく同じ水栓金具を見つける事が出来ませんでしたが、TOTO製の場合水栓等の部品はTOTOの修理施工ナビCOM-ET コメット から探せます。最も単純な形の2ハンドルセンターセットタイプですが、同じタイプの物は探せませんでした。ハウスメーカーがオリジナルで組み合わせた商品でしょう。類似した商品からこの部品を探しました。
DSC_0072

無事にノンライジング バルブを取り換えると、水はハンドルを軽く回して止まるようになります。

この部品の定価は2600円で、私は1800円位で業者さんから購入しています。私は何度か訪問して、夜パソコンをたたいて、部品の特定をしました。その探す手間を惜しむなら、あっさり新しいカランに変えたほうが良い事にもなります。

水漏れしたからといって、すぐに新品に取り換えるのは、もったいと思うのです。メーカーさんには簡単な水漏れぐらいなら、だれにでも部品が供給できてなおせる工夫をしてほしいと思うのです。皆さんはいかがお考えですか?

洗面台どれが好き

 
毎朝使う洗面ですが、増改築では取り換えの最も多い部分だとおもいます。陶器の洗面台の場合は洗面ボールが割れている事もよくあります。

又ホーローの洗面ボールでは、傷から錆が発生している場合もあります。洗面台は毎朝お世話になりますので、過酷な使用状態だといえるでしょう。又ドライヤーや髭剃りや化粧瓶を落とすこともあるので、そのようなことで、陶器等は割れることもこともあります。

洗面台のボールは、陶器製・樹脂製(人口大理石)・ホーロー・ステンレス・鋳物・ガラス・銅・青銅・セメントを使った研ぎ出しなど様々な、素材があります。

DSC02783CIMG1257CIMG1209

上から強化ガラスの洗面ボール         
陶器の洗面ボール      
ポリエステル樹脂の洗面ボール  

最近は一般的に多いのはやはり陶器だと思いますが、最近増えているのがポリエステル樹脂でできた、ボールと一体になった洗面台だと思います。

時にお客様から洗面ボールの材種は何が良いかと問われますが、先に書いたように陶器製のものは割れることもあるので、割れにくいポリエステル樹脂製のボールが良いと思います。しかしデザインで選ばれる方は、デザイン優先に選ばれるものだと思います。

又上の写真のポリエステル樹脂の洗面ボールのように、水切れ良く掃除のしやすいように洗面ボールの壁に取り付けられた湯水の兼用カランは、洗面台を清潔に保つには、便利の良いものだと思います。

ステンレスのヘヤーライン仕上げのボールは、丈夫で長持ちしますが、小さな傷が気になる方には不向きでしょう。耐熱強化ガラスもよいと思います。ガラスは基本的には、石鹸と化学反応をおこして、小さな傷になり曇ってきますが、耐熱強化ガラスの場合は石鹸と反応しにくいと思います。

キッチンやトイレと同じように毎日過酷に使用される洗面台ですが、綺麗にしておきたいと思う場所でもあります。綺麗に使って、毎日を楽しくしたいものです。


男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ 



プロフィール

きぬさん

クリックをお願します
広島ブログ

広島ブログランキングに参加しています。ポチポチとお願いします

にほんブログ村 住まいと健康ブログへ   人気ブログランキングへ
 
今日も明るく元気に
ポチ・ポチまいりましょう

地下熱循環住宅のカオル建設
ホームページも見てくださいね!

この記事内の検索
最新コメント
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気
ギャラリー
  • 内窓の遮熱効果の実験 7
  • 内窓の遮熱効果の実験 7
  • 遮熱部材の効果の実験 3 通気層を設けて日射遮蔽部材の効果を検証しました
  • 遮熱部材の効果の実験 3 通気層を設けて日射遮蔽部材の効果を検証しました
  • 遮熱部材の効果の実験 3 通気層を設けて日射遮蔽部材の効果を検証しました
  • 遮熱部材の効果の実験 3 通気層を設けて日射遮蔽部材の効果を検証しました
  • ライブドアブログ