快適な暮らし応援隊

住まいは暮らしそのものものです。健康に暮らせる住まいに拘り、住宅創りの仕事を通してチャレンジした事を日々の私の楽しみをお伝えします。 又学生時代から続けているレスリングの事や趣味の料理の事もお伝えします。

鎌田教授

 健康に毎日を楽しく暮らすことは、誰もが願っていること。 寒さ暑さ湿度によるストレス少なく 良質な空気 適度な太陽光の日射を取得する住まいに暮らす。そして毎日の健康になる食事 健康を助ける活動量の最低3つがそろって、健康で楽しい暮らしは実現します。 3つをそろえて健康で楽しいを生涯にわたり貫き、楽しく愉快にPPK(ピンピンコロリ)を実現したいものです。

新住協の総会、研修会に行って来ました

新住協の総会、研修会に仙台まで行って来ました。
IMG_1715

広島空港から仙台空港まで、70人乗りの小さめな飛行機でした





IMG_1717


社長、飛行機の中でもリハビリ!!
ガンバレ!!












初日は前夜祭だけなので、ちょっと観光!
CIMG0139


塩釜神社

その後、遊覧船に乗ろうと思ったら、もう最終が出てしまっていて残念!



1日目、前夜祭!
CIMG0149


牛タンをはじめ、美味しい料理でした。

皆、楽しい方たちで話が尽きません。





2日目 総会・研修会 300名の参加
CIMG0150
1日目の研修は、Q1住宅の事例発表を5名と1名の断熱耐震改修の事例発表、それに対して鎌田先生が要点を指摘したり解説したりと熱のこもったやり取りが広がって聞いている人たちからも、声が上がったりと濃い内容でした。




この夜は懇親会がありました。
CIMG0169








CIMG0179席は、くじ引きで、我が社の3人はバラバラの席になりました。私は知らない人ばかりで不安でしたが、カオル建設と言うと、我が社の社長のことを知っている方が多く、衣川さんは、勉強熱心よね。とか、ドイツに一緒に行ったよ。とか手は大丈夫?とか、沢山の方に声をかけていただき、楽しく過ごす事ができました。
また、2年前この新住協の全国総会が広島で開催されましたが、多くの方が広島は良かった。と言ってくださり、とても嬉しく思いました。

CIMG0176

昨年、社長がドイツに研修旅行に行った時の通訳のクーラーさん(ドイツのパッシブの事に詳しい)も参加






3日目 分科会
DSC07799床下エアコンの施工例の発表を4名の方がされました。

鎌田先生は、発表される方の図面やエクセルデーター等をぱっと見ただけで、どんどん質問や、意見を言われて、まるで予習でもしているかのように、見た瞬間に言われるので凄いなーと思いました。




CIMG0163

我が社は、床下エアコンの先駆者とも言えます。

鎌田先生から、突然「衣川さん、これはどうなんですかね?」と聞かれたり、発表されている方のフォローをしたり、いつものことながら我が社の社長は発言をしていました。









まだまだ、続けて勉強したい思いの中、12時終了となりました。

この研修は、ただ講義を聞くのではなく、実際の事例を皆で共有して、自分の持っているノウハウを公表して皆で向上していくという、素晴しい勉強会で、日本の住宅の発展に貢献していくと実感しました。

私たちは、飛行機の便がなく、もう一泊するので、事務局の方に被災地を案内していただきました。
CIMG0182

報道されていないことなども聞く事ができました。






CIMG0190

閖上中学校、ここは第二非難場所だったそうです。
第一非難場所は、お寺で津波がくるという事で、第二非難の
閖上中学校に移動する時に亡くなった方もいたそうです。
時計の時刻は地震のあった時間のままです。




事務局の方は、震災後から、ずっと被災地に支援をされていて、それが被災地の方の前向きに生きることにも繋がっていて今もなお継続されていることに、頭の下がる思いでした。

充実した3日間を過ごし、4日目の朝一番の飛行機で広島に帰って来ました。


今回、私は初めて参加しましたが、この新住協は日本の家造りの発展を本当に考えていて、多くの人に快適に生活できることを願っているという事がわかりました。

素晴しい方々との出会いに感謝した日々でした。



小きぬでした。

男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ 


ドイツ4

ドイツからです

ドイツ時間19日
今日はインスブルック大学で鎌田先生が新住協の歴史と取り組みQ1X住宅とEU期準のパッシブハウスの共通項を話されEUの中でのパッシブハウスの権威であるインスブルック大学のファイスト博士によるパッシブハウスの考え方やその取り組みについて講義を受けました。

断熱性能や窓の性能を上げ暖房エネルギー15Kwh/岼焚爾砲覆襪茲Δ
計画する基準がEUでさだめる基準といえると話されました。
パッシブハウスは誰のものでもなくその基準をまもることで人々が健康で快適な暮らしが出来るようになると話されました。

鎌田先生と腹の底は繋がっていると感じました。

IMG_20130120_123352

IMG_20130120_095503



ドイツ時間20日
今5時30分です。毎日早く目がさめる習慣がつきました。今日の夜はミュンヘンに帰ります。

IMG_20130119_142005
パッシブハウスとして改修されている中学校


IMG_20130119_104801
パッシブハウスとして設計されている集合住宅


ホテルのWi-Fiを利用しているのでホテルに着かないとメ一ルできません
Wi-Fiの接続もよくわからなかったので手間取っています。

ということです

私は私で、携帯をアイフォンに替えてまだ慣れていなくて、
人と話をしながらドイツからのメールを見ていたところに、着信がきて
あわててしまって、電話もとれず、メールはゴミ箱に入ってしまって
一度に、何通かメールがきていたので、本当に消えたのか、消えなかったのかもわからず…

こんな2人のメールのやりとり!お互いストレス??

(反省…質問は一つずつ! 自分の行動も一つずつ!)
小きぬでした
男は愛嬌・女は度胸でクリックをしていただくと嬉しいです

広島ブログ

 地下熱循環住宅のカオル建設のホームページ 

プロフィール

きぬさん

クリックをお願します
広島ブログ

広島ブログランキングに参加しています。ポチポチとお願いします

にほんブログ村 住まいと健康ブログへ   人気ブログランキングへ
 
今日も明るく元気に
ポチ・ポチまいりましょう

地下熱循環住宅のカオル建設
ホームページも見てくださいね!

この記事内の検索
最新コメント
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気
ギャラリー
  • なぜ天窓?
  • なぜ天窓?
  • なぜ天窓?
  • なぜ天窓?
  • ユニットバスの修理とカビ
  • ユニットバスの修理とカビ
  • ライブドアブログ