CIMG3353
先週三次の帰りに昨年新築をさせていただいたお客様の所へ訪問してきました。

屋根付きのウッドデッキをさらに長持ちさせる目的でステンプルーフをご自分でメンテナンスされていました。

此方では、庭もご自分で工夫されて1年がかりで作られています。もうすでに完成まじかです。



芝もはられていました。余った芝はご利用の方は差し上げますと書かれたものを下げてご近所の方にもらっていただいたそうです。

ウッドデッキは、出来るだけ屋根を付け、直接雨がかからないようにした方が長持ちします。そして時々表面を削り、防腐塗装を施すとその耐久性はさらに増えます。

またあまざらしのウッドデッキでは、デッキ材の裏を観てカビを発見した時点で裏側を高圧洗浄し、ビスを抜いてそのビス穴から防腐剤を注入する方法は腐朽を止めるに効果的だと思います。腐朽はビス穴から発生している事が多いです。

換気の話や庭の話又高断熱と健康の関連性をお話ししました。住まれて1年目ぐらいですが、色々気づきがあるようで それに工夫されているのが私には嬉しいです。ウッドデッキを綺麗にするために貸出していたオービタルサンダーも持ち帰らせていただきました。住まれている方のお話を聞くのが私には一番勉強になります。

最後まで読まれた記念に広島ブログをポッチトお願いします

広島ブログ

地下熱循環住宅のカオル建設  会社のホームページにもお越ください